6534件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-12-11 令和元年12月11日災害対策調査特別委員会-12月11日-01号

◆さかまき常行   訓練の中に入れ込めるかどうかあれなんですが、午前中もありました、特に台風水害に関しては、避難行動というところがやっぱり混乱が今回あったと思うので、自主避難と指定避難所の違いと、議論もありました、その避難行動、具体的に避難行動をシミュレーションできるかどうかはちょっとわからないんですけども、避難手順に対して何か、ごめんなさい、具体的にありませんでした。

狛江市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第23号) 本文 開催日: 2019-12-10

つまり今回の対応だけの検証にとどまらず,幾つものシミュレーションをしていくようです。狛江市検証内容については,既に答弁されておりますので,質問する予定でしたが,これについては省いていきます。  また,検証結果の公表についてもあわせて質問するつもりでしたけれども,昨日,同様の質問が出ておりました。

調布市議会 2019-12-10 令和 元年12月10日建設委員会−12月10日-01号

しかも、今、防災の問題で補正も出ていますけども、シミュレーションをやったり、カメラをつけたりと、耐震化を進めたり、これはきょうも出ていますが、長寿命化、こういうことをやっぱり本当にやっていく中で、そういうものが結局料金にはね返っていかないのかと、その辺をどうしていくのかということをお伺いしたいと思います。これが1点目です。  

調布市議会 2019-12-10 令和 元年12月10日総務委員会−12月10日-01号

◎荒木 財政課長   下水道課のほうから聞いています内容としては、今回の台風19号と同規模の雨が降った、降雨があった際に、どういった形で浸水があったのかというところをシミュレーションを立てて検証して、その上で対策のほうも検討していくという費用がこの中には含まれていると聞いております。  以上でございます。

東久留米市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第4日) 本文 開催日: 2019-12-09

イ、平成23年度に下水道使用料が改定され、平成32年度までに経費回収率が100%となる条件使用料を設定したものと認識していますが、直近年度の経費回収について、想定シミュレーションと比較した数値の推移等について伺います。  ウ、清瀬水再生センターからの不明水に関し、ペナルティーと言ってもよいかと思いますが、負担金が課せられているものと認識しています。

日野市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第5日) 本文 開催日: 2019-12-06

やっぱり自分の中でシミュレーションができるかどうか、それは本当に誰もができることではないと思いますので、例えば、前の日どうしよう、何日か前にどうしようということも皆さんが考えられるために、それを私たちは今回お手伝い、どうやってお手伝いしていくかってことの知恵出しもしていきたいなというふうに思いました。  

狛江市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第20号) 本文 開催日: 2019-12-05

今回のような浸水被害の発生を防ぐためにも,樋管の開閉に伴う浸水被害のシミュレーションを行いまして,浸水の原因究明を専門家委託するものでございます。この委託の中で行うシミュレーションをもとに,最善の樋管操作のあり方について検討するとともに,今後の対策としましてハード面やソフト面についても検討してまいります。  

東久留米市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日: 2019-12-05

この検討に当たり、担当では、受託法人施設長、地域包括支援センターのセンター長などからヒアリングを行ったり、利用実態を統計的に分析するなど、さまざまなシミュレーションを行っております。  さらに、高齢者の皆さんの声を聞き、地域包括支援センターに対するニーズを把握するため、この12月には高齢者アンケートを実施いたします。

福生市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-05

平成30年度の第3回定例会で私の質問に対して回答の中で、システムを活用して、各公共施設長寿命化の検討を行い、ライフサイクルコストを算出し、またそれをもとに費用の平準化のシミュレーションを行うと。その結果、毎年7.9億円の経費の増加が、長寿命化を図ることでどう変わるか、そのことがこの中で明らかにできると考えているという旨の答弁をいただいています。  そこで、再質問を二ついたします。  

