375件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2021-03-24 令和 3年  3月 予算特別委員会−03月24日-08号

世田谷区は、国からの今後のプラスチック資源循環施策あり方についてという意見聴取に対し、発生抑制推進を強く求めたというふうに聞いています。世田谷区内からのプラスチックごみ発生を減らすためには、できるだけ多くの区民事業者使い捨てプラスチック容器を使わない暮らしを楽しめるという状況をつくることが必要だと思います。  

世田谷区議会 2021-03-15 令和 3年  3月 予算特別委員会-03月15日-04号

三月九日、プラスチック製品削減を目指す新本案プラスチック資源循環促進法案が閣議決定されました。七月よりレジ袋が有料化され、消費量が減っても、コロナ禍のステイホームの影響でデリバリーやテイクアウトが増え、全体的には、プラスチックごみは増大しています。世田谷区も一月データで、プラごみを含む可燃ごみが前年同月比三・五%、ペットボトルは一四・六%増加、ここ一年ほど前年を上回っているとお聞きしています。

葛飾区議会 2021-02-25 令和 3年第1回定例会(第2日 2月25日)

この計画を踏まえて、令和元年5月には、近年、世界的に問題になっている海洋プラスチック問題、いわゆるマイクロプラスチック海洋環境に及ぼす深刻な影響への対策を総合的に推進する、プラスチック資源循環戦略を策定し、3Rと効果的・効率的な持続可能なプラスチックリサイクルを行い、海洋プラスチックゼロに向けた対策を行うこととなりました。

国分寺市議会 2021-02-21 令和3年 第1回定例会(第2日) 本文 開催日: 2021-02-21

リサイクルセンターの整備について、「国が策定するプラスチック資源循環策在り方を踏まえつつ、これと合わせてペットボトルせん定枝についても処理品目として改めて検討する必要があることから、事業スケジュールを1年延伸して取り組んでまいります」とのことですが、具体的にどのような検討が考えられるのか、現状を含めてお伺いします。

板橋区議会 2021-01-19 令和3年1月19日区民環境委員会−01月19日-01号

国のプラスチック資源循環戦略東京都のゼロエミッション東京戦略、それとプラスチック削減プログラムを策定しまして、廃プラスチック焼却量を40%削減するという目標を掲げているところでございます。各区の実情に合わせまして、リサイクル化を図っていくというようになっております。  (3)としまして、具体的な取組です。  

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年企画総務委員会(12月 9日)

今回の調査では、③の防災、⑪の自転車の安全利用について、⑫のプラスチック資源分別新規項目として追加したほか、各項目の中で新型コロナウイルス感染症による区民生活の変化を把握するための設問なども設定いたしました。  (6)の有効回答数は1,506票で、(7)の有効回収率は50.2%でございます。

足立区議会 2020-12-03 令和 2年 第4回 定例会−12月03日-02号

次に、容器包装リサイクル法に基づくプラスチックリサイクルを行うべきとの御質問につきましては、現在、国が今後のプラスチック資源循環施策在り方について検討しており、今年度内に制度具体案をまとめるとのことですので、その内容を十分に精査した上で、区民分別の手間や多大なコストに見合う方策を見いだすべく検討してまいります。  

葛飾区議会 2020-12-01 令和 2年建設環境委員会(12月 1日)

SDGsの採択をはじめとしまして、循環型社会形成推進基本計画プラスチック資源循環戦略等が策定されまして、持続可能な資源循環型地域社会が求められているところでございます。食品ロス削減推進に関する法律も定められまして、市町村におきまして食品ロス削減計画の策定が努力をすることというように規定がされました。

豊島区議会 2020-11-10 令和 2年環境・清掃対策調査特別委員会(11月10日)

6番でございますが、製品プラ動向ということでございますが、今国の動向というところでございますけれども、具体的には、それこそ洗面器ですとか、プラスチック製製品のものについても、プラスチック資源として分別回収することが求められるというふうな形で、というふうな方向性が示されているというところでございます。

板橋区議会 2020-10-22 令和2年10月22日決算調査特別委員会−10月22日-01号

こうした中、昨年5月に策定された国のプラスチック資源循環戦略では、2035年までに使用済みプラスチックを100%有効活用することなどの目標が設定されました。また、日本は昨年5月にプラスチック資源循環戦略を策定し、30年までに使い捨てプラスチックを累積で25%排出削減、35年までに100%リユース、リサイクルで有効利用する目標を掲げました。