26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

調布市議会 2020-03-05 令和2年 第1回 定例会−03月05日-03号

交通機能の弊害となっている踏切解消、長年の課題、悲願である清水架道橋ボトルネック解消を遂げられるチャンスでもあります。その実現のためにも、本市が決められた令和7年度までに調布駅前広場整備を完結させるとのスケジュールを厳守し、もうこれ以上、駅前整備計画を遅らせることのないよう、令和7年度以降の交通基盤整備つつじヶ丘−柴崎駅の連続立体交差事業へと集中できるよう計画を立てるべきです。

町田市議会 2019-12-06 令和 元年12月定例会(第4回)−12月06日-04号

あかずの踏切歩行者ボトルネック解消に向けた抜本的対策といたしましては、小田急線立体交差化効果的であると考えられます。また、まちづくりの観点からも立体交差化は、町の分断を解消し、にぎわいの連続性確保できるものでございます。  しかしながら、立体交差化を実現するためには、都道町田街道中央橋及びJR横浜線、2級河川の境川を横断しなければなりません。

日野市議会 2018-09-20 平成29年度一般会計決算特別委員会 本文 開催日: 2018-09-20

備考欄上段、15工事請負費については、JR日野駅北の交通ボトルネック解消に向けて、平成29年度から30年度の債務負担行為として、延長約280メートルの道路改良工事東京補助金を活用し実施したものでございます。なお、平成18年度着手の本事業は、平成30年5月で全事業完了となりました。  次に、その下、事業番号5、無電柱化事業経費でございます。

日野市議会 2018-03-26 平成30年度一般会計予算特別委員会 本文 開催日: 2018-03-26

JR日野駅北の交通ボトルネック解消に向けて、延長約150メートルの街路築造工事を、東京都市町村土木補助金を活用し、平成29年度からの債務負担行為で実施するものでございます。なお、平成18年度着手の本事業平成30年度で全事業完了となります。  次に、その下、事業番号5、無電柱化事業経費でございます。  330、331ページをお開き願います。  

八王子市議会 2014-02-05 交通対策特別委員会(2月5日) 本文 2014-02-05

それにしても、公共交通を順調に動かすためにはまだまだやらなきゃならないのかなとは思うんですけれども、今まで手段は、バイパス整備であるとか、ボトルネック解消、パーク・アンド・バスライド時差通勤とか、幾つか考え方は書いてありますけれども、これは、今度この研究の中で研究していくことになると思います。

日野市議会 2012-09-21 平成23年度一般会計決算特別委員会 本文 開催日: 2012-09-21

幹線道路交通ボトルネック解消と、老朽化した橋梁のリニューアルを目的に、平成18年度から取り組んできました本事業は、平成23年度をもって事業完了となりました。  その下、(3)日野宿通り周辺再生整備事業経費の15工事請負費につきましては、国の社会資本整備総合交付金を活用し、日野第一小学校前の市道B48号線の景観整備歩道新設工事を実施したものでございます。

板橋区議会 2012-02-24 平成24年2月24日災害対策調査特別委員会−02月24日-01号

その1つが各課マニュアル策定見直し、まずは策定に入りまして、その後復旧のボトルネック解消のための対策の実施という点では、19ページに移りますけれども、全部署に共通するような話題としては設備の耐震対策業務マニュアル整備指定管理者等に対しての被災時の対応の担保、そして執務環境整備といったようなものを挙げてございます。  

葛飾区議会 2011-03-01 平成23年第1回定例会(第3日 3月 1日)

平成23年度は、BCP管理運用において、各課におけるボトルネック解消策の検討、災害対策マニュアルの作成などにあわせて、地震発生後のさまざまな状況に応じて、管理職を含め年齢や職層ごと効果的な研修・訓練計画を立ててまいりたいと考えております。  次に、健康危機管理編とICT−BCPに関してのマネジメントについてお答えをいたします。  

国立市議会 2010-09-06 平成22年第3回定例会(第3日) 本文 開催日: 2010-09-06

東側ガード下拡幅工事東京都のボトルネック解消事業です。これによって、狭く危険な通行が改善されます。また、車両片側通行であったものが両側通行になり、交通円滑化が図れます。しかし、旭通りを貫通する3・4・10号線全体工事に自動的に連動するものであってはなりません。3・4・10号線は総額50億もかかり、財政的にもその効果においても重大な問題があります。

