73件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2018-11-14 平成30年 11月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会-11月14日-01号

そして、ランドスケープの考え方につきましては、ただ緑を植える、再現するというだけでなく、もともとの自然に根差した一体化するような緑づくりをしてほしい。ケヤキに限らず、多様性のある植栽にしてほしいという御意見。  区民会館の整備に関する考え方につきましては、音響については性能が向上する計画が示され、安心した。

千代田区議会 2018-05-25 平成30年地域保健福祉委員会 本文 開催日: 2018-05-25

プロポーザル方式によりまして、この(2)、3)にございますように、株式会社東京ランドスケープ研究所という事業者にコンサルタントを委託して、資料の作成であったり、会議の運営の補助、あるいは最新の情報提供等々、適宜コンサルティング能力を活用していきたいと考えてございます。  

杉並区議会 2018-03-13 平成30年予算特別委員会−03月13日-09号

世田谷区本庁舎改築工事のプロポーザル選定審査委員会の中には、建築のほかに、防災ランドスケープなどの専門家も入っている、そういった視点で公共建築物ランドスケープなどの視点も入れていこうという積極性が見てとれると思います。こういった例が参考になると思いますが、いかがでしょうか。

武蔵野市議会 2018-02-23 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 開催日: 2018-02-23

市民参加で行ってきた新クリーンセンター建設事業は、もともと新管理棟、ランドスケープ、エコプラザ(仮称)を含め、平成31年度で工事を完了する計画で進めてきました。事業の完了を第一として進めるものであり、エコプラザ(仮称)だけを延期する理由はございません。エコプラザ(仮称)の整備において、旧事務所棟3階減築を平成30年度に予定しています。

町田市議会 2017-09-13 平成29年建設常任委員会(9月)−09月13日-01号

基本設計は、商業施設とのランドスケープ、先ほど申し上げたように景観とか造園計画、これと整合性を図るため、商業施設と同一のランドスケープ業者を選定しております。  また、鶴間公園の明日を考えるワークショップというのを1回目は緑の関係、2回目は光、3回目は健康づくりなどをテーマとして全5回開催して、約180人の参加をいただいたと。

世田谷区議会 2017-09-06 平成29年  9月 都市整備常任委員会-09月06日-01号

◎清水 都市デザイン課長 専門家については、現在、建築物等に関しても事前協議を行っておりますけれども、そこにはランドスケープ専門家都市デザイン専門家、それから色彩の専門家が入っております。今回、屋外広告物の協議が新たに始まりますと、新たな専門家を追加する必要があると思うんですが、やはり都市デザインですとか色彩に関する専門家、それと屋外広告物専門の専門家に入っていただくことを考えております。

大田区議会 2017-07-14 平成29年 7月  地域産業委員会−07月14日-01号

資料右上でございますが、これは、昨年度の基本構想・基本計画時にお示しいたしました、当施設を取り巻くランドスケープの図でございます。影のかかった部分が当施設でございまして、隣がキャンプ場となっております。キャンプ場は非常に人気の高い施設でございますので、影響を最小限にして整備していきたいと考えております。  

目黒区議会 2017-06-22 平成29年都市環境委員会( 6月22日)

まず、今回の音楽大学が、みどりの鎌倉街道またはランドスケープの中でどういったことを目標としてやっているかということにつきましては、先ほど委員おっしゃったとおり、昔ながらの鎌倉街道というものを復元するということが大きなコンセプトとしてあります。

八王子市議会 2017-06-09 平成29年_第2回定例会(第2日目) 本文 2017-06-09

あともう一つ、以前提案した中で、新しくつくる建物だったりとか、そういったランドスケープだったりとかというものの設計八王子市は余りやったことがないみたいですけれども、コンペ形式で設計者を選定してもらうということがいいかなというふうに思っていまして、それは以前も提案したんですけれども、建物自体が魅力的なものになって、世間から注目を浴びて、ここに訪れてみたいなというような、そういったデザインも大切だと思

世田谷区議会 2017-04-11 平成29年  4月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会-04月11日-01号

それで、今回設計にかかわりまして、本庁舎等の整備に関しましては、庁舎、ランドスケープ、いわゆる広場の部分、それから、音響等も含めました多目的ホールということで、その協力事務所、構成員、さまざまな状態が考えられるということの中で、逆な意味で言うと、何社かに絞るといったところでは、こちらの設計の幅を狭める部分も出てくるのではないかという部分におきまして、そちらの幅、数等は決めないで、参加について幅広くできるよう

世田谷区議会 2017-03-09 平成29年  3月 予算特別委員会−03月09日-03号

この基本構想を実現する設計者を選定するために、行政建築環境、ホール計画、都市計画建築ランドスケープ環境防災など、それぞれの専門分野から公正に審査できる専門家が必要と判断し、設計者審査委員会については、各分野の専門家であります七名の学識経験者に委員をお願いしたところでございます。