5781件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江戸川区議会 2020-12-01 令和2年12月 総務委員会-12月01日-12号

上坂かおり 援助課長 今ご質問いただきました件ですけれども、2件目の措置費用のところで医療費のほうの増というところでのお話のほうからお答えさせていただきますと、こちらにつきましては、乳児院の入所の子どもたち医療費部分の計上というのが、実はこちら開設の段階で少し試算のほうから漏れていたということがございましたので、その部分というのを補填させていただくためのものとなっております。  

目黒区議会 2020-11-20 令和 2年第4回定例会(第1日11月20日)

新型コロナウイルスの影響で学校保育所が休みとなったり、乳児がいる家庭への自治体の支援事業の中止や延期が相次いだことが増加の要因と指摘されています。  私はこれまで、児童虐待を防ぐためには川上の支援が重要であると訴えてきました。本区では、現在、児童相談所設置を目指していますが、本当に必要なのは児童虐待が起こらない地域社会をつくることだと考えます。

世田谷区議会 2020-11-11 令和 2年 11月 福祉保健常任委員会-11月11日-01号

七十二人のうち五十六人は区の一時保護所保護を行っており、その他十六人は、区外乳児院や里親などで保護を行ったところでございます。区の児童の一時保護の理由でございますが、虐待が一番多く、四十一人となっております。  続きまして、一五ページを御覧ください。社会的養護のもとで育つ児童数でございます。

目黒区議会 2020-11-10 令和 2年企画総務委員会(11月10日)

大体好きな子はみんな乗っているわけだから、幼児だって乗っているし、乳児だって、例えば親がさせていることもあると思うので、その辺では、私は、遊具の形状とか、その辺を検討するとともに、やっぱり使い方をどう周知していくかという部分があるのかなと思っています。  それと、先ほどもさきの委員が言ったように、事故があった場合、この報告を見てると、区に伝わってくる時間があまりにも長いという気がするんですね。

江戸川区議会 2020-11-10 令和2年11月 福祉健康委員会-11月10日-09号

小俣則子 委員 もっといろいろ資料を読み込んで、実際にそういう医療的ケア子どもたちがどのような生活をしているのかということを掴みながら審査していきたいと思うんですけれども、先ほど個人情報という点でもその辺を踏まえてなんですが、乳児なのか、幼児なのかという程度だけでも教えてはもらえないんですか。 ◎茅原光政 保育課長 いずれも3歳未満児ということになります。

豊島区議会 2020-10-16 令和 2年決算特別委員会(10月16日)

元年度は、保健所乳児健診時が798人、長崎が406人という形になっています。また、3歳児健診につきましては、池袋保健所で834人、長崎で414人となっておりまして、いずれも骨密度測定栄養指導を併せて実施しているものでございます。 ○元谷ゆり委員  ぜひ引き続き続けていただきますようお願いいたします。

豊島区議会 2020-10-15 令和 2年決算特別委員会(10月15日)

○木下広委員  そういう準備を着々とやっていただきながら、一方では、現実問題として、今、豊島区民で、豊島区の児童児童養護施設だとか、乳児院でお世話になっている方が100名ぐらいいると伺っておりますけれども、その内訳と、内訳だとか、現状について教えていただければと思います。 ○小林児童相談所設置準備担当課長  はい。

世田谷区議会 2020-10-13 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月13日-08号

就学前の乳児期から幼児期の全ての子どもたちが質の高い教育保育を享受できるよう、就学教育のための世田谷版スタンダードカリキュラム作成を求めてまいりました。  今回の第三回定例会代表質問におきましても、スタンダードカリキュラム作成については、令和三年十二月の教育総合センター開設までに作成との御答弁をいただきました。

江戸川区議会 2020-10-13 令和2年10月 総務委員会-10月13日-08号

上川光治 児童相談所長 この寄付金につきましては、区内の企業から社会的養護子ども社会的養護と申しますのが乳児院とか児童養護施設とかそういう施設にいらっしゃるお子さんのことでございます。そういった子どもたち支援したいというお気持ちで寄付をいただいたという経過がございます。

