36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

調布市議会 2021-03-15 令和 3年 3月15日厚生委員会−03月15日-01号

次の◎井上欣一社会福祉事業基金です。高齢者子ども障害者その他の福祉を必要とする者に対する総合的な社会福祉に関する事業に充てるため、基金を積み立てるものです。  次に 142ページ、 143ページ、タブレットでは 146ページをお願いいたします。目20「民生委員推薦会費」です。  ◎民生委員推薦会運営費ですが、民生委員候補者を選考するための推薦会の開催に要する委員報酬及び諸経費です。  

調布市議会 2020-12-09 令和 2年12月 9日厚生委員会−12月09日-01号

石川 福祉総務課長補佐   続きまして、福祉総務課所管分、◎井上欣一社会福祉事業基金です。指定寄附が3件ありましたので、これを基金に積み立てるものでございます。  説明は以上です。 ○平野 委員長   はい、武田障害福祉課長補佐。 ◎武田 障害福祉課長補佐   続きまして、障害福祉課所管分、◎法外援護事業費の下、新型コロナウイルス感染拡大防止対策推進事業費です。

調布市議会 2020-12-09 令和 2年12月 9日総務委員会−12月09日-01号

また、目10「指定寄附金」については31件、 234万 2,000円を計上しており、それぞれ寄附目的趣旨に沿って、都市基盤整備事業基金新型コロナウイルス感染症対策基金子ども若者基金井上欣一社会福祉事業基金ふるさとみどり環境を守り育てる基金国際交流平和基金へ積み立てるほか、小学校備品購入のため、歳出予算を補正しております。  

調布市議会 2020-09-11 令和 2年 9月11日厚生委員会−09月11日-01号

最初の◎井上欣一社会福祉事業基金は、高齢者子ども障害者、その他の福祉を必要とするものに対する総合的な社会福祉に関する事業に充てるため、基金を積み立てたものです。  次の流用欄の1行目の委託費から役務費への流用は、福祉総務課所管となっております。  次に、 180ページ、 181ページをお願いいたします。  目20「民生委員推薦会費」でございます。  

調布市議会 2020-09-10 令和 2年 9月10日厚生委員会−09月10日-01号

石川 福祉総務課長補佐   続きまして、福祉総務課所管分、◎井上欣一社会福祉事業基金です。指定寄附が2件ありましたので、これを基金に積み立てるものでございます。  説明は以上です。 ○平野 委員長   ありがとうございます。以上で説明は終わりました。これより質疑、意見を許しますが、御発言はありませんか。はい、西谷委員。 ◆西谷 委員   説明ありがとうございます。

調布市議会 2020-09-10 令和 2年 9月10日総務委員会−09月10日-01号

目10「指定寄附金」については、77件、 597万 3,000円を計上しており、それぞれ寄附目的趣旨に沿って、新型コロナウイルス感染症対策基金子ども若者基金井上欣一社会福祉事業基金のほか、公共施設整備基金へ積み立てるため、歳出予算を補正しております。  あわせて、保育園小学校備品購入に活用する寄附金を 200万円計上しております。  

調布市議会 2020-03-17 令和 2年 3月17日厚生委員会−03月17日-01号

次の◎井上欣一社会福祉事業基金です。高齢者子ども障害者その他の福祉を必要とする者に対する総合的な社会福祉に関する事業に充てるため、基金を積み立てるものです。  説明は以上です。 ○平野 委員長   はい、武田障害福祉課長補佐。 ◎武田 障害福祉課長補佐   続きまして、障害福祉課所管分について御説明いたします。  初めに、障害福祉制度に関する動向です。

調布市議会 2020-03-16 令和 2年 3月16日総務委員会−03月16日-01号

財政調整基金井上欣一社会福祉事業基金などが増となっている一方、都市基盤整備事業基金ふるさとみどり環境を守り育てる基金が減となっています。  80款「繰越金」については前年度と同額を計上しています。  85款「諸収入」については5億 6,700万円余を計上しています。  項5「延滞金加算金及び過料」については、節5「延滞金」において前年度と比較して 400万円の減を見込んでいます。  

調布市議会 2019-12-10 令和 元年12月10日厚生委員会−12月10日-01号

石川 福祉総務課長補佐   続きまして、福祉総務課所管分、◎井上欣一社会福祉事業基金です。今般、篤志家から高齢者福祉推進のための資金として、 5,000万円の御寄附をいただきました。これを含む7件の指定寄附がありましたので、基金に積み立てるものでございます。  説明は以上です。 ○平野 委員長   はい、肥田保険年金課長補佐

