8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

清瀬市議会 2010-12-09 12月09日-04号

品目別構成比不法投棄を見ますと、エアコンが1.9%、ブラウン管テレビが64.6%、液晶プラズマテレビが0.3%、冷蔵庫冷凍庫が20.8%、洗濯機衣料乾燥機が12.4%とテレビが圧倒的に多く、2009年度の不法投棄増加分の11.6%の多くをテレビが占めるという結果になっております。来年7月の地上デジタル放送への移行によるテレビ買いかえによるものだとも見られております。

港区議会 2009-02-05 平成21年2月5日交通・環境等対策特別委員会−02月05日

家電リサイクル法は、平成13年4月に施行されてございますがブラウン管テレビ、家庭用冷蔵庫洗濯機エアコンの4品目取り扱い品目となってございます。今回の改正によって液晶テレビ及びプラズマテレビのいわゆる薄型テレビ、さらに衣類乾燥機家電リサイクル法対象品目として追加され、本年4月1日から適用されます。

青梅市議会 2007-12-10 12月10日-02号

現在、青梅市を含む都内市区町村におきましては、平成13年4月の家電リサイクル法施行に伴う東京都の提案を受けまして、廃家電品目、すなわちブラウン管テレビ、エアコン、それから洗濯機冷蔵庫冷凍庫、この4品目は直接取り扱わないこととしておりまして、これらを廃棄する場合は、購入した小売店、または買いかえをする小売店に引き取りを依頼するよう定めております。

港区議会 2001-03-01 平成13年3月1日交通・環境等対策特別委員会−03月01日

あと、今、テレビとおっしゃいましたけど、小さい、いわゆるプロジェクター方式テレビ液晶型のテレビあとレコーダー等対象外となっておりまして、一般的なビデオ一体型とか、いわゆるブラウン管テレビって、昔からあるテレビですね、ああいったテレビがこういう今回の法律対象でございます。  プロジェクター液晶については対象外、先生がおっしゃった小さいのは多分対象外だと思います。  

瑞穂町議会 2000-12-07 12月07日-02号

来年4月から家電リサイクル法特定家庭用機器商品化法)が施行され、エアコンブラウン管テレビ、冷蔵庫洗濯機の4品目について、家電メーカー自社製品リサイクルを義務づけた法律です。現在は買い換えなどによって小売り業者が引き取り処分するルートと、これに対して引っ越しなどで生じた家電商品は粗大ごみとして町のクリーンセンターにおきまして、重量に応じた負担をし、処分をする方法があります。 

あきる野市議会 2000-09-05 平成12年第3回定例会(第1日目)  本文(一般質問) 2000-09-05

この法律は、1998年に制定をされ、来年の4月から家電品目、すなわちユニット型エアコンブラウン管テレビ、電気冷蔵庫電気洗濯機小売業者への引き取り、製造業者などの再商品化を義務づけます。  ところが、市が行う改修処理ルートもそのまま残されることになります。  

  • 1