33024件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2021-08-13 令和 3年 8月  まちづくり環境委員会−08月13日-01号

大田区は、人口、面積ともに23区では上位に入るため、排出量では23区平均を上回っておりますが、区民1人当たりの排出量では、大田区は23区の平均及び東京都と比べても低い水準となっているところでございます。 ○松原〔秀〕 委員長 それでは、ご質疑をお願いいたします。 ◆大竹 委員 最近、国連がIPCC報告というのを出しましたよね。

大田区議会 2021-08-13 令和 3年 8月  地域産業委員会−08月13日-01号

◎塩沢 国際都市・多文化共生推進課長 外国人人口自体が、7月段階大田区は、2万3,000人の人がおります。  1年前ですと、およそ2万4,000人程度の人口だったと把握しております。月々大体100人単位ぐらいで減っているのかなというところを数字からは、読み取っております。

大田区議会 2021-08-13 令和 3年 8月  総務財政委員会-08月13日-01号

また、職員数についてでございますけれども、これまでも行政需要の高まりに適切に対応してきましたが、生産年齢人口減少などから区政担い手確保が難しくなっているところが想定されているところでございます。それについては、下の表をご覧いただければと思います。  そういった背景、課題がございます中で3番でございますけれども、方針実現に向けた3本柱を今回立てさせていただいたところでございます。

江戸川区議会 2021-08-10 令和3年 8月 災害対策・街づくり推進特別委員会−08月10日-04号

まずは人口ですとか、あとは道路施設配置状況等といった指標も受けまして、優先順位をつけて検討を進めていきたいというようなところでございまして、この中でもやはり高齢者人口が多かったり道路幅員が狭い地区であったり、特に課題が多い地区上一色ですとか興宮町、こういった西小岩1、2ですとかこの辺というようなところでございますので、こちらをモデル地区として現在検討を進めているというようなところでございます

江戸川区議会 2021-08-04 令和3年 8月 生活振興環境委員会-08月04日-04号

速報値では、江戸川区の人口69万8,189人、日本全国では1億2,622万6,568人となってございます。  これまで日本全体の人口は、毎年増減はあるにせよ5年ごとで見ると増加をしていまいりましたけれども、前回の平成27年の調査から初めて減少となり、今回の調査でも0.01%の減となってございます。  

江戸川区議会 2021-08-02 令和3年 8月 行財政改革・SDGs推進特別委員会-08月02日-04号

これを世界に当てはめてみますと、特に一つ今日は時間の関係で4番だけご説明させていただきますけれども、この質の高い教育というところに目を向けたときには、文字が読めない、計算ができないという方は7億7,300万人ということで、日本人口の約6倍の方々が、世界では今こういった状況になっていると。

大田区議会 2021-07-20 令和 3年 7月  防災安全対策特別委員会−07月20日-01号

産業構造が変わってしまったことによって、都市部への人口集中があることによって、狭い中でたくさんの人が暮らすためにどうするかという、新たな課題ができてしまったということがあると思うのですが。その基本的な考え方の全てを江戸時代に戻せということではありませんけれども、やはり反省すべきところは反省しながらやっていかないと、この国土強靭化一本やりでいくと、ソフトとかは言っているのですけど、国土強靭化も。

大田区議会 2021-07-20 令和 3年 7月  羽田空港対策特別委員会−07月20日-01号

でも、逆に言うと、そういう小さい田舎の村だからこその、実は課題とか、問題点というのを抽出させてもらえる、抽出してやるではなくて、抽出させてもらえるという環境だと捉えていくと、私は、これはとてもチャンスだと思っているし、逆にこういった、いわゆる人口の少ない、小さいところだからこその課題一つずつ、我々、この人口74万人もいる大田区なのですから、もっと言えば羽田空港という日本で一番大きい空港を持っていて

大田区議会 2021-07-15 令和 3年 7月  総務財政委員会−07月15日-01号

バリアフリー化や新たな行政需要への対応により、床面積増加傾向にあり、生産年齢人口減少新型コロナウイルス感染症の影響などで、財政状況の先行きは不透明となっています。  複合化を行う際は、施設機能寄せ集めとなることなく、相乗効果を創出することが課題で、地域ごとの将来のまちづくりを見据えた施設再編が重要です。  

大田区議会 2021-07-15 令和 3年 7月  健康福祉委員会-07月15日-01号

モデルナについても8月、9月、この2か月は多分供給されるだろうと見込みはあるのですけれども、その先、例えば10月、11月どのぐらい来るのかというのは、ちょっと本当に未確定のところがありますので、そこをうまく調整しながらというか、ファイザーも、特にどこの区が、例えば多く来るとか、少なく来るとかというのではなくて、ファイザーの場合は人口比で基本的には来るようになっています。  

大田区議会 2021-07-15 令和 3年 7月  地域産業委員会−07月15日-01号

続きまして、資料番号7番、令和2年国勢調査人口速報集計結果」についてご報告をいたします。  まず、大田区の人口及び世帯数です。左から大田区、東京都、国の欄となってございます。  次に、人口速報集計結果からの概要ですが、大田区の人口は、5年間で4.35%、3万1,209人増加し、74万8,291人となりました。23区では第3位の規模となります。

江戸川区議会 2021-07-13 令和3年 7月 新庁舎建設等検討特別委員会-07月13日-03号

公共施設の抱える課題についてでございますけれども、やはり施設老朽化ということですとか、人口減少少子高齢化ということで、やはり生産年齢人口が減るということで、財源が減少していくというようなことが考えられます。このような中で、どのように施設を更新していくのか、サービス水準をどう保っていくのかと、やはりこれは民間の力も大いに使っていかなければならないということもあります。

江戸川区議会 2021-07-12 令和3年 7月 行財政改革・SDGs推進特別委員会-07月12日-03号

1、人口等基礎分析を基にした歳入推計ということでございます。  本区は、これまで人口増加に支えられてきたということになりますが、我が区の人口減少は今後加速度的に進むと予測されておりまして、少子高齢化も進展する中、本区も急速な社会の変化は避けられないという局面を迎えていると思います。  

港区議会 2021-07-09 令和3年7月9日建設常任委員会-07月09日

委員玉木まこと君) 51番ですけれども、対応としては5、意見として受け止めるということなのですが、本地区が様々な開発または建物の更新が今行われているというところで、意見としては、人口が明らかに増加するということが予想される中で、医療であったり、保育園、また、駅等のインフラの対応というのは大丈夫なのかということに対して強い心配をされていらっしゃいます。

杉並区議会 2021-07-07 令和 3年 7月 7日総務財政委員会−07月07日-01号

ですから、人口規模の大きい自治体ほど、何段階かに分けて接種券を発送するというふうに発想するのというのは、考えるというのは当然のことです、その時点において。  ところが、直前になって、突然国のほうが大規模接種会場を設営する、それから職域接種もやる、大学でもやるとかなんとかかんとかというふうになってくると、今度突然、接種券を早くよこせと。

江東区議会 2021-07-06 2021-07-06 令和3年高齢者支援・介護保険制度特別委員会 本文

本陳情ですけれども、東陽地域長寿サポートセンターの増設を求められていますけれども、この間、区は高齢者人口約5,000人に1か所の割合で長寿サポートセンターを整備されてきたと思うんですけれども、まず東陽地域高齢者人口は今どのくらいなのか、それからこの間の推移、それと今後の人口の見通しをお聞かせください。