36132件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青梅市議会 2060-12-20 12月20日-13号

通学方法については、まずは徒歩、その他、保護者の送迎、雨具を使った自転車通学、電車やバス公共交通機関使用した通学となります。 通常は自転車通学で、雨天時に公共交通機関を利用する自転車通学者については負担が発生します。しかしながら、自転車通学者全員が一律に公共交通機関を利用するとは限らない状況があると認識しております。 ○議長(久保富弘) 藤野議員

練馬区議会 2025-11-27 11月27日-01号

次に、陳情第51号につきましては、交通対策特別委員会に付託いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○上野ひろみ議長 ご異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。 以上で本日の日程は終了いたしました。 これをもって散会いたします。      

練馬区議会 2025-09-04 09月04日-01号

また、区報特集号、PRアニメ、区内全駅と池袋駅などでの交通広告、サミットガイドの新聞折り込みなどを実施します。 農業者をはじめ区民の皆様とともに、区議会のご協力をいただきながら、世界都市農業サミットの成功に向けて万全を期してまいります。 区長に就任して5年4か月、区役所でも、地域でも、日常的に区民の皆様から声をかけていただけるようになりました。

練馬区議会 2025-06-17 06月17日-04号

次に、子どもたちを取り巻く交通安全について伺います。 5月8日に大津市で発生した交通事故は、保育園児と保育士16人が死傷しました。保育園のお散歩中に起きただけに、脅威であります。 小さなお子さんや小学生などが自動車事故に巻き込まれる事案が全国で続発しております。練馬区としても更なる対応が必要であります。 

青梅市議会 2024-06-14 06月14日-05号

まず、「公共交通機関における障害者への優遇措置を見ると、精神障害のある方たちは手帳保持者本人のみとなっている。障害の程度によっては介助者がどうしても必要ということはあると思うが、どうして介助者は認められなかったのか伺う」との質疑には、「各公共交通機関の事業者が判断することであり、市では介護者が認められなかった経緯についてはわかりかねる。

青梅市議会 2023-12-09 12月09日-11号

公共交通につきましては、改めて「乗って守ろう!使って育てよう!公共交通」のコンセプトを重視してまいります。バス路線につきましては、現在運行している路線を維持し、多くの皆様に利用していただけるよう、利用促進に努めてまいります。また、市民の高齢化が進んでいることから、個別の事情に寄り添った移動手段の充実を検討し、交通弱者対策を推進してまいります。 次に、農林水産業の振興についてであります。 

練馬区議会 2022-09-06 09月06日-03号

区は、南北交通の整備と、特に区西部は道路整備が遅れていると言います。区西部には、南北に何本も道路計画があり、東西では放射7号線が事業中で、既成の富士街道もあります。中でも補助232号線は53年前、135号線は戦後すぐの72年も前に計画決定されながら、今までできたのは一部分にすぎません。交通量が減少傾向にある今、必要性が問われています。 

練馬区議会 2022-09-05 09月05日-02号

西武鉄道では、7月からスマートフォン向け障害者手帳アプリ「ミライロID」の提示で障害者割引の適用、また都営交通では既に、PASMOを活用したICカード化が進められております。これらの交通事業者により、バリアフリー化の動きとともに障がい者の利便性を高める観点からも、障害者手帳のカード化を進める必要があると思いますが、ご所見をお伺いいたします。 

青梅市議会 2022-05-31 05月31日-02号

道路線の認定について  日程第13 議案第11号 市道路線の認定について  日程第14 議案第12号 市道路線の認定について  日程第15 議案第13号 市道路線の認定について  日程第16 議案第14号 市道路線の認定について  日程第17 議案第15号 市道路線の認定について  日程第18 議案第16号 青梅市表彰条例にもとづく表彰の執行について  日程第19 陳情1第4号 国会精神障がい者に交通運賃割引制度

練馬区議会 2021-12-05 12月05日-05号

加えて、手話通訳者にかかわっても、「派遣報酬は2006年以降据え置かれたままで、交通費さえ支払われていません」、「区内4か所の総合福祉事務所に設置された手話通訳の日数は年間124日にとどまり、事前に派遣要請しない限り、手続さえままならない」、「区庁舎内の手話通訳者の常駐や、不安定な身分保証してほしい」などの要望が出されました。 

練馬区議会 2021-12-04 12月04日-04号

このことからも、日本でも平成28年に国土交通省が指針をまとめ、タイムラインの活用が進みました。 タイムラインは、台風などの水災害雪害、遠地津波災害等の進行災害には極めて有効であります。事前に起こり得る状況を想定し、共有したうえで、防災行動をタイムラインに策定しておくことで、実務担当者は、先を見越した早目早目の行動が可能になり、意思決定者は不測の事態への対応に専念できます。

練馬区議会 2021-09-09 09月09日-04号

既に電車やバスなど、公共交通機関をはじめ、病院施設などでヘルプマークの掲示が増えてきました。昨年6月、区議会において、ヘルプマークの更なる普及推進を求める意見書を国に提出しました。しかし、まだ区内におけるヘルプマークの普及は十分ではありません。ぜひ区立施設やみどりバスにおいて積極的にヘルプマークを掲示いただくなど、率先して普及啓発に取り組んでいただくよう要望いたします。

練馬区議会 2021-06-19 06月19日-06号

国土交通省に確認したところ、練馬上空を飛行する民間の旅客機は約5,500メートル以上のはるか上空を飛んでいるので、自衛隊か米軍の航空機である可能性は高いとの回答でした。航空機の騒音や不安などについて区に問い合わせたところ、5月19日に自衛隊練馬駐屯地で記念行事があり、それに関連して4月ごろから通常より飛行回数が増えていて、区民の方からも問い合わせがあるとのことでした。 

青梅市議会 2020-12-24 12月24日-15号

このため、平成30年3月30日付け国土交通住宅局の通知では、公営住宅管理標準条例案から保証人の規定を削除するとされ、青梅市においても検討を重ね、公営住宅住宅のセーフティネットの中核であるということも踏まえ、連帯保証人が見つからず入居できないという事態を避ける観点から、連帯保証人の規定を削除しようとするものである」との答弁。 

練馬区議会 2020-12-03 12月03日-03号

これまでも区は、暫定整備が完了した箇所から随時交通開放するよう、都に要請してきています。都は、車道の部分的な交通開放については、地域の既存道路に多くの車両が流入するなどの課題があるとして、歩行者用通路の開放を行っています。 次に、関越道新座市内のスマートインターチェンジの整備についてです。 本年9月に埼玉県は、スマートインターチェンジと接続する都市計画道路について、変更素案の説明会を開催しました。

練馬区議会 2020-10-11 10月11日-08号

幼児教育保育の無償化への対応や保育所、学童クラブの待機児童対策、各種区立施設の更新に加え、高齢者への扶助、交通インフラ病院整備、災害に備えたまちづくりなど、今後も行政需要の増加は避けられません。 持続可能な区政運営のためには、強固な財政基盤を構築することが不可欠であり、歳入の増加を追求し、歳出の抑制を目指していくほかありません。 

青梅市議会 2020-09-30 09月30日-10号

公共交通充実への市民の願いは高まる一方です。この願いに応えるためには、コミュニティバスの導入が避けられないことは、ますます明らかになっているのではないでしょうか。 先日、ある94歳の方が私に声をかけてくださいました。その方は、「私は薬も飲んでいないし、健康のために元気に歩いてバス停まで行っているけど、周りの方は困っている人も多い。