運営者 Bitlet 姉妹サービス
7434件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 清瀬市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−03号 この間、清瀬市でも商工会の会員が減少し、その減少率は26市の中でトップであり、後継者不足などの理由から倒産、廃業に至るケースが多いと聞いています。また、身近な地域で買い物ができない買い物困難地域がふえてきている現状もあります。清瀬市の実態について、具体的に伺います。  また、消費税が商売に与える影響について、実態を調査するべきだと思いますが見解を伺います。   もっと読む
2018-12-05 瑞穂町議会 平成30年  全員協議会-12月05日−08号 仮に倒産した場合も想定して、これはカヤバ社でございますが、工事施工業者からカヤバ社に対して補償に関する確認を求めておりまして、現在はその辺について協議しているということでございます。  いずれにしましても、カヤバ社の上の親会社のKYB、こちらがしっかりした、また資本力もある会社でございますので、そういった点では信頼ができると思っております。   もっと読む
2018-11-16 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第7日目) 本文 2018-11-16 また、中小企業は厳しい経営状況が続く上、跡継ぎ問題や人手不足により、廃業や倒産が続いています。区は、経済対策をはじめ、大災害に備えた防災対策、待機児童対策、医療・介護などの高齢者対策等に重点を置くとともに、区内産業や低所得者層に対し、確かな生活支援を拡充していただきたい。 もっと読む
2018-10-29 瑞穂町議会 平成30年  全員協議会-10月29日−07号 カヤバ社製の装置を導入して、例えば仮にカヤバ社が倒産などをした場合、今後の維持管理等にも影響してくると考えられますので、その辺は現時点においても、私どもから施工業者に対して保証に関することをぜひ求めて、納品の際には、一筆というお話がございましたが、そういう念押しといいますか、保証に関する担保をとっておくというような、そういうような指示をしてございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-10-05 八王子市議会 平成29年度_決算審査特別委員会〔総括質疑一覧表〕 2018-10-05 市内企業の他市への流出防止策の構築の必要性       │ │ │   │       │  ウ.産業交流拠点を上手に利用するための企業支援の今後    │ │ │   │       │5.労働費                           │ │ │   │       │ (1) 若者の就業支援                      │ │ │   │       │  ア.人手不足倒産 もっと読む
2018-10-04 新宿区議会 平成30年  9月 決算特別委員会-10月04日−10号 ただ、ずっと水面下で推移はしているんですが、倒産件数等につきましてはかなり減ってきて、10年前と比べてもう半分とか、もっと全然少なくなっていますので、そういった中では中小企業全体で、個々の企業については規模の小ささという部分で苦しいというのはあるかもしれませんが、全体の中では、やはり緩やかな景気回復傾向にあるというふうに認的しております。 もっと読む
2018-09-12 清瀬市議会 平成30年  9月 新庁舎建設特別委員会-09月12日−01号 会社だったら倒産しちゃいますよ、前へ進まないでこんなことをやっていたら。 ○委員長(粕谷いさむ君) 意見でよろしいですか。 ◆委員(中村清治君) はい。 ○委員長(粕谷いさむ君) ほかにございませんか。  ふせ委員外議員から手が挙がっているんですが、指名はどうしますか。よろしいですか。  ふせ委員外議員。 もっと読む
2018-06-29 足立区議会 平成30年 第2回 定例会−06月29日-05号 革靴問屋の倒産が増え、2年前には台東区にある婦人靴最大手の企業が破産宣告をしました。連鎖倒産も起こりました。靴学校で、せっかく学び、革靴をつくれる地場産業の技術を習得できても、販売、営業の募集しかない、そういった靴業界に就職できないという若者の困り事があります。  ものづくり工房というインキュベーション施設も近くにありますが、靴学校卒業生の数に対し、足りていない実態です。   もっと読む
2018-06-25 足立区議会 平成30年 6月25日交通網・都市基盤整備調査特別委員会-06月25日-01号 これ、例えば5年やったらどれだけの赤字でもって倒産するんじゃないのというふうに心配するぐらいですよ。一般企業からしたって。大丈夫、これという。でも、現状苦しいのかもしれないけれども、厳しいかもしれないけれども、誰かがこれを金融機関がその分を貸し続けているのかどうかわかりませんけれども。 もっと読む