豊島区議会 2020-10-12 令和 2年決算特別委員会(10月12日)

村上健康推進課長  産後ケア事業ですが、出産後に家族等援助が得られず、支援を必要とする産婦及び乳児に対して、宿泊による心身ケア乳児支援を行うことにより、母体の回復と育児に対する負担感を軽減することを目的としております。 ○元谷ゆり委員  実家が遠い、なかなか実家に頼れないという家庭にとっては大きな支えとなる事業だと思っております。

江戸川区議会 2020-10-12 令和2年決算特別委員会(第8日)-10月12日-08号

なお、災害時の乳児への育児支援については、安易に人工乳にかえる支援を行うのではなく、母乳育児が継続できる環境をつくるなど、女性の視点を取り入れていただくようお願いします。  様々な形態の保育施設が増えています。本区の子どもが通う施設と捉え、区立保育園が各地域保育施設ネットワークの中心となり、保育の質を高めるための研修の機会の提供を要望します。  

世田谷区議会 2020-10-09 令和 2年  9月 決算特別委員会−10月09日-07号

金井えり子 委員 乳幼児の頃、特に乳児そして、本当に小さい幼児の頃は五感が大切だと思います。こちらの感覚を本当に大事にしていただきたいと思います。そして、そこに芸術を乗せていただく。本当にこれは切望いたしますので、よろしくお願いいたします。  そして、生活者ネットワークでは、これまでも行きたくなる学校づくりという視点を持って、ずっとやってまいりました。

世田谷区議会 2020-10-08 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月08日-06号

当然、その公園を芝生化することで景観が向上するだけじゃなくて、砂ぼこりが減ったり、子どもがはだし遊べるとか、けががなくなるとか、乳児が遊べる、水はけがよくなる、もちろんメリットは枚挙にいとまがない、幾らでもあるんですけれども、みどり33ということもありますので、当然メンテナンスにかかる費用というのは高くなると思うんですけれども、自然や環境、こういったものをしっかりと維持していくには当然費用がかかるものであって

世田谷区議会 2020-10-06 令和 2年  9月 決算特別委員会−10月06日-05号

◆菅沼つとむ 委員 これから問題になるのが、三歳未満乳児院が世田谷区にないのは当然初めから分かっていますけれども、今、区外にお願いしているわけです。ところが、さっき宍戸委員も言った江戸川区だとか、東京都だとか、三歳未満お子さんを預けるところが東京都の中でも少ないんです。この辺は、世田谷区としてこれから考えておかないと、三歳未満ですからどこでも預かれるという話じゃないんです。

江戸川区議会 2020-10-05 令和2年決算特別委員会(第5日)-10月05日-05号

まず新生児ということですので、生まれてから28日を経過しない乳児これの委託を推進するということになろうかと思います。今、江戸川区で考えて、どのように考えてきたかというと、東京都のほうで今、平成28年からこの事業を実施しているものがございます。それを江戸川区でも活用させていただこうというふうに考えてございます。 ◆滝沢泰子 委員 胎児の最善の利益の視点をもって臨んでいかれることを願っています。

江戸川区議会 2020-10-02 令和2年決算特別委員会(第4日)-10月02日-04号

また、周知についてでございますけれども、広報えどがわ、ホームページ、そのほか健康サポートセンター乳児健診のときに赤ちゃんが生まれたチャンスに禁煙をしませんかということで勧誘をしましたりしているところでございますけれども、また新たな取組みとして今年度になってしまうんですが、毎月22日の禁煙の日に「スワンスワン禁煙を!」

世田谷区議会 2020-10-01 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月01日-03号

最も栄養ケアが必要なのは、ミルク、離乳食が必要な乳児です。乳幼児は、僅かな食事の変化で脱水や重大な健康障害に発展することもあります。  国からは、育児用ミルク、粉ミルクまたは乳児用液体ミルク哺乳瓶等プッシュ式で送られてくるそうですが、これには実は心配の要素もあります。母と子の育児支援ネットワークから提言も出ています。