26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

世田谷区議会 2019-02-20 平成31年  3月 定例会−02月20日-01号

お尋ねの区内における三世代同居世帯推移国勢調査から振り返りますと、世帯数世帯率は、平成十二年で九千八百九世帯で二・五%でしたが、平成二十七年には四千九百六十八世帯で一・一%と、おおよそ半減をしています。これは平成二十七年の二十三区平均の一・六%と比較しても低い状況にあります。  

練馬区議会 2018-12-04 12月04日-03号

また、所沢市では、住宅関係補助事業のみならず、体験農場の抽せんの際に三世代同居世帯申込者に対し倍率優遇措置を設けております。しかし、必ずしも同居を望んでいるとは限らず、親からの子育てなどの支援を受けたいけれども、個々の家庭のプライバシーは守りたいということで近居を希望されている世帯も多い中で、施策としては、同居のみならず、近居も対象とすることが柔軟性を持った施策となると考えます。 

大田区議会 2017-09-25 平成29年 9月  都市整備委員会−09月25日-01号

そもそも家賃助成をするということは、ホームページから持ってきたのですけれども、子育て世帯、三世代同居世帯、新婚世帯を応援しようということで、26年12月からは家賃減額制度等がさらに充実ということで、頑張ってきましたよということが書いてあったのですけれども。  今回の廃止の理由をもう1回確認したいのですけれども、これは空き家が埋まったからということでよろしいのですか。

大田区議会 2017-09-22 平成29年 9月  都市整備委員会-09月22日-01号

区民住宅家賃助成制度は、子育て世帯、三世代同居世帯及び新婚世帯対象に、平成24年12月1日から開始いたしました。当時、区民住宅空き家が多数あったため、空き家率が20%を超えるプラムハイツ本羽田大森西北糀谷西六郷の5団地対象に実施し、その後、平成25年12月1日からプラムハイツ糀谷対象に加えました。

大田区議会 2016-03-11 平成28年 3月  予算特別委員会−03月11日-01号

大田区でも多くの区民住宅において、3世代同居世帯家賃減額制度を実施いただいているところであります。このような支援は3世代同居世帯に対してですが、住まいの環境やさまざまな状況から、同居が難しい世帯もあると思われます。そのような中にあっては、3世代同居ではなくとも、世代を超えてコミュニケーションがしっかり取れていることが必要であると考えます。  そこでお伺いします。

大田区議会 2015-09-16 平成27年 9月  都市整備委員会−09月16日-01号

そして、助成対象でございますが、こちらは区民住宅の中でも子育て世帯、三世代同居世帯、新婚世帯、これらの子育て世帯等への支援を目的としているというのもこの助成の特徴でございます。  ほかの自治体助成ですとか、それから民間賃貸住宅におけるファミリー世帯平均居住年数参考に期間を4年と定めまして、この助成を行っている次第でございます。

大田区議会 2015-09-15 平成27年 9月  都市整備委員会-09月15日-01号

このため、平成24年12月から子育て世帯、三世代同居世帯、新婚世帯対象に、区民住宅家賃を減額する制度をはじめ、入居者募集しました。現在は3年目で、平成27年11月までの募集を行っています。  制度実施後、空き家数減少に転じましたが、毎年20戸程度が退去しており、今後も継続して実施したいと存じます。 ◎明立 都市基盤管理課長 私からは、土地の取得について(南千束二丁目)を報告いたします。

杉並区議会 2015-05-29 平成27年第2回定例会−05月29日-10号

また、静岡県掛川市では、昨年度から3世代同居世帯買い物券助成しております。孫消費が拡大すれば、眠っていた高齢者の預金が消費に回り、地域経済活性化も期待できるでしょう。  特に、同居には介護の側面もあります。地価が高額な都心部課題もありましょうが、祖父母の子育て力をかりるためには、3世代同居・近居の促進に向けて区は取り組むべきと考えます。区の認識と今後の課題を伺います。  

