17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大田区議会 2019-02-21 平成31年 第1回 定例会−02月21日-02号

一方、平成30年5月9日に本区が羽田らい開発株式会社事業契約を締結した羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)は、先端産業拠点形成に向けた先端産業事業、クールジャパン発信拠点形成に向けた文化産業事業交通結節機能強化エリアマネジメント推進に向けた共通事業の3つを軸に進めるとしております。

大田区議会 2019-02-20 平成31年 第1回 定例会-02月20日-01号

このうち、新産業創造発信拠点形成に向けた先端産業事業の一環として、デンソーがテストコースを備えたモビリティーシステムの開発棟を開設する計画を発表しましたが、周辺には高度な技術、技能を持つものづくり企業が多数集結しており、今後は特区制度の活用や周辺ものづくり企業とも連携することでスピーディーに試作開発実証を行い、自動運転技術の実現を加速させていく展開が期待をされておりますが、自動運転技術実証実験

大田区議会 2018-09-26 平成30年 第3回 定例会−09月26日-03号

跡地羽田らい開発が建築する建物の総床面積は12万5400平米で、そのうちの先端産業事業スペース9万2600平米の中の大田区が借り上げる4000平米にかかわらず、入居事業者区内産業を結びつけ、受発注につなげるための仕組みや、ネット上のサイトをつくるための経費で、コンサルに委託する予定だそうです。  

大田区議会 2018-09-14 平成30年 第3回 定例会−09月14日-02号

跡地羽田らい開発が建設する建物の総面積は12万5400平方メートルで、そのうちの先端産業事業スペース9万2600平方メートルに入居する、大田区が借り上げる4000平方メートルを除く入居事業者区内産業を結びつけ、受発注につなげるための仕組みネット上のサイトをつくるための経費で、コンサルに委託する予定だそうです。  そこで伺います。

大田区議会 2018-06-19 平成30年 6月  地域産業委員会-06月19日-01号

◎小澤 産業振興課長 今委員のお話にありましたけれども、改めて申し上げますけれども、羽田空港跡地第1ゾーンの開発事業者が、今回決定しているという中で、先端産業事業として展開される産業交流施設では、立地の企業との連携、また、イノベーション創出エリアでの先駆的な事業展開などを創出する大きな可能性というのを秘めていると思っているところでございます。  

大田区議会 2018-05-25 平成30年 5月  総務財政委員会−05月25日-01号

第一期事業展開により先端産業事業では、区内ものづくり企業のビジネスチャンスの拡大や雇用の創出文化産業事業では最新のクールジャパン文化コンテンツに触れる機会の提供や文化産業事業の取り組みを通じた、大田魅力発信などの効果が期待できます。  加えて、跡地の来街者区内へ移動し、消費活動をすることにより、経済波及効果など多様な効果が期待できるものでございます。

大田区議会 2017-10-16 平成29年 第3回 定例会−10月16日-04号

既に鹿島建設グループ公募が決まり、事業者選定委員会審査講評では、「先端産業事業では、先端モビリティ・健康医療ロボティクス三つ分野で、区内との連携を意識しつつ、全国レベル企業集積を構築することが提案されていた」と、区内中小企業支援よりも全国レベルを意識していることです。大田区の自由になる専有面積は4000平方メートルで、全体12万5400平方メートルのわずか3.18%です。

大田区議会 2017-09-20 平成29年 第3回 定例会-09月20日-01号

事業者選定委員会審査講評では、「先端産業事業では、先端モビリティ・健康医療ロボティクス三つ分野で、区内との連携を意識しつつ、全国レベル企業集積を構築することが提案されていた」と、区内中小企業支援よりも全国レベルを意識していることです。大田区の自由になる専有面積は4000平米で、全体12万5400平米のわずかに3.18%です。これで区内中小企業支援と言えるでしょうか。  

