運営者 Bitlet 姉妹サービス
26480件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-11 港区議会 平成31年3月11日保健福祉常任委員会-03月11日 それから、先ほども申し上げましたが、社会保険の適用拡大により一番保険料を払っていただけるような世代がどんどん出てしまう状況が一番大きいと考えてございます。 ○委員(風見利男君) 被保険者が減ったから保険料を値上げですか。先ほどもありましたが、後期高齢者医療制度に移動している人も圧倒的に多いわけです。 もっと読む
2019-02-20 港区議会 平成31年2月20日保健福祉常任委員会-02月20日 ○国保年金課長(鳥居誠之君) 70歳以上の方に高額療養費の負担をお願いしたことにつきましては、70歳から74歳の世代間の負担の公平といったことで、負担能力に応じて負担をお願いするといったものでございます。  ご存じのとおり国民健康保険制度の財政運営は厳しい中で、高齢者の医療費が増加するといった傾向にございます。 もっと読む
2019-02-04 港区議会 平成31年2月4日建設常任委員会-02月04日 あらゆる世代で人口が増加していますので、港区開発事業に係る定住促進指導要綱に基づいてつくった子育て施設等もありますし、区が環状第二号線を契機に整備した虎ノ門いきいきプラザなどもありますので、区ができることや、開発で誘導できることをきちんと展開して、多様な方々が住み続けられるまちを目指していきます。 ○委員(横尾俊成君) よろしくお願いします。 もっと読む
2019-01-28 港区議会 平成31年1月28日総務常任委員会-01月28日 1つのコミュニティになるわけですから、そこで単身者もあり、2人世帯も入居でき、それから、子育て世代も入居できという、戸数が今より増える部分については、複数の対象者に対応できるようなことを配慮した住宅の設計というか、間取りにしていただきたいと思うのです。これについてはお答えできますか。 ○施設課長(大森隆広君) 所管では今年度、整備計画を検討していると聞いております。 もっと読む
2019-01-22 港区議会 平成31年1月22日交通・環境等対策特別委員会-01月22日 六本木ヒルズにつきましては、人通りも多く、若い世代も含めて多くの方々が触れる場所での開催となりました。ただいま大滝委員からお話もありましたとおり、当日はパネル展示のほか、サウンドシミュレーターと言いまして、映像や騒音をヘッドホンで体感できるような機器を2台置いてございました。 もっと読む
2019-01-21 港区議会 平成31年1月21日保健福祉常任委員会-01月21日 項番1、内容は、(1)抗体保有率が他の世代に比べて低い39歳から56歳の男性に対して、予防接種法に基づく風しんの定期接種を実施いたします。(2)成人の風しん対策事業として実施している任意接種の費用助成を拡大いたします。  項番2、概要については、こちらの表に書いてあるとおりですが、(1)定期予防接種の対象者は今申し上げた年代の男性です。人数は、平成30年12月1日現在で3万9,698人です。 もっと読む
2018-12-26 港区議会 平成30年12月26日区民文教常任委員会-12月26日 今回は恐らく港区の現状からすると、子育て世代の方たちがわりとたくさん来るのかなと思います。このぐらいの世帯がどれぐらい入ってくるかというのは想定でしかできないと思いますけれども、住民票が異動されてきた時点で子どもの数は確定すると思います。 もっと読む
2018-12-21 港区議会 平成30年12月21日保健福祉常任委員会-12月21日 そのため、子どもとその保護者、また、多世代交流なども考えておりまして、特に大きく対象が誰と厳密に決めるものではなくて、幅広くコミュニケーションをとれるような場になればと考えております。 ○委員(土屋準君) 東京都がこの補助事業をしていますけれども、補助の仕方として、東京都と区と団体関係はどのような感じになっていますか。 もっと読む
2018-12-20 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第24号) 本文 開催日: 2018-12-20 自民党政権下での消費税増税は,社会保障に充てるという約束がほごにされるのは明々白々,低所得層や子育て世代,年金世代に影響のある食料品などへの課税猶予も明確ではなく,複雑化するインボイス制度やポイント還元など税制度としても評価できないものとなっている税制改革を伴う今回の消費税増税は直ちに中止をすべきである。   もっと読む
2018-12-19 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第3日目) 本文 2018-12-19 2の東大井地域密着型多機能ホームが実施している地域交流については、併設の品川保育園との防災訓練をはじめとした多世代交流や、地域ニーズが高い調理室を利用した地域交流等を実施しているなどの答弁がありました。  また、委員より、株式会社が指定管理者として福祉施設を管理するのはなじまないと考えることから、第93号議案については反対であるとの意見表明がありました。   もっと読む
