8004件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

あきる野市議会 2019-12-11 令和元年環境建設委員会 本文 2019-12-11

33: ◯区画整理推進室長(沖倉和久君) この道路昭和46年に都市計画決定されたと思いますが、幹線道路となる都市計画道路に関しましては、交通事故、あるいは渋滞等を生じさせないように基本鉄道との立体交差というのが前提となっておりまして、これも仮にこれを平面交差へ計画変更するということになれば、将来的には踏切がなかったところに踏切が一つふえるという協議になりますので、JRとの協議は非常に慎重な対応が

あきる野市議会 2019-12-05 令和元年第1回定例会12月定例会議(第5日目)  本文(採決)

11: ◯市長(村木英幸君) 先般の私の発言につきましては、近年、高齢ドライバーによります交通事故テレビ、マスコミ等で取り上げられておりますので、そのことについて一般的な見方として、高齢ドライバーに対する運転における注意といいますか、そのようなことを申し上げた次第でありまして、特定のことを申し上げるために発言をしたわけではありません。

あきる野市議会 2019-12-04 令和元年第1回定例会12月定例会議(第4日目)  本文(一般質問)

私も法律専門家ではないのですけれども、交通事故を起こした場合、道路交通法の適用になると思います。当然、運転していた人間責任が一番大きいというふうに思います。公務で運転していたわけでありますので、これも先ほどの国家賠償法第1条第1項に触れる、これは適用になるのだと思うのですけれども。ちょっと読み上げます。  

あきる野市議会 2019-12-03 令和元年第1回定例会12月定例会議(第3日目)  本文(一般質問)

特にその場所は裏道だったようなので、交通事故が多かったり、不審者が時々出たりしていたということです。そのようなお話を聞いたので、改めて今回、防犯対策について質問をさせていただきました。  それでは、再質問をさせていただきます。初めに、通学路への対策に関してですが、市役所から不審者情報というものも発信されていますが、年間どのくらいの件数があるのか。

世田谷区議会 2019-11-12 令和 元年 11月 都市整備常任委員会-11月12日-01号

2経緯については、平成十九年五月から滞納が始まって、滞納一カ月目から文書電話、呼び出し、訪問による督促と面談を実施し、平成二十年三月から平成二十八年八月については分納により支払いを行ってまいりましたが、世帯主の交通事故等をきっかけに分納の支払いが行われなくなり、通常家賃の滞納も始まり、家賃の支払いが困難とのことから、本人より平成二十九年二月に引っ越しの申し出がありました。

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 文教常任委員会-11月11日-01号

このため、理由の第四段落目以降になりますが、登下校へのさまざまな御心配と、裏面になりますが、通学路での交通事故により児童がお亡くなりになった事実も記載されております。このことから、登下校時の安全を確保し、全員で仮校舎を利用できるよう、スクールバスの運行を要望されたものです。  次に、移転に伴う区の対応でございます。

杉並区議会 2019-11-11 令和 元年11月11日議会運営委員会−11月11日-01号

損害賠償の概要については、庁有車による交通事故が2件と、可燃ごみの収集作業中、職員被害者と衝突し、打撲等の損傷を与えた事故が1件でございます。  賠償金額は総額318万6,716円となりまして、庁有車による交通事故2件分の賠償金額225万2,146円については、区が加入する自動車保険から全額支払っているものでございます。

板橋区議会 2019-10-24 令和元年10月24日決算調査特別委員会−10月24日-01号

横断歩道のまさにここで、これ大津の交通事故で園児が亡くなったっていうことで、あれは散歩道ですよ。散歩で渡ろうとしていたところに事故が起きて突っ込んだんです。これ常に危ない状況ですよ。常に。散歩でたまたま通って、何かあったっていう話じゃないですよ、これ。これ区のほうにお願いしました。僕、ここ何とか安全対策してくれって、でも、地形上何ともできないという話ですよ。