大田区議会 2017-06-22 平成29年 6月  羽田空港対策特別委員会-06月22日-01号

いわゆる第1ゾーンを先端産業事業にということで、民間に任せていますけれども。あの土地の重要性というところで、歴史資料館として、要するにお願いするという形なのか、それとも事業者がちょっと余っていればやるという形でいったら、住んでいた人の思いが一体どこに行くのか、区がやるという多目的広場とか駅前広場とかに、そういうものをつくるのか。

大田区議会 2017-06-16 平成29年 第2回 定例会-06月16日-02号

また、プロポーザルの講評の中で、先端産業事業では、先端モビリティ健康医療ロボティクス三つ分野での可能性について評価をされていました。本年3月には、東京圏国家戦略特別区域会議において、東京自動走行サンドボックス分科会の設置が提案され、第1回目の分科会が開催されました。

大田区議会 2017-06-15 平成29年 第2回 定例会-06月15日-01号

鹿島の計画先端産業事業に特化し、イノベーション創出とソフト、技術支援業務しかありません。戦略特区大田区の強みを逆に奪っていくのではないでしょうか。  地方創生もまた、うたい文句の大田区の中小業者のためなどではなく、逆に大田区の中小企業を犠牲にするものです。羽田空港対策積立基金172億円余は今年度産業経済部予算約38億円と比較すれば、4.5年分の予算にもなります。  

大田区議会 2017-05-16 平成29年 5月  羽田空港対策特別委員会−05月16日-01号

◎山浦 事業調整担当課長 これまで、パブリックコメント等整備方針、最終的にパブリックコメントで区民の意見を聞いて、今回、先端産業事業、文化産業事業共通事業という新産業創造発信拠点と位置づけたものをこの地に目指すという形で、まず大きな審査項目ということになっております。 ○伊藤 委員長 今、幾つか挙げてもらった一つ一つについて、どの学識経験者がその専門家なのですか。

大田区議会 2017-03-08 平成29年 3月  予算特別委員会−03月08日-01号

先端産業事業で、誘致エリア研究機関教育機関、今後成長が見込まれる技術系ベンチャー企業文化産業事業では、クールジャパン発信に係る事業共通事業にはエリアマネジメント事業とあります。  この推進委員会は、首相官邸で開催されています。メンバーは、座長総理補佐官、副座長地方創生事務局長委員にはそうそうたるメンバーで七つの省庁から局長審議官クラスが参加しています。

大田区議会 2016-11-29 平成28年 第4回 定例会−11月29日-01号

先端産業事業は、企業誘致エリア及びイノベーション創出エリアから構成される産業交流施設を整備し、新産業創出につなげます。文化産業事業では、24時間国際拠点空港である羽田空港の特性を活かし、様々な交流を通じて我が国の魅力を国内外に発信するとともに、関連産業創出する観点から、クールジャパン発信拠点形成を目指しております。

大田区議会 2016-11-15 平成28年11月  羽田空港対策特別委員会-11月15日-01号

業務内容ですが、先端産業事業としては、企業誘致エリアイノベーション創出エリア産業交流施設として事業者が整備するものとします。  文化産業事業としましては、クールジャパン発信施設事業者提案により整備していただくこととしております。  これら、先端産業文化産業効果促進、また、相乗効果を満たす機能等共通事業として提案を求めています。  

大田区議会 2016-09-30 平成28年 9月  決算特別委員会−09月30日-01号

現在、跡地第1ゾーンにおきまして事業者公募に向けた作業を進めておりますが、羽田空港跡地第1ゾーン整備方針日本再興戦略2016など国の政策を踏まえ、今回の公募対象エリアでは、事業の構成としまして産業交流機能を含む先端産業事業クールジャパン発信拠点を含む文化産業事業二つ事業を位置づけました。  

大田区議会 2016-07-19 平成28年 7月  羽田空港対策特別委員会−07月19日-01号

今度の、ちょっと報告が若干ずれてしまうかもしれませんけれども、関連ですから、事業者募集の7月7日の大田区の別紙掲載内容無断転載を固くお断りしますという説明会資料を見ると、跡地は、先端産業事業文化産業事業クールジャパン発信拠点)の二つ事業を柱としてやっていくのだと書いてありますよね。  

  • 1