9809件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 区民生活常任委員会-11月11日-01号

一つ目は、東海第二原発は、万一事故を起こせば、三十キロ圏内だけでなく、首都圏の住民の避難等に深刻な影響を与える。二つ目は、東海第二原発は、東日本大震災の際、設備停止するなど、防火対策耐震性に問題がある老朽原発であるということ。三つ目は、東海第二原発の近隣に危険な原発関連施設が多くあり、関連施設で連鎖的な事故が懸念されるということ。

世田谷区議会 2019-10-15 令和 元年  9月 決算特別委員会−10月15日-08号

東京から五十キロ圏内の郊外の中古物件であれば、今でも二百万円ぐらいで購入できる。物価も都心の三割ぐらい安くなるので、生活コストを下げることができます。そんなことで何とかなるのか、あるいはそんなことができるのかと思われるかもしれませんが、ここまで問題が深刻化してしまった今、個人でできることはそんなことぐらいしか残されていないと現実を直視して、行動に移すことが大切なのですとのことです。  

杉並区議会 2019-10-10 令和 元年決算特別委員会−10月10日-09号

◎杉並土木事務所長 区道622キロのうち、路面下空洞調査探査車が調査できる路線556キロ、約9割を調査した状況でございます。 ◆渡辺富士雄 委員  ちなみに、9割というのは、区道総延長というのは実際に何キロあるんでしょうか。 ◎杉並土木事務所長 区道総延長は、先ほども申しましたように、622キロでございます。 ◆渡辺富士雄 委員  済みません、聞き漏らしました。  

世田谷区議会 2019-10-09 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月09日-06号

小田急線の上部利用については、世田谷代田から下北沢、東北沢にかけて延長約一・七キロに及ぶ大規模な開発計画となっております。この上部利用において、区と小田急電鉄の施設整備が進んでいます。  世田谷代田駅から西側区間では、区が整備した通路や代田富士356広場に加え、賃貸住宅や複合施設の世田谷代田キャンパスなどの小田急電鉄の施設がオープンしています。

東久留米市議会 2019-10-04 令和元年決算特別委員会(第3日) 本文 開催日: 2019-10-04

キロの区間で5カ所の空洞を発見し、そのうち2カ所については早急に対応をしたということで確認をいたしました。あと事業年数は今年度も含めて3カ年ということになりますので、引き続き対応方よろしくお願い申し上げたいと思います。  まず、施設整備については、今後、決まった事業者と御相談の上、目印等はつけていきたいということは考えているという御答弁でございました。  

葛飾区議会 2019-10-03 令和元年決算審査特別委員会第3分科会(10月 3日)

○(米山真吾委員) 雑紙を回収の中に取り入れていくというのが一つやり方としてあると思うのですけれども、ただ、紙ですから、かさばったり、あるいはその重さ、報奨金は単位が重さですよね、キロ当たりですから、そこら辺の何と言うか、たくさん集めるのだけれども、ちょっとかさばっていて、なかなか報奨金につながらないというようなことで、何か逆に集めるのがちょっと後ろ向きになってしまうということだと、ちょっと課題かなと

東久留米市議会 2019-10-02 令和元年決算特別委員会(第1日) 本文 開催日: 2019-10-02

2016年3月に決定された「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」では、残された1210キロメートルの未整備路線のうち、9区間、約5キロの路線を見直すだけで、320区間、226キロメートルを優先整備路線としています。都市計画道路の大幅な見直しをせず、このように大量に整備する方針をいまだとっているのは東京だけです。

世田谷区議会 2019-10-02 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月02日-03号

災害時の給油をめぐりましては、東日本大震災時に大混乱をした経緯から国は石油備蓄法を改正しまして、警察署消防署までの距離が半径一キロ以内などの基準で自家発電機を備えた中核サービスステーションを全国千六百カ所に整備をしたとしております。しかし、これらはパトカーや救急車など、緊急車両への給油を優先するもので、住民、区民は後回しとなっています。その所在地も非公表です。  

杉並区議会 2019-09-26 令和 元年 9月26日道路交通対策特別委員会−09月26日-01号

この路線は、田園調布からずっと、環8を通って、赤羽から122を通って、神谷で環7を通る、60キロ近い路線ということは認識をして、私たち杉並区の住民にとっても非常に期待しているところでありますけれども、平成12年に今後整備について検討すべき路線、平成28年に地域の成長に応じた鉄道ネットワークという位置づけになったということは、だんだんと前進をしているのかなというふうな認識は持っております。  

世田谷区議会 2019-09-25 令和 元年  9月 オリンピック・パラリンピック等特別委員会-09月25日-01号

◎中潟 オリンピック・パラリンピック担当課長 以前、世田谷の中でどういったところというのは、昨年度あったというのは伺っているんですけれども、世田谷区とすると、今三十三名、大体二百メートルということで、六キロのコースというところが見えている状況で、ただ、私どものこういったところが世田谷区にありますよということに対しての提案はあったんですけれども、その後、スタートが決まってコースを選定するということについては

世田谷区議会 2019-09-24 令和 元年  9月 都市整備常任委員会-09月24日-01号

引き続き、当地、大道と言われる地区でございますけれども、大道で着手いたしましたが、同時に大蔵のほうでもただいま認可取得に向けて準備中でございますし、今、東京都においても、せんだって北烏山のほうで補助二一九号の事業説明会もございましたが、同じように区東部におきまして、補助二六号線、これは延長も約一キロほどある大きなものですが、これについても、いよいよその用地説明会の段階に来たと。

日野市議会 2019-09-19 平成30年度一般会計決算特別委員会 本文 開催日: 2019-09-19

これは、路面性状自動測定車両を使用し、ひび割れ率、わだち掘れ量、平たん性の測定を行っているもので、幹線道路、準幹線道路、主要生活道路都市計画道路の278路線、128キロで行っているところでございます。  一方、調査を実施していない路線の基礎データの収集については、市でも課題と認識しております。  

東久留米市議会 2019-09-18 令和元年予算特別委員会(第1日) 本文 開催日: 2019-09-18

続いて、3点目、緑地保全地域植生理事業についてのところなんですけれども、一般質問でも、私、質問させていただいたところで、緑地保全地域ではない野火止用水の植生の整備というところで質問させていただいた部分で、なかなか一般質問でできなかった部分もあるんですけれども、野火止用水に関しては2キロ市内にあるというところで、整備のスケジュールというか、要するに、2キロあって150万円の整備予算があるというところで