板橋区議会 2019-10-16 令和元年10月16日決算調査特別委員会 都市建設分科会−10月16日-01号

これも昨今、高齢者のかなり重大事故ということで、ニュースでは盛んに報道されている現状を踏まえて、交通安全啓発というのは本当に大事だなという事業であるというふうに私自身も認識しておりますけれども、この(2)の実施事業の下から3番目の中学生等交通安全教室スケアード・ストレイト方式というんですかね、交通事故再現体験ということで、これ、たまたま私この前、板橋第三中学校の脇を通りましたら、この交通事故再現体験

葛飾区議会 2019-10-11 令和元年第3回定例会(第4日10月11日)

近年、交通事故の発生件数は減少傾向にありますが、75歳以上の高齢運転者の死亡事故の割合は高まっており、単純ミスによる事故も目立っております。こうした状況を踏まえ、国は2017年施行の改正道路交通法で、75歳以上の免許保持者は違反時や免許更新時に認知機能検査を受けることを義務づけましたが、今や高齢運転者の安全対策及び安全運転支援の取り組みは待ったなしの課題であります。

豊島区議会 2019-10-04 令和元年総務委員会(10月 4日)

○能登総務課長  それでは、元陳情第10号資料、公園高齢者ドライバーによる交通事故メモリーを設置する決定に関する陳情についての資料をごらんください。資料は、土木管理課と連名となっておりますが、説明は私からまとめてさせていただきます。  まず、改めて経過等を御説明いたします。4月19日に交通事故が発生。

葛飾区議会 2019-10-02 令和元年決算審査特別委員会第2分科会(10月 2日)

さまざまな交通事故だとか、いろいろなけがによって、なかなかそういう記憶がとどまらないという方もいらっしゃるのではないかと気になっております。  ぜひ、これ、介護保険高齢者なのですけれども、希望するご家族には一度でも戻れなくなったり、そういうおそれのあるようなご希望する家族に広げていただければいいかなと思っているのですけれども、その辺の事業の拡大についてはいかがなものでしょうか。

板橋区議会 2019-10-02 令和元年10月2日都市建設委員会-10月02日-01号

まず、交通事故の発生要因等、ソフト、ハードの両面で対策を整理いたしまして、区として実施可能な対策案を検討いたしました。こちらの表がその発生要因とその対策ということになってございます。こうして7つの対策の方向性をまとめまして、さらに検討した結果、この7つの中から③番、④番について、緊急に実施あるいは施策の実施が図れると判断いたしまして、この2点を中心に話し合いを進めてきたところでございます。  

葛飾区議会 2019-10-01 令和元年決算審査特別委員会第1分科会(10月 1日)

また、交通事故等や電線が切れたというような場合につきましても、我々のほうで高所カメラのほうを確認して、警察消防と連携をとっているところでございます。 ○(伊藤よしのり会長) 小山委員。 ○(小山たつや委員) 今、消防警察というお話があったのですが、もともと区と、あと消防で同時に情報共有しているというふうに思っていたのですが、警察も今回入っているのでしょうか。

町田市議会 2019-09-30 令和 元年 9月定例会(第3回)−09月30日-08号

(9)これまでの交通事故の発生箇所を地図に点で落とし込み、発生件数が多い場所が一目で分かるマップの作製等ができないか、警察と協議を進められたい。 (10)2018年度の特殊詐欺発生件数は、多摩26市の中で町田市が一番多い。特殊詐欺被害が減少するように、都への働きかけのみならず、市として対策を強化されたい。

西東京市議会 2019-09-30 西東京市:令和元年第3回定例会〔資料〕 2019-09-30

加えて、家族や友人とのコミュニケーションがうまくいかなくなる、背後からの車両の接近に気づけなくなるなど、対人関係の悪化や交通事故に遭いやすくなるなどが懸念されています。  日本の難聴率は欧米諸国と比べ大差はありません。しかし、補聴器使用率については、欧米諸国と比べると、日本補聴器使用率は低く、日本での補聴器の普及が求められています。