17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

調布市議会 2010-09-21 平成22年 9月21日総務委員会−09月21日-01号

最後に、諸経費といたしまして事務用消耗品図書追録などに要した一般需要費や、通信運搬費に要した役務費のほか、公印に要した備品購入費でございます。  それぞれの決算額につきましては、記載のとおりでございます。  以上でございます。 ○井上 委員長   杉崎総合防災安全課長。 ◎杉崎 総合防災安全課長   続きまして、総合防災安全課所管分として 356、 357ページをお開きください。  

稲城市議会 2008-09-10 平成20年補正予算特別委員会 本文 開催日: 2008-09-10

さらにもう一つ導入作業費用としまして、環境整備をして、稲城市バージョンに設定作業をして、電子公印も入れて、動作確認作業あるいは操作検収といったものを打ち合わせ等も含めまして対応していただきます。その導入作業費用が200万円かかります。それで消費税を入れて420万円ということになります。

目黒区議会 2008-09-10 平成20年生活福祉委員会( 9月10日)

電子証明書を発行する際には、認証者である都道府県知事電子公印を付与しておりますが、今回この電子公印更新作業を行うためでございまして、全国一斉に更新作業を行いますことから、すべての市区町村電子証明発行業務等が休止されるものでございます。  周知につきましては、9月15日号のめぐろ区報、目黒区ホームページ、戸籍住民課地区サービス事務所窓口での掲示等を予定してございます。  

調布市議会 2008-06-06 平成20年 6月 6日総務委員会−06月06日-01号

◎小出 市民課主幹   本人確認をお願いしたときに、本人確認について御提示いただけない場合や、明らかに聴聞等の中で本人ではないなというようなところで、窓口にいらっしゃって住民票をおとりになるケースもございますが、やはりこれは御本人からの申し出があった場合には、市民課としては理由等を細かく書く記入欄はございませんので、特別、ストーカー、配偶者暴力支援措置については警察署のお願いしたときの公印の印鑑

西東京市議会 2007-03-19 平成19年予算特別委員会(第5日目) 本文 2007-03-19

主な内容でございますけれども、移転に伴います関連経費として約300万円、庁舎改修工事等で約1,000万円、電算システムの修正でありますとか移設関連で2,000万円、庁内の表示板等関係で500万円、その他、関連備品等購入、これは公印も含みますけれども200万円、それから消耗品等購入で100万円ということで、4,000万円程度という見込みでございます。

瑞穂町議会 2005-06-08 06月08日-01号

その原因につきましては規定等整備不備、この辺は先ほど議員の方からの質問の中でも出ておりましたが、あるいは文書管理不備、あるいは給与、諸手当等支出管理不備、また公印管理不備、このようなことが掲げられて、報告書の方では報告させていただいておりますが、こういうことから、この事件を抑止できなかったということは、やはり事務上の欠陥があったということを指摘はさせていただいております。

小金井市議会 2001-01-31 平成13年議会運営委員会(1/31)  本文 開催日: 2001-01-31

その内容につきまして、市議会の方につきましても公印 を改正する内容がございますので、「東京小金井市議会」を「小金井市議会」に、「東京小金井市議会議長」を「小金井市議会議長」に、「東京小金井市議会議長」を「小金井市議会議長」に、「東京小金井市議会事務局」を「小金井市議会事務局」に改めるということが必要になってきますので、その公印規程を改めた上で公印改刻をするという内容でございます。  

清瀬市議会 2000-12-11 12月11日-04号

ただし、取得時の価格が1点1万円未満の備品または公印の他の規則及び訓令等により整理している場合は除く」とあります。また、第2項では「出納員等取得時の価格が1点20万円以上の価格について」これもまた「毎年3月末日の現在高を調べ、収入役に報告しなければならない」とありますが、現況と、また規則がこのままでいいのかどうかも含めまして、今後の考え方をお聞かせ願いたいと思います。 

町田市議会 2000-11-10 平成12年決算特別委員会(11月)−11月10日-04号

それから事務機保守点検、ゼロックス、軽印刷機等の借上料公印備品購入費ということで、総額1億9,800万円でございます。  次に、89、90ページでございます。  6の財産管理費でございます。これは2つの課が絡んでおります。  まず、庶務課の方でございますが、庁舎維持管理経費ということで、平日夜、土、日、祝日、休日の宿日直者の報酬。

武蔵野市議会 2000-06-15 平成12年 総務委員会 本文 開催日: 2000-06-15

それから、3点目になりますけれども、この合格通知等の発送についてなんですけれども、一応私の知っている方がいただいたんですけれども、それに庶務課長名で来たということで、だれが出しててもいいのかなと思うんですけれども、公印が押されていなかった。ただ、コピーでぽっと来たという形で。

港区議会 2000-03-13 平成12年3月13日総務常任委員会−03月13日

言われますように、そのまま使っていても決して何の問題もございませんけれども、一応東京都をとるということですので、公印も全部そのようにするものでございます。 ○委員(小斉太郎君) 判こをつくって1,100万円ぐらいとおっしゃっていましたよね、大体300個ぐらい。かなり高いものなんですね、率直な感想で、その辺どうなんですかね。 ○総務課長岡橋渡君) 区長印で、一番高いので6万5,000円ぐらい。

武蔵野市議会 1999-09-24 平成11年第3回定例会(第4号) 本文 開催日: 1999-09-24

17ページに移りまして、III公印管理でございます。今回の事件原因の1つに、領収書管理不備が指摘されているわけでございますが、現金事故を防ぐ上で重要なこととして、課長印等の適切な管理が必要であるということで、各課長課長印、それから出納員出納印について、ここで調査してみたわけでございますが、現実に課長印出納印の押印により領収書の作成が可能であります。

港区議会 1997-11-10 平成9年11月10日議会運営委員会−11月10日

それからOA関係ゴム印公印その他でございまして、合計で6,520万9,000円の追加となるものでございます。  2番目は都市環境費でございますが、財団法人港住宅公社貸付金でございます。これは家賃助成、借上住宅、こうした事業が住宅公社に移管されることに伴いまして、その原資となっております定住促進基金の40億円を貸付金の形で住宅公社に移すものでございます。  

港区議会 1997-09-22 平成9年9月22日建設常任委員会−09月22日

都市計画課長井伊俊夫君) 現在、企画課あるいは予算課職員課が中心になりまして関係各課で調整をとって作業を進めておりまして、先ほどご答弁した内容が基本になりますけれども、やはりこの組織機構改革、簡素で効率的なという区民の世論調査出発点でもありますので、極力経費がかからないようにという、そういう工夫をするということで、レイアウトの変更ももちろんですし、印刷物も、それから公印についても極力かからないような

  • 1