22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大田区議会 2014-09-17 平成26年 9月  保健福祉委員会−09月17日-01号

また、健康づくりネットワークグループ共同で、「健康づくり大・作・戦!」の実践編パンフレット別冊ウォーキングマップなどを作成しております。1枚おめくりいただきまして、健康づくりの推進では、健康診査各種検診健康相談実施もいたしております。女性特有がん検診受診率を上げるため、乳がん検診での検診車の導入に加え、子宮頸がん検診でも検診車を導入いたしました。  27ページをごらんください。

東久留米市議会 2013-10-11 平成25年決算特別委員会(第3日) 本文 開催日: 2013-10-11

また、周産期医療につきましては、東京都周産期医療体制整備計画──これは平成22年度から26年度までの5ヵ年を期間とするものでございますが、これによりますと、周産期医療資源が不足している状況から、全都での取り組みに加え、多摩地域における周産期母子医療センター等拡充連携体制強化を図っていくとのことであり、多摩地域周期医療ネットワークグループが構築されてございます。

清瀬市議会 2010-12-02 12月02日-01号

平成21年度の事業概況として、新型インフルエンザへの対応、がん診療体制充実を目標に、がん相談窓口の設置、がん患者データベース化診療科合同による症例検討緩和ケア研修会などの実施、また、紹介・逆紹介共同診療などを促進して近隣医療機関との連携を深めたこと、周産期医療ネットワークグループに参加して幹事病院を務めたこと、圏域における救急医療東京ルール立ち上げに向けて、地域救急病院との協力・調整

北区議会 2009-09-01 09月11日-09号

現在、東京都では、周産期母子医療センター、周産期連携病院診療所助産所から成る複数のネットワークグループを構成し、連携強化のための基盤づくりを進めており、区西北部保健医療圏では、北区の区内の医療機関も参加し、周産期ネットワークグループ連携会議が開催をされています。今後とも、周産期医療体制充実に向けて、東京都や北区医師会を初めとした関係機関等との連携を十分図ってまいります。 

小平市議会 2008-11-28 11月28日-04号

こうした状況に対し、東京都は、医師確保等対策の効果があらわれるまでの間は、既存の医療資源を最大限に活用することが必要であるとして、周産期母子医療センター病院診療所等から成る周産期医療ネットワークグループを構成し、医療機関等機能に応じた役割分担連携強化を図っていくこととしているところでございますので、市といたしましても、その進捗を見守ってまいりたいと考えております。 

北区議会 2008-11-01 11月25日-13号

また、東京保健医療計画では、安全な周産期医療を提供するため、正常分娩からハイリスク分娩を担う医療機関機能別役割分担連携を進める周産期医療ネットワークグループを都内に複数構成するとともに、周産期母子医療センター地域医療保健・福祉の関係機関等との連携による取り組みを進めるとしていますので、周産期医療体制充実に向け、東京都や関係機関等との連携を図ってまいります。 

渋谷区議会 2008-11-01 11月28日-13号

御指摘の周産期医療小児救急を含む小児医療につきましては、医療計画の中に定める事項として明示されており、東京都も周産期医療ネットワークグループを組むなど、供給体制整備計画をつくっていたところでございますけれども、医療従事者確保の努力が足りなかった。さらに制度的な問題が今回表明したのが、先日の事件であったと考えております。 

港区議会 2008-10-02 平成20年度決算特別委員会−10月02日

産業振興課長横山大地郎君) 地域クラスター形成事業は、精密板金ですとか印刷等特定地域に比較的集積している産業中小企業ネットワークグループを形成し、相互得意分野技術を出し合い、連携することで、中小企業の枠を超えた共同技術開発新規事業参入を進めることを目的としてございます。  

小平市議会 2008-09-09 09月09日-02号

また、東京都では、今後周産期医療ネットワークグループを構成し、医療機関等機能に応じた役割分担連携強化を図っていくこととしております。 市におきましては、日ごろより周産期医療機関との連携ネットワークづくりに努め、妊娠届け出時の保健師による面接相談や、リスクの高い若年や高齢妊婦などへの妊婦訪問指導などの取り組みを行っております。 ○15番(立花隆一) 御答弁ありがとうございました。 

小平市議会 2008-06-05 06月05日-03号

東京都では、今後、周産期医療ネットワークグループを構成し、医療機関等機能に応じた役割分担連携強化を図っていくこととしております。 第3点目及び第4点目の妊婦健診の公費負担でございますが、国は、妊婦健診の望ましい回数は14回程度であり、公費負担も14回すべてを対象とすることが望ましいとしながらも、財政事情等も勘案し、5回程度公費負担が原則であるとしております。

三鷹市議会 2002-03-28 2002-03-28 平成14年 第1回定例会(第5号) 本文

昨年12月、ひとり親家庭ネットワークグループ、「しんぐるまざーずふぉーらむ」の緊急アンケートによると、88%の人が児童扶養手当は生活を支える上で安心を与えてくれると答え、95%が絶対必要、必要と訴えています。  今回、政府が行う児童扶養手当の改正によって影響を受ける対象は33万人、手当を受給している約半数に上ります。

  • 1
  • 2