運営者 Bitlet 姉妹サービス
8386件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 港区議会 平成30年12月21日保健福祉常任委員会-12月21日 その内容は、現在実施している抗体検査と、その結果が陰性だった方の予防接種費用の助成において、39歳から57歳の男性を対象とすること。また、予防接種については予防接種法に基づく定期接種とすることでございます。さらに、抗体検査の実施については、新たに特定健康診査や企業健康診査などの機会も活用して受診できるようにすることなど、検査や予防接種を受けやすくする体制づくりを求めることとしております。 もっと読む
2018-12-19 清瀬市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−05号 衛生費都補助金の医療保健政策区市町村包括補助事業に49万6,000円の増額と、衛生費都委託金の風疹抗体検査事業に90万3,000円の増額は、風しんの予防接種の対象拡大によるものです。  歳出では、後期高齢者医療特別会計繰出金に150万円の増額で、葬祭費の増加に伴う一般会計繰入金の増加分を特別会計へ繰り出すための増額です。   もっと読む
2018-12-18 日野市議会 平成30年第4回定例会(第7日) 本文 開催日: 2018-12-18 主な質疑といたしましては、1、予防接種健康被害負担金の詳細を問う。2、中学校における部活動指導員配置経費補助事業は、1人幾らで何人分の計上なのかなどでございました。  主な意見といたしましては、1、(仮称)石田地区公共施設設計業務委託料とごみ処理関連施設及び周辺環境整備基金の減額は認められない。分割付託のため態度保留などでございました。   もっと読む
2018-12-13 日野市議会 平成30年民生文教委員会 本文 開催日: 2018-12-13 事業番号1、予防接種費でございます。扶助費5万4,000円でございます。こちらは、平成29年度に発生しましたヒブワクチン及び小児肺炎球菌ワクチンの予防接種によって健康被害があった事案に対し、平成30年11月7日付で厚生労働省より予防接種法第15条第1項に基づく疾病として認定されたため、これに基づき医療費、医療手当の急遽支払いが生じたものでございます。   もっと読む
2018-12-12 日野市議会 平成30年企画総務委員会 本文 開催日: 2018-12-12 説明欄上から2段目、予防接種健康被害負担金4万1,000円は、過年度の予防接種による健康被害が認められましたので、医療費等を給付するものです。補助率は4分の3でございます。  その下、市町村総合交付金1,511万3,000円です。平成30年度から都と市町村が連携して取り組む政策課題への対応として、政策連携枠が導入されました。これを活用して消防団装備品の充実を図るものです。 もっと読む
2018-12-11 清瀬市議会 平成30年 12月 福祉保健常任委員会-12月11日−01号 ◎健康推進課長(田村晶子君) 続きまして、同ページの下段、款4衛生費、項1保健衛生費、ページを1枚おめくりいただきまして、14ページの上段にございます目3予防費、右側の15ページにいきまして、説明5任意予防接種事業に189万8,000円の増額補正をお願いするものでございます。  内容の主なものといたしましては、風しん対策の抗体検査、予防接種の委託料の178万1,000円でございます。   もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 既に品川区では予防接種スケジュールをメール配信するシステムを確立しました。これはICT化のメリットを具体化したものと考えます。  そこで質問いたします。このシステムを参考に、品川区が展開するさまざまなサービスをデータ化し、個人情報保護に十分留意をしつつ、年齢や性別、結婚等に応じたサービスを区民に提供するシステム構築を検討すべきと考えますが、いかがでしょうか。区のお考えをお聞かせください。   もっと読む
2018-12-07 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第22号) 本文 開催日: 2018-12-07 乳幼児健診未受診者として安全確認が必要な児童としては,乳幼児健康診査,予防接種など乳幼児を対象とする保健・福祉サービスを受けておらず,家庭への電話,文書,家庭訪問等による勧奨をしたにもかかわらず,連絡・接触ができず,関係機関による安全確認ができない児童とされています。  また,未就学児で安全確認が必要な児童も,乳幼児健診未受診者と同様の考え方によって把握するものとされています。   もっと読む
2018-12-06 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第1日目) 本文 2018-12-06 その一つである私立幼稚園教職員に対する医療費補助は補助対象外となっていましたが、我々の会派からの働きかけにより、今年度よりインフルエンザ予防接種費用助成が予算化されました。また、健康診断の費用助成への働きかけも会派として決算特別委員会で取り上げ、区の答弁は、さまざまな支援を検討していくとのことでした。 もっと読む
