12354件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-12-11 令和元年12月11日子ども家庭支援調査特別委員会-12月11日-01号

当然、あればリスクが高いという判断をしますし、なくても48時間ルールというのがございまして、子どもの安全を確保しなければいけないということになりますので、まず子ども家庭支援センターで虐待の疑いありということで受理をさせていただきまして、対応をという形になります。そこで安全確認が行われます。  

あきる野市議会 2019-12-11 令和元年環境建設委員会 本文 2019-12-11

単純にこれだけ、何億円減らしましょうという資金計画は、紙の上ではつくれるかもしれませんけれども、その裏に潜んでいるという言葉はよくないでしょうけれども、考えられるリスクであるとかといったものをどう数値化するというのは現在、非常に難しい状況にあるというふうに御理解いただければと思います。 39: ◯委員(中村のりひと議員) わかりました。

あきる野市議会 2019-12-10 令和元年総務委員会 本文 2019-12-10

ありがたいのですが、ただ、きょう、現地を見ていただいてわかるように、ポンプだけ設置しただけではなかなか解決しない問題で、そこに入ってくる水を軽減させなければいけないということと、今回の台風によって護岸も結構水があらわれたような状態になったので、そこも傷んできているということなので、今度また大きなものが来たら、そういったところが、石垣は一つほころび始めると一気に決壊へとつながってしまうリスクがあるので

葛飾区議会 2019-12-05 令和元年総務委員会(12月 5日)

今回の本条例案はそのリスクをふやすものであり、反対であります。 ○(池田ひさよし委員長) 颯新か。 ○(うめだ信利委員) 賛成します。 ○(池田ひさよし委員長) 会田委員。 ○(会田浩貞委員) 賛成します。 ○(池田ひさよし委員長) 以上で意見表明を終了します。  これより採決を行います。  お諮りいたします。

あきる野市議会 2019-12-05 令和元年第1回定例会12月定例会議(第5日目)  本文(採決)

また、人材不足についても、高齢者福祉にかかわる有効求人倍率は非常に高く、日々職員の確保に頭を悩ませると同時に、採用に向けた活動努力は経営戦略の優先テーマであり、これ以上の施設整備をすることは、結果的に市内の特養施設だけでなく介護業界でのサービスの低下を招くリスクも起こり得ます。  

板橋区議会 2019-12-04 令和元年12月4日都市建設委員会−12月04日-01号

そのため、羽田は世界でも最も着陸が難しい空港になり、尻餅事故など、リスクが高まると考えられる。  以上のことから、区民の生活に大きな影響を与える航空機事故リスクをふやすのではなく軽減し、未然防止のために、早急に板橋区が降下角度3.5度の見直しを求めて、国土交通省と協議することを求めるというものでございます。  続きまして、現状についてご説明差し上げます。  

あきる野市議会 2019-12-04 令和元年第1回定例会12月定例会議(第4日目)  本文(一般質問)

市長はあきる野丸の船長になったわけですから、これから航海が始まるに当たり、運行計画だったり、これから起こり得るリスクも想定しながら、かじを切っていかねばならない大変重要な任務に当たるわけです。専門的な細かいことはわからなくとも、重要な部分だったり、概要を船長がつかんでいる中で、部下に指令を出すのがトップの仕事だと思いますので、知らないとか、わからないという答弁はしないでください。

板橋区議会 2019-12-03 令和元年12月3日健康福祉委員会-12月03日-01号

出産して受け入れるっていうところについては、なかなかリスク病院側が負うわけでございますので、それをきちんと踏まえた上で、うちだったら大丈夫だろうということで引き受けていただいたんだというふうに思ってございます。 ◆かいべとも子   今後の可能性として、例えば病院名は特段示さなくて結構なんですけれども、板橋区内でそういう可能性のあるところがどれぐらいあるんでしょうか。

板橋区議会 2019-12-03 令和元年12月3日区民環境委員会-12月03日-01号

いろいろな施設更新に携わっている議員や区の関係者からすれば、当然その期間、一定期間閉鎖をしてということは常識の一つであるかなと思うんですけども、その辺の、せっかく陳情をいただいてますから、なぜやはり部分的に開設ができないのかということをもう少し具体的にイメージしやすいように、リスクや課題やその状況を明らかにしてはどうかなと思うんです。  

江戸川区議会 2019-11-15 令和元年11月 災害対策・街づくり推進特別委員会-11月15日-06号

そういったこともありまして、区民の皆様には常に江戸川の地勢や水害に対することを意識していただく、水害リスクを測っていただくということで、ご存じのとおり、役所の前には水位表示計、荒川の水位を電子で表示しておりますけれども、こういったもの。それから、学校の壁にも小学生や教育の一環として過去の水位の高さを示して水害リスクを知っていただくということへの取組みを行っています。