2018-06-20 足立区議会 平成30年 6月20日厚生委員会-06月20日-01号 ◆鈴木けんいち 委員  この陳情を読みますと、「2015年4月に改定された介護報酬は」というところから始まっておりますけれども、実は終わってなくて、今年の4月9日の東京商工リサーチ、民間調査会社ですね、このリサーチが発表したものによりますと、倒産、2017年度の老人福祉介護事業の倒産、これが発表されまして、介護保険法が施行された2000年度以降、最多の115件に達したと。要するに介護事業者ですね。 もっと読む
2018-06-20 荒川区議会 平成30年度定例会・6月会議-06月20日−01号 さて、日暮里一丁目の富士美術印刷の子会社による倒産・全員解雇の争議がこの五月、中労委(中央労働委員会)のあっせんにより五年ぶりに和解解決いたしました。裁判によらず、中労委が出したあっせん案に労働組合と親会社・富士美術印刷の双方が合意・調印した全国的にも貴重な和解解決となりました。   もっと読む
2018-06-19 大田区議会 平成30年 6月  地域産業委員会-06月19日-01号 私はこの委員会でずっと聞いて、大田区の景況が3か月ごとに発表されるのですが、倒産は出ているのですね。それで、休廃業というのは、年に1回ぐらいしかないという答弁がありまして、実現していません。   もっと読む
2018-06-14 武蔵野市議会 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 例えば、第一志望に受からなかったらどうする、希望の部署に配属されなかったらどうする、会社が倒産したらどうする、病気やけが、家族の介護に直面したらどうする、ブラック企業に就職してしまったらどうする、セクハラ・パワハラに遭ったらどうする、働き過ぎて体が限界、そんなときどうするなど、ライフステージで起こり得るリスクについて一緒に考える授業を展開しているとのことです。 もっと読む
2018-06-12 葛飾区議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月12日) 自殺の背景は、ほとんどの場合、病気や障害などの健康問題、失業や倒産、多重債務、長時間労働などの社会的・経済的問題、職場や学校、家庭の問題といったさまざまな悩みを抱えて心理的に追い込まれてしまった末のものです。また、死にたいと考えている人自身も生きたいという本心との間で激しく揺れ動いており、自殺に至る前に何らかのサインを発していることが多いことから、自殺はその多くが防ぐことができると考えます。 もっと読む
2018-05-08 立川市議会 平成30年  5月 定例会(第2回)-05月08日−10号 金持ちを探したところが、何とうちの取引先に、30年前から取引していたSマチさんがいますけれども、その方が、昔は、30年前は倒産しそうな会社が、その方が今では年商100億の会社と言われるんですけれども、実際そこまであるかどうか知りません。 もっと読む
2018-04-19 足立区議会 平成30年 4月19日厚生委員会−04月19日-01号 東京商工リサーチの2017年度の老人福祉介護事業の倒産が、それによりますと、介護保険法が始まって以来最多に達したと、倒産が一番この2000年からやっていて一番多かったと、2017年度、そういう発表がありました。 もっと読む
2018-04-11 新宿区議会 平成30年  4月 文教子ども家庭委員会-04月11日−05号 ◆伊藤陽平委員 この具体的な取り組みの方策を読ませていただいたんですけれども、これは余り、根本的な改革になるのかというのは、ちょっと個人的には疑問でして、民間のほうでも、働き方改革というのは非常に今、注目されているんですけれども、むしろ民間のほうが実は状況は苦しいなというふうに思っていて、実際に改革をやらないと倒産するんですよ。   もっと読む
2018-03-27 清瀬市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月27日−05号 ほかにも、完全失業率や企業倒産件数の低下など、アベノミクスが日本経済に与えた影響はよい意味で大きいと言えます。  一方、大企業の業績は回復しているが、一般庶民には景気回復の実感がありません。次に目指すべき方向性は、庶民が景気回復を実感でき、暮らしやすさを実感できることです。その点においては、道半ばでございます。   もっと読む
2018-03-27 八王子市議会 平成30年_第1回定例会(第4日目) 本文 2018-03-27 今日の日本で、貧困は特別の事情ではなく、倒産、失業、リストラ、病気、親や家族の介護などで職を失えば、誰もが貧困に陥っておかしくない状態に置かれています。政府は広がる貧困と格差の実態に背を向け、生活保護の基本となる生活扶助費の最大5%の削減を2018年10月から3ヵ年かけて行うとしています。 もっと読む
2018-03-27 東久留米市議会 2018.03.27 平成30年第1回定例会(第8日) 本文 現在、日本では、倒産、失業、リストラ、病気、親や家族の介護などで職を失えば、誰でも貧困に陥っておかしくない状況にあります。生活扶助基準の引き下げは、住民税、保育料、介護保険料、就学援助、最低賃金などにも連動し、広範な国民の生活に重大な影響が生じます。憲法25条に明記された国民の生存権を保障する最後のセーフティネットである生活保護のあり方は、全ての国民の権利にかかわる重大な問題です。   もっと読む