20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

品川区議会 2019-03-11 平成31年度予算特別委員会(第5日目) 本文 2019-03-11

また、昨年8月、コロンビア大学研究におきましては、60デシベルの騒音に連続で長期間さらされますと、循環器疾患、神経症の発症を患う可能性が高まるということが出ておりまして、新しくそうした騒音の健康被害が非常に今、注目されてきております。これは品川区としても国土交通省に対して厳しく追及していっていただきたいと考えております。

世田谷区議会 2018-03-13 平成30年  3月 予算特別委員会-03月13日-05号

例えばかつてであれば、だっこについては抱き癖がつくから余りしないほうがいいと言われていましたが、昨年十二月のカナダのブリティッシュ・コロンビア大学医学部研究によると、乳幼児期に親と肉体的な接触が多いほうが免疫と代謝の遺伝子的にすぐれた傾向にあるとの発表がされていますし、また、最も危険なところでは、食物アレルギーについて、既に発症されていたとしても何度も食べれば治るというような風潮だったようですが、

江戸川区議会 2016-02-24 平成28年 第1回 定例会−02月24日-03号

国際開発学権威であるコロンビア大学地球研究所のジェフェリー・サックス所長はその代表的著作『貧困の終焉:二〇二五年までに世界を変える』の中で、「貧困を終わらせるには、グローバルな協力関係のネットワークが必要になろう」と述べております。「人口五千人の村であっても、一台のトラックがあれば生活物資の輸送車になり、病人を病院に運ぶための救急車にもなる。

杉並区議会 2015-09-15 平成27年第3回定例会-09月15日-18号

中室氏はコロンビア大学博士号を取得後、日銀、世界銀行を経て現在慶應義塾大学教授で、専門は教育経済学とのこと。この2人の著書の共通する結論は、経済学の視点から見れば、就学後の教育の効率性を高めるのは就学前の教育にあるとのことでした。  ヘックマンは、就学前教育を数とか文字の習得など学力で計算される認知能力と、忍耐力や社会性、意欲などいわゆる生きる力と言われる非認知能力に分別。

調布市議会 2014-12-02 平成26年 第4回 定例会−12月02日-02号

コロンビア大学のロバート・サーマン博士は、社会において教育はいかなる役割を果たすべきかとの問いに、その設問は誤りであり、むしろ、教育における社会の役割を問うべきです。なぜなら教育人間生命目的であると私は見ているからですと答えられています。教育基本法にうたわれた人格の完成という目的のために、全ての人の学びを支援することが社会の役割であると考えます。  

日野市議会 2014-03-17 平成26年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2014-03-17

69 ◯23番(池田利恵君)  戦後日本というのは、コロンビア大学のシャウプ博士という方が、大きな税制を、アメリカで実現できなかった税制を引きながら、それを田中角栄国土庁長官がですね、当時、日本列島改造論という中で、地方交付税のありようというものを、非常に大きく算定数値を変えていく中で、国土の均衡なる発展というものを果たしてきながら、平成13年の分権改革

杉並区議会 2014-03-10 平成26年予算特別委員会−03月10日-07号

それから、ワクチン接種後に急死した3人の少女の脳を調べたコロンビア大学のルチジャ・トムルジェノビック研究助手は、これほど激烈な副作用が世界中で起きているのが現実、全ての国で接種を即刻中止するべきだと言っていますが、杉並区は国に先駆けて接種したわけですから、国に先駆けて中止を宣言できないものでしょうか。

葛飾区議会 2012-10-02 平成24年地方分権・行革特別委員会(10月 2日)

だから、ハーバードでも行ってこいと、コロンビア大学でも見てこいとか、そういった発想がなくて、もう理科大、理科大と騒いでいるのです。どれだけハーバード大学の敷地があって、どういうことだと、イメージがわからないでしょう、ナンバー1の大学が。それで、東京大学にも行ってないなんて言われたから。だから、そういうことに限っては、それではもういかんと。きちんと研修をしてください。  