2018-12-05 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第21号) 本文 開催日: 2018-12-05 また,ペットの災害対策ガイドについては,ドッグラン開設時に配布したほか,狂犬病予防接種の際に配布するようにしております。 もっと読む
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 多くの区民の皆様に風しん抗体検査を受けていただき、予防接種につなげるためには、検査を受けやすい環境を整えることも重要だと考えます。区民が無料で抗体検査を受けられる医療機関につきましても拡大をするべきだと考えますが、区の見解を伺います。   もっと読む
2018-12-03 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月03日-01号 高齢者の健康を守るためにも、我が党が区長に対し緊急要望を提出した高齢者インフルエンザ予防接種の無料化を、改めて強く要望いたしますが、見解を伺います。  次に、ガバナンスの推進について伺います。  本年度より、新基本構想のキーワードを協創とし、協創を構築するには、何よりも区政に対する信頼が基礎となります。区は、健全な区政運営を確立することで、区民の皆様の信頼を一層高められると考えます。   もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 国では、保育所等利用児童数は平成二十七年度で二百三十七万人、児童手当の受給者数は千四十三万人、母子保健の手続きで出生数は平成二十七年で百一万人、予防接種対象者は百四万人で、乳幼児のうちに約二十回予防接種を実施していると内閣府の推計が出ています。 もっと読む
2018-11-30 清瀬市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−01号 次に、款4衛生費につきましては、今年に入り流行している風疹対策として、抗体検査や予防接種について、新たに同居家族を対象とするなど、拡充して実施するため、189万8,000円を増額補正するものでございます。  次の款10教育費では、1,950万円の増額補正でございます。 もっと読む
2018-11-16 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第7日目) 本文 2018-11-16 しながわ巡り」、それから、子育て関係の「しながわパパママ応援アプリ」、予防接種のナビなども含めたアプリケーション、こういったものを配信し、区民サービスの向上、情報伝達に努めているものでございます。 もっと読む
2018-11-09 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第4日目) 本文 2018-11-09 増の主なものは、東京二十三区清掃一部事務組合分担金、定期予防接種であります。  1項保健衛生費の支出済額は、51億6,201万1,382円で、執行率は94.4%であります。  1目保健衛生総務費では、休日・応急診療費、各種助成金などを支出いたしました。  2目予防費では、流行性耳下腺炎などの任意予防接種、子宮がん検診など各種がん検診、こころの健康づくり事業などを行いました。   もっと読む
2018-11-08 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第3日目) 本文 2018-11-08 区におきましては、住民登録のある児童の予防接種の状況でありますとか、あるいは保育所等の所在の状況、また、実際の訪問事業のさまざまな区の施策の中で、キャッチできる子どもを順次特定していきまして、その上で、今年の6月1日時点ですと、97名のお子さんについては、なお継続的な確認が必要だというところまで行き着きました。 もっと読む
2018-11-06 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第2日目) 本文 2018-11-06 あと、職員への支援ということですけれども、今年度よりインフルエンザ予防接種の助成を始めまして、私立幼稚園の職員の方、どなたでも3,000円の補助をするようになりました。今後とも私立幼稚園につきましては、さまざまな形で支援していけるように検討してまいりたいと思います。 もっと読む
2018-11-05 港区議会 平成30年11月5日保健福祉常任委員会-11月05日 (3)国の動向ですが、風しんが流行していることを周知すること、抗体検査や予防接種を受けることの重要性を妊婦にお伝えするよう徹底すること、定期接種を受ける機会がなかった30歳代から50歳代の男性に対して、任意で予防接種を受けることを検討するよう周知することなど、風しんの流行を踏まえ、国から5都県の自治体及び産科等の医療機関に向けて周知徹底するよう通知が発出されております。   もっと読む
2018-10-29 瑞穂町議会 平成30年  全員協議会-10月29日−07号 このような状況のもと、都はこれまで先天性風しん症候群の発生を防止するために実施してきた風しん抗体検査及び予防接種事業の対象者を11月1日から拡大すると決定しました。  これに伴い、町においても都からの委託事業である抗体検査及び任意の予防接種助成事業の対象者を同日付で拡大し、住民の感染症予防施策のさらなる推進を図るものです。  事業拡大の概要です。資料4をごらんください。 もっと読む