板橋区議会 2009-10-27 平成21年10月27日決算調査特別委員会 都市建設分科会−10月27日-01号

また、以前、都市建設委員会でも報告させていただきましたが、どちらかというと渋滞ボトルネック解消のために高速道路車線をふやすと、熊野町の車線をふやすという工事も実は話は聞いておりまして、これもちょっと都議会の承認がないと事業採択ができないということで、少し都議会に上程するのがおくれているという話は聞いておりますが、その辺の状況もあわせて首都高速状況につきまして、または外環の情報につきましては入手

東久留米市議会 2007-06-14 平成19年第2回定例会(第5日) 本文 開催日: 2007-06-14

また、土地所有者の方々の御理解、御協力を得られた路線につきましても、道路拡幅整備及びボトルネック解消整備が進んでいるところでございます。五小通りにおきましても、一部ではございますが、児童・生徒の安全を確保するため、今年度、歩道拡幅整備を実施し、南沢通りにつきましても安全な歩道に向けて引き続き道路用地確保に努め、整備してまいりたいと考えております。

西東京市議会 2007-06-12 西東京市:平成19年第2回定例会(第3日目) 本文 2007-06-12

重点施策は比較的早い段階での整備が見込まれるものを抽出しており、現在事業中及び第三次化路線に入っている都市計画道路の整理が16カ所、保谷南口地区の再開発、そしてひばりヶ丘駅周辺まちづくり推進、それから保谷新道ボトルネック解消が2カ所、歩道整備3カ所ほかとなっております。重点施策はいわばこの交通計画の第1段階で、重点施策完了の後、ほかの施策へと移っていく、そういった構成になっております。

青梅市議会 2007-06-11 06月11日-02号

さらに、千ヶ瀬バイパス延伸事業代替地の提供や、また青梅線アンダーパス部ボトルネック解消など東京都に協力するとともに、主要道整備要請を行っております。 このほか、道路網の着実な整備や旧青梅街道補修工事では、市といたしまして、歩道カラー舗装化装飾街路灯整備を実施いたしました。 次に、「みんなで創る街」では、市民と市長の懇談会などを開催し、市民との対話を重視してまいりました。

国立市議会 2006-03-28 平成18年第1回定例会(第6日) 本文 開催日: 2006-03-28

駅東側ガード下拡幅工事東京都のボトルネック解消事業です。これによって、狭く危険な通行が改善されます。また、車両片側通行であったものが両側通行になり、交通円滑化が図れます。しかし、旭通りを貫通する3・4・10号線全体工事に自動的に連動するものであってはなりません。3・4・10号線は総額50億もかかり、財政的にもその効果においても重大な問題があります。

国立市議会 2006-03-02 平成18年第1回定例会(第2日) 本文 開催日: 2006-03-02

国立駅の東側ガード部分ボトルネック解消事業ですが、現在は信号による片側通行ですから、渋滞は単純に半分になります。東京都の補助事業であり、有効な事業です。高架化事業によって、他の部分でも、南北交通が開けますから、渋滞解消されます。しかし、全体的に見ると、国土交通省でも、東京都でも、道路計画見直しがされていて、予算確保が大変難しくなってきました。

八王子市議会 2005-11-30 平成17年_第4回定例会(第1日目) 本文 2005-11-30

交通体系上もボトルネック解消に寄与すると考えられます。本年3月末に10日間、無料の開放をいたしましたが、通常の3倍、約1万台の交通量があったこともありまして、周辺道路の緩和もされております。新滝山街道の開通に合わせまして、料金の見直しについて東京都に要望しているところでございます。  

小平市議会 2005-09-08 09月08日-04号

3点目、玉川上水通りの一方通行から小川橋に入るボトルネック解消対策について伺います。 大きい3点目です。みどりの公募債の活用で緑の保全を。 これは代表質問一般質問で同種の質問がありましたが、表題からの予測は不可能で、なるべく重複は避けますので、よろしくお願いいたします。 昨年9月の一般質問で提案し、1年がたち、今回2回目の質問となります。

  • 1
  • 2