世田谷区議会 2019-11-12 令和 元年 11月 福祉保健常任委員会-11月12日-01号

したがいまして、当初からこの問題のところで、特に福祉保健委員会の分は、今御説明がありましたとおり、住環境の問題とか、騒音の問題とか、リスクという部分がどれほどあるだろうかという御審議はいろいろいただきました。その中で、リスクをどっちで見るかというところでヘッジがされていないんで、これは一回セーブをかけましょうと。

世田谷区議会 2019-11-12 令和 元年 11月 都市整備常任委員会-11月12日-01号

すごく慌てて垂直避難をしていたとかいうお話があったりして、今後の取り組みとして風水害対策を総点検して、各種マニュアル等を整備とかということはあるのですが、新しく来る住民の方が、今回そういう堤外地であることとか、陸閘ということがどういうことなのかと初めてわかったとかと言われて、私もすごく面食らってしまったのですが、やはり事前に、どういうリスクがあるのかを知っていただくということも、とても重要なことなので

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 文教常任委員会-11月11日-01号

そのことに関しては、子どもの通学ということに関して、どこの学区であっても抱えている不安、懸念ではありますけれども、より距離が長いということで、そのリスクがさらに大きくなるということを考えると、より綿密にその計画を立てて保護者に提示していく必要があるのだと思います。  この要旨を拝見しますと、登下校時のスクールバスとしてマイクロバスの運行を要望しますとあります。

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 区民生活常任委員会-11月11日-01号

◆阿久津皇 委員 今回、東海第二原発に対する施設的なリスクだったり地域的なリスク、こういったものに対しては大変よくわかりました。請願者の皆さんが御心配されるのもよくわかりました。ただ、一方で、施設安全性の判断というものは、国であったり、原子力規制委員会が行うものであって、なかなか我々がここで判断するのは難しいだろうというふうに思っているところでございます。  

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 企画総務常任委員会-11月11日-01号

ただ避難のレベルの段階をスリーにしているときは、結局、その後が、フォーに進むか、三でとどまるかというところの見きわめが非常にきつかったことと、これは言いわけになってしまうから、本当に我々もこれからそれを教訓にして次のステップに入りますけれども、夕方近くなってきたときからが一番悩みどころで、今の避難行動の動きと、これが加速したときに、今度はリスクが出るのかどうかということをてんびんにかけさせていただきました

江戸川区議会 2019-11-05 令和元年11月 文教委員会-11月05日-08号

本年5月に全戸配布をいたしました江戸川区ハザードマップ情報を正しくご理解いただくために、江戸川区の地形をもとにした水害リスク水害への備え、そして水害時の対応の3部構成で展示をしてまいります。  一人ひとりが広域避難を真剣に考えて自らの命、家族の命を守るために、広域避難をどうしていけばいいかというようなことを写真や映像、グラフ地図等で視覚的にわかりやすく展示をしてまいります。  

板橋区議会 2019-11-05 令和元年11月5日健康福祉委員会-11月05日-01号

◆しいなひろみ   医療的介入が必要な難聴者は、軽度難聴を含めると、全国で900万人いると言われておりまして、新オレンジプランでも明記されているように、難聴が認知症、機能低下のリスクの1つと現在されているかと思います。  先ほどの900万人のうち、高度難聴者は40万人既にいるそうです。これからの10年間に、さらにふえていくと予測もされております。

国分寺市議会 2019-11-05 令和元年 庁舎移転に関する特別委員会 本文 開催日: 2019-11-05

そういう人口密度が高いと、いい面と悪い面があるんでしょうけども、それだけ密集しているがゆえに、災害リスクというのも必然的に高いんだと思います。人が密集しているということは、住宅も密集しているわけです。そういうところで高木町などを筆頭に、防災意識が非常に強い、高い市民が多いというのも、そういったところに裏づけられているんだろうと。

板橋区議会 2019-10-29 令和元年第3回定例会-10月29日-04号

一方で地方消費税交付金の大幅な減収、住民法人税の一部国税化、ふるさと納税制度による影響に加えて国内外の景気動向を楽観視することはできず、財政規律を堅持し、リスクに備えた財政運営が求められていることに変わりません。  平成30年度一般会計決算は、歳入が2,157億7,000万円、歳出が2,111億6,000万円となり、46億円の歳入歳出差引額となりました。