7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

港区議会 2019-11-21 令和元年11月21日交通・環境等対策特別委員会-11月21日

次に、光については、計画建物の外装には、大きな反射光を発生させるような材質のものを使用しない計画とするほか、屋外の照明器具については、ガイドライン等を参考に照射方法やグレア等に配慮して設置するなどにより軽減に努めていくとしております。  13ページをごらんください。緑、緑化の関係です。

世田谷区議会 2018-09-20 平成30年  9月 定例会-09月20日-03号

厚生労働省は、新VDT使用ガイドラインによって、対象となる作業、事務所等での作業内容などを規定し、連続作業と連続作業の間に十分から十五分の作業休止時間を設けるなど、連続作業時間及び休止時間を定めるとともに、照明や採光のあり方、業務量のあり方、グレアの防止、健康管理や健康診断のあり方等まで触れております。  

あきる野市議会 2013-09-19 平成24年度決算特別委員会(第2日目) 本文 2013-09-19

それと視距の低下グレアといいまして、これは要するにまぶしさの問題です。それから誘導性、要するに道路がしっかりと見ていけるかどうかという部分でございます。あと、施工性という部分を実証実験ということで行いました。  その評価ということでございますけれども、一応、都市整備部の中に部長を含めました4名の審査をする委員を選びまして、それぞれただいまの項目について審査を行いました。

羽村市議会 2012-09-20 平成23年度一般会計等決算審査特別委員会(第2号) 本文 2012-09-20

また、LEDの街路灯につきましては、家庭用のLED照明というのは普及されておりまして、今後も建築物の中にも率先して採用していきますけれども、街路灯みたいな大きなものについては、いろいろ今製品がようやく出揃いまして、その安定性とか、グレアとか、明暗のところとか、いろいろと障害もできてるところもありまして、それをまとめて東京都のほうで、こういう機種であれば採用はオッケーであるとか、そういう判断を含めてやっておりますので

小平市議会 2009-09-10 09月10日-04号

しかし、実証実験でございますが、私ども労働安全衛生規則、それから事務衛生基準規則というものがございまして、事務所内の作業ごとの照度の最低基準も定められておりますことから、その基準をまず確保すること、それから日本工業規格、JIS規格でございますが、ここで要素として定められております照度、それからグレア、これはまぶしさですか、影、それから光色等の基準を確保することも必要でございます。

府中市議会 2009-06-10 平成21年第2回定例会(第10号) 一般質問 開催日: 2009-06-10

ただし、ちょっとここで、光というものの特性について調べたことを申し上げたいと思うのですけれども、照明器具の水平方向から上下数十度といいますから、ここからこういう範囲については、グレア領域と呼ばれているそうです。この領域から出る光は、まぶしさがかなりあって、照明をむだにしているということが言われているそうです。

  • 1