2018-12-18 青梅市議会 平成30年定例会 12月 定例議会-12月18日−14号 第1は、市民活動や子育て世代にとっても現在地での存続が必要だということです。東青梅市民センターは昭和56年建設以来37年間、体育館は昭和52年建設以来41年間もの長きにわたり、多くの市民団体、地域住民、周辺自治会がさまざまな文化、スポーツ活動を行って、市民活動の活性化の源となっています。   もっと読む
2018-12-18 八王子市議会 平成30年_第4回定例会〔 後編 〕 2018-12-18 │ │   │ │       │3.子育てしやすいまちづくり                 │ │   │ │       │ (1) 子育て世代の求めるものとは?              │ │   │ │       │ (2) 親子で安心して遊べる公園づくりについて         │ │   │ │       │ (3) 本市にこども動物園を!                  もっと読む
2018-12-18 八王子市議会 平成30年_第4回定例会(第6日目) 本文 2018-12-18 続いて、採決に当たって意見を求めたところ、まず、反対の意見として、国民健康保険制度は持続可能な制度として、子や孫、さらに下の世代へとつなげていくことを前提とした、ともに支え合う制度である。全国の8割の自治体は一般会計からの繰り入れを行っていないが、本市は多額の財政支援措置を行っており、保険料水準から見ても決して高い自治体ではないという現状がある。 もっと読む
2018-12-18 日野市議会 平成30年第4回定例会(第7日) 本文 開催日: 2018-12-18 その中で、多世代の地域の交流ということで、例えばふだんふらっと遊びに来れるような、また縁側的な施設、そのようなところの御意見、そんなような施設にしたいということで、地元と、そういうところについて共有してきたところでございます。  スケジュールにつきましては、これまで今年度の8月からは、4回にわたり協議をしてきております。 もっと読む
2018-12-14 瑞穂町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−04号 瑞穂町では、防災体制の確立と子育て世代を支援するため組織を見直し、4月から危機管理官及び子育て応援課を設置し、鋭意施策を進めているところでございます。国際交流では、8月に姉妹都市であるモーガンヒル市の市長をはじめとした訪問団を、11月には、昨年に引き続きタイ王国コンケン市訪問団を受け入れ、今後の交流について話し合いを持ちました。 もっと読む
2018-12-14 日野市議会 平成30年環境まちづくり委員会 本文 開催日: 2018-12-14 日ごろのごみ排出、ごみ分別は、世代を超えた共通で捉えるテーマの一つだと思っております。日野市各部署一体となってアイデアを出し合っていただき、そこに市民の方々からいただいたアイデアを融合させて、ごみ改革、日野市として新たな先進事例を発信できるチャンスと捉えていただいて、よりよい日野市を目指していただきたいと思います。  以上です。 もっと読む
2018-12-13 日野市議会 平成30年民生文教委員会 本文 開催日: 2018-12-13 同じ不安を持つ同世代の女性の友人は何人もいます。こういう声を寄せられていました。  あと、そうですね、68歳の女性の方、これも女性の方ですが、介護保険料や国保料などは有無を言わせず天引きですが、年金をもらっている人はこれ以上収入がふえることもなく、公共料金を払い、毎日生活をしています。減らせることといえば食料代を減らすしかないのです。納豆、豆腐、もやし、そんなものしか食べられないのが現実です。 もっと読む
2018-12-12 日野市議会 平成30年企画総務委員会 本文 開催日: 2018-12-12 ただし、上昇している地区センターも個別的にはやはりありまして、その要因を自治会長などと話をしてみたところ、一つのところは子ども、あと多世代の居場所づくりを始めた地域の地区センターはやはり大幅に上がっていると。  あわせてもう一つ上がっているのは、ひの筋体操とか健康体操などを使っている会場の地区センターなどは、やはり上がっているというところでございました。 もっと読む
2018-12-11 清瀬市議会 平成30年 12月 福祉保健常任委員会-12月11日−01号 2025年までに団塊の世代が75歳以上になるという国の見込みもございますので、そういったことも一つの要因になっているのだろうと考えております。  あと、人数、増額分は、お1人当たり5万円ということで、150万円ですので、30人分を今回補正予算として増額させていただいているところでございます。   もっと読む
2018-12-11 足立区議会 平成30年12月11日産業環境委員会−12月11日-01号 例えば、そこに応募が少なくなっていったんだというふうにおっしゃるのだと思うのですけれども、その工夫というのですか、子育て世代にも安心だよとか、凄くすてきなのです。一つ一つのお部屋があって、下に暖かいふわふわした素材のものを引けば、靴を脱いで暮らすというか、仕事をすることもできるし、そのところとはちょっと違うところに場所も設けてあって、みんながちょっと交流するような場所もあったりとかなのです。   もっと読む