日野市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第4日) 本文 開催日: 2019-12-05

やっぱりシミュレーション、最初から想定する、このことが大事だということが教訓ですよね。  1問飛ばしてしまったようですけど。  その部屋割りですね。例えばペット連れの方については、ほとんどが昇降口になっていますが、2校が外で想定しているんです。台風のときに、さすがに外でペット連れの方は待機してくださいってできないじゃないですか。

調布市議会 2019-12-05 令和元年 第4回 定例会−12月05日-04号

11月15日に開催された調布市議会の全員協議会の中で環境部長さんが、今後、幾つかのモデルを設定してシミュレーションをして、その結果に基づいて必要なシステムの検討もしたいという趣旨の発言をされておりますけども、ぜひともそのことへの取り組みを加速していただきたいというふうに思います。  地球の温暖化であるとか、地球全体で今、異常な気象状態が続発しております。

多摩市議会 2019-12-04 2019年12月04日 令和元年第4回定例会(第3日) 本文

これが先ほどからおっしゃっているようにプログラムが原因なのか、あるいは電気的な問題なのか、配線的な問題なのか、そういうことについては、これから今いろいろシミュレーションなども行いながら、原因究明をしていくということで、都市づくり公社でも、この製造にかかわったメーカーが3社ほどおりますので、その3社を全部集めて、合同でチームをつくってこの対応に向けて進めていくということで、明日、5日も公社とメーカーとうちの

八王子市議会 2019-12-04 令和元年_第4回定例会(第4日目) 本文 2019-12-04

神奈川県鎌倉市では、20年後の先を見据えた財政シミュレーションを行い、生活保護関連の扶助費について、将来、約1.35倍なると推計し、市の財政に大きな影響があるとして、生活保護にかかわる扶助費を軽減する考え方を示しております。  このように財政面を調査することで、また、長期予測に基づくことによって、危機意識を持ち、着手する考え方もある一方、現場からの声をきっかけに取り組みを始めるケースもございます。

調布市議会 2019-12-04 令和元年 第4回 定例会−12月04日-03号

市は、今後の対策として、監視カメラや水位計の導入、河川の氾濫状況及び浸水被害をシミュレーションするとのこと。結果をもとに施策を立案、実施することになるかと思われます。また、今回の対策ではないのですが、消防署の新庁舎が12月10日より稼働し始めます。さまざまな最新設備防災教室を備えた新たな調布市の防災拠点となります。

あきる野市議会 2019-12-03 令和元年第1回定例会12月定例会議(第3日目)  本文(一般質問)

平成8年2月7日、議員全員協議会におきまして、当時の渡辺三省助役から、富士通に関してシミュレーションの御説明がありました。その中で、平成10年には6億295万円、平成20年には13億1258万6000円の法人市民税が上がるとのお話でした。富士通の撤退に対し、創業以来の年数とこの間の同社からの税収を確認のため、もう一度教えてください。

日野市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日: 2019-12-03

シミュレーションのモデルというのは、確かに前提条件が変われば、結果は幾らでも変えられます。大切なのは、湧水群の水源が雨なのか上総層群から湧き上がってくる水なのか、前提条件をあれこれと変えて解析を行って、実態に一番近いものはどれなのか、これを検証することだというふうに思うんです。

調布市議会 2019-12-03 令和元年 第4回 定例会−12月03日-02号

今後この基礎データをもとに、狛江市を初めとする関係機関情報共有を図った上で、調布市域における多摩川流域一帯、すなわち飛田給3丁目から染地3丁目までのエリアを浸水シミュレーションを行い、今回浸水に至った原因究明を行います。さらに、このシミュレーション結果を踏まえ、ハード面での対策を検討してまいります。  

多摩市議会 2019-12-02 2019年12月02日 令和元年第4回定例会(第1日) 本文

近年、行政においても地域防災計画を立てるなどさまざまなシミュレーションや訓練を実施し、災害に備えております。  そこで今回の台風19号での対応を振り返り、今後いざというときに、よりよく、より適切で不備のない対応ができるよう皆でいま一度考え、万全な備えを市民に提供できるよう以下質問させていただきます。