あきる野市議会 2012-03-09 平成24年福祉文教委員会 本文 2012-03-09

コロンビア大学名誉教授ですよね。北区にお住まいなんですよね。ずっと住まわれていて、日本国籍復興への思いを込めてされたというのを聞きまして、改めて確かキーンさんの著書なんかを読むと日本の美意識とかをすごく大事にされている方ですので、そういった思いを私たちも改めて感じてですね、復興への力を一緒に合わせていきたいと思います。  

八王子市議会 2011-12-01 平成23年_第4回定例会(第2日目) 本文 2011-12-01

コロンビア大学のレビン教授は、教育社会変革のための最も効果の遅い手段かもしれない。しかし、それは変革のための唯一の手段であると教育の重要性を述べております。また、教育というのはある意味では未来に対する投資でございます。その観点から見た場合、犠牲を強いてはならない部分であり、さらに言えば義務的な経費であるとも言えるわけでございます。

杉並区議会 2005-02-22 平成17年第1回定例会−02月22日-03号

そこで、私が思い出すのは、コロンビア大学のサーマン博士の話であります。博士は、インタビュー記事の中で、社会における教育の役割について教授はどのような考えを持っておられますかとの質問に対して、次のように答えます。私は、むしろこの質問は、教育における社会の役割は何かであるべきだと思いますと。なぜなら、教育人間生命目的であると私は見ているからですと。私はこれを読んだときに、考えさせられました。

三鷹市議会 2003-09-25 2003-09-25 平成15年 第3回定例会(第5号) 本文

アメリカの著名な経済学者でコロンビア大学教授のジェフリー・サックス氏は、次のように述べております。「駐留米軍は、社会経済基盤に対する破壊活動を阻止できず、むしろ米軍の占領そのものが国内外の武装勢力を寄せ集め、多数の米軍の死傷者を出すなど占領政策は行き詰まりを示している」と強調しまして、「各国は米政権からの要請を拒否すべきだ」と、このように述べています。

武蔵野市議会 2003-09-19 平成14年度決算特別委員会(第3日目) 本文 開催日: 2003-09-19

こういうことは、比較的年齢の若い人で、これはコロンビア大学で教鞭をとっていらっしゃる方からの提案だったんですけれども、まあまあおもしろかったのかなと思っております。  これからも意欲的な試みについて頑張っていきたいと思っておりますが、実はこれは役人にとっては非常にはらはらのし通しでございまして、御承知のような、ああいう暗いところでやりましたし、あそこで足を踏み外したらどうなんだとか。

三鷹市議会 1999-09-29 1999-09-29 平成11年 第3回定例会 資料

──────                  略  歴  書(議案第62号)         みや なが くに こ   氏  名  宮 永 國 子   生年月日  昭和20年4月1日   現住所   東京都三鷹市新川四丁目25番24-3号                      学    歴   昭和42年3月  国際基督教大学教養学部人文科学科卒業   昭和59年12月  ブリテッシュ・コロンビア大学

あきる野市議会 1995-12-07 平成7年第1回定例会(第3日目)  本文(一般質問) 1995-12-07

また、松任市でありますけれども、ここは大学が誘致をされておりまして、金城短期大学コロンビア市のコロンビア大学というのがありまして、そこが既に学生・教職員交換交流を行っており、またさまざまな学園都市というイメージからも、そのような大学学校を利用して交流を行うことが大変ふさわしいのではないか。

八王子市議会 1989-09-26 平成元年_第3回定例会(第5日目) 本文 1989-09-26

シャウプ勧告、1949年5月、コロンビア大学教授――当時ですね、シャウプ博士を団長とする7名の租税専門家が来日し、我が国の税制について調査、研究し、恒久的な税制を樹立するために勧告した日本税制報告書なるものであります。この勧告によってなるほど税制全体を通じて、直接税に重点を置き、間接税はむしろ軽減、廃止する方向が打ち出されたのは事実であります。

  • 1