練馬区議会 2014-06-04 06月04日-03号

昨年の第一回定例会一般質問において、三世代同居世帯保育所に預けていない世帯に対してのサービスについて調査・研究すると教育長からご答弁をいただきました。検討状況もあわせてお答えください。 保育所運営は、本当に費用のかかるところだと思います。しかも、運営費は年々上がっているわけです。運営費を下げる努力も必要と感じます。

大田区議会 2013-11-29 平成25年11月  都市・環境委員会-11月29日-01号

このため、昨年の平成24年12月から1年間、子育て世帯、3世代同居世帯、新婚世帯対象に、区民住宅家賃を4年間月3万円減額する制度をはじめ、入居者募集いたしました。  この結果、この制度でこれまでに21世帯入居し、空き家数減少に転じております。現時点の空き家は36戸でございますが、毎年10戸ないし20戸が退去しておりますので、今後も制度を継続したいと考えております。

昭島市議会 2013-09-03 09月03日-01号

我が国の三世代家族推移を見ますと、大正9年の第1回国勢調査では、三世代家族を含む直系拡大家族割合が31%であったのに対し、平成22年の国勢調査では、三世代同居世帯割合が約7%まで減少しております。三世代減少我が国近代化とともに起きたことであり、とりわけ近年の急激な少子高齢化や非婚化晩婚化、または自由な生活を求めるライフスタイルや労働の形態、住宅事情などの影響が拍車をかけています。

大田区議会 2013-06-14 平成25年 6月  都市・環境委員会-06月14日-01号

それから、委員ご存じかと思いますけれども、昨年12月から入居家賃子育て世帯、3世代同居世帯、新婚世帯の方は、3万円減額値引きするという制度も始めてございます。 ◆藤原 委員 そうすると、例えば今の区民住宅というのは、具体的に区内で何室空いているのですか、今現在で。 ◎榎田 まちづくり推進部参事住宅課長〕 現在の区民住宅空き家は48戸でございます。

大田区議会 2013-06-13 平成25年 第2回 定例会−06月13日-02号

さらに、昨年12月から子育て世帯、3世代同居世帯及び新婚世帯対象家賃を3万円減額する制度を実施しましたところ、これまでに14世帯の申し込みをいただいてございます。今後も、民間や他の自治体の取り組みを参考にさらなる工夫を行い、入居者募集に努めてまいりたいと考えてございます。  

大田区議会 2013-03-25 平成25年 3月  予算特別委員会−03月25日-01号

このため、昨年12月から、中学生以下の子どもが2人以上いる子育て世帯と3世代同居世帯及び新婚世帯対象に、家賃から、月額3万円を、最長4年間減額する制度を始めました。制度開始以来、多くのお問い合わせをいただきましたが、これまで入居済み入居手続中の方は合計12世帯で、内訳は、子育て世帯が6世帯、3世代同居世帯が2世帯新婚世帯が4世帯となってございます。

昭島市議会 2012-12-05 12月05日-04号

このことは、家族の再生により虐待防止情緒面成長などの子育て支援家族介護にプラスであるばかりか、三世代同居世帯をふやすことが少子化対策人口減少克服につながることを示しているのではないでしょうか。まさに、家族あり方福祉施策についての具体策のヒントになるものではないでしょうか。 そこでお伺いいたします。

昭島市議会 2012-11-30 11月30日-01号

また3世代同居世帯減少高齢独居世帯の増加など、家族あり方も大きく変容してきております。こうした社会情勢の変化の中で、社会のさまざまな分野の第一線で活躍されてきた団塊世代が65歳に達し、超高齢社会を迎えようとしております。団塊世代には第一線で活躍してきた経験を生かし、今後の超高齢社会を先導する役割が期待されるところでございます。

大田区議会 2012-11-15 平成24年11月  都市・環境委員会−11月15日-01号

世代同居又は今後同居予定の三世代同居世帯。夫婦とも35歳以下で、結婚1年以内又は結婚予定新婚世帯としたいと考えております。この予定というのは、入居までには同居していただくという意味でございます  家賃減額制度を導入する団地は、空き家率が20%を超えている本羽田大森西北糀谷、西糀谷、西六郷の5団地といたします。

  • 1
  • 2