調布市議会 2019-12-10 令和 元年12月10日総務委員会−12月10日-01号

次に、15款「民生費」では、特定財源として、住居確保給付金事業費に充当するため、国庫支出金を計上しているほか、その他には、井上欣一社会福祉事業基金及び子ども若者基金への積立金に充当するため、寄附金を計上しております。  一般財源には、住居確保給付金事業費のほか、特別会計を含む人件費調整などに係る所要額を計上しております。  

調布市議会 2019-09-12 令和 元年 9月12日厚生委員会−09月12日-01号

武田 障害福祉課長補佐   東京都のほうで2分の1、あとは私ども井上欣一基金のほうで2分の1になっております。  以上です。 ◆林 委員   これ、国のほうからの補助とか、そういう制度はないんですかね。 ◎武田 障害福祉課長補佐   現時点では国のほうの補助はございません。  以上です。 ◆林 委員   制度自体は非常にお困りになっている方々

調布市議会 2019-09-11 令和 元年 9月11日厚生委員会−09月11日-01号

次の◎井上欣一社会福祉事業基金は、井上欣一氏から多大な遺贈を受けたことにより、その遺志を反映し、平成30年度は、財政調整基金入分などに係る金額を積み立てたほか、多くの方々からいただいた寄附等社会福祉に関する事業に充てるため、基金に積み立てたものです。  説明は以上です。 ○平野 委員長   はい、武田障害福祉課長補佐

調布市議会 2019-09-11 令和 元年 9月11日総務委員会−09月11日-01号

ふるさとみどり環境を守り育てる基金井上欣一社会福祉事業基金など7つ基金にどうぞ寄附してくださいと。気持ちはわからなくもないですけど、どのくらいPRがあって、それに全国の人が応えてくれるのかなというと、ちょっとクエスチョンがつくんですね。そこで、ふるさと納税をいろんな自治体が工夫をして、ソフトであったり、返礼品と言いますけど、記念品を考えていますよね。

調布市議会 2019-09-10 令和 元年 9月10日総務委員会−09月10日-01号

その他財源には、地域共生推進ふれあい商店等補助金に充当する井上欣一社会福祉事業基金繰入金のほか、子ども若者基金及び井上欣一社会福祉事業基金への積立金保育園用備品購入費に充当する寄附金を計上しております。  また、一般財源には、平成30年度決算に伴う過年度清算返還金などの所要額を計上しております。  20款「衛生費」につきましては、都市美化推進費に充当する国・都支出金を計上しております。  

調布市議会 2019-09-10 令和 元年 9月10日厚生委員会−09月10日-01号

◆小林 委員   先ほど基金のところで、今後、寄附者の方を募っていくというようなお話もありましたけれども、この子ども若者基金、あるいは井上欣一さんの基金等々がありますけども、やはりそういう方々を顕彰するというか、一般質問等々でも、例えば桜の木を植えてそこに銘板するとか、何かそういう形で寄附文化、今回、鬼太郎公園でもそういう形で寄附を募ったということもありますので、そういう何か取り組み、今後どんなふうに

調布市議会 2019-09-05 令和元年 第3回 定例会−09月05日-02号

ふるさとみどり環境を守り育てる基金井上欣一社会福祉事業基金、そして子ども若者基金国際交流平和基金公共施設整備基金都市基盤整備事業基金、そして美術作品等取得基金、この7つがホームページで出てきます。  基金の便利なところは、予期せぬ事態にも対応できるところであると思います。特に画像一番下、美術作品等取得基金

調布市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日総務委員会−03月14日-01号

井上欣一社会福祉事業基金につきましては7億 9,000万円余を定期預金ふるさとみどり環境を守り育てる基金につきましては17億 4,000万円余を定期預金で運用しております。今御説明させていただきました基金も含め、基金全体では 137億 8,000万円余を定期預金で運用しております。  以上でございます。 ◆林 委員   昨年度がどれぐらいだったのかしら。

調布市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日厚生委員会−03月13日-01号

次の◎井上欣一社会福祉事業基金です。高齢者子ども障害者その他の福祉を必要とする者に対する総合的な社会福祉に関する事業に充てるため、基金を積み立てるものです。  説明は以上です。 ○須山 委員長   はい、鈴木障害福祉課長補佐。 ◎鈴木 障害福祉課長補佐   続きまして、障害福祉課所管分について御説明いたします。  初めに、障害福祉制度に関する動向です。

  • 1
  • 2