41件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

港区議会 2020-03-16 令和2年度予算特別委員会−03月16日

アメリカ合衆国大統領は、就任時の宣誓のときに左手を聖書の上に置きますが、聖書に書かれていることが科学的に検証できないとして否定することは無意味です。アメリカ合衆国大統領が聖書を信じているがゆえに、アメリカ合衆国が非科学的な国だということにはなりません。同じように、古事記、日本書紀に書かれていることが歴史的な事実かどうかを議論することも無意味なのです。

豊島区議会 2020-02-27 令和 2年都市整備委員会( 2月27日)

ですので、ここについて、どのような形をとるのかということが焦点になろうかというふうに思いますが、請願者の意図をより酌み取ろうというふうに解するのであれば、「厳重に抗議しその撤回を働き掛けてください」というふうに言明されておりますので、要請書という形をとって、アメリカ合衆国大統領宛てにその抗議の内容のついた要請文を送付するのが妥当ではないかというふうに、現在考えているところでございます。

三鷹市議会 2019-06-28 2019-06-28 令和元年 第2回定例会(第5号) 本文

さらに条例で定めた日本首相アメリカ合衆国大統領通知するとした4分の1をはるかに超える「反対」票数であり、県民の辺野古埋め立て反対の意志は明らかである。  よって、本市議会は、政府に対し、地方自治の尊重を求める立場から、沖縄県民投票で示された結果を尊重し、対話による解決を図ることを求める。  上記、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。   

三鷹市議会 2019-06-28 2019-06-28 令和元年 第2回定例会 資料

さらに条例で定めた日本首相アメリカ合衆国大統領通知するとした4分の1をはるかに超える「反対」票数であり、県民の辺野古埋め立て反対の意志は明らかである。  よって三鷹市議会に対し、地方自治の尊重を求める立場から、政府に対して沖縄県民投票で示された結果を尊重し、対話による解決を図ることを求める意見書の提出を求める。

三鷹市議会 2019-03-26 2019-03-26 平成31年 第1回定例会(第5号) 本文

デニー知事は、「投票結果を尊重し、速やかに内閣総理大臣及びアメリカ合衆国大統領通知する」としている。  基地が集中しているがゆえに起こる米兵による事件事故に、沖縄ではこれまで幾度となく県民大会を開き、抗議の声を上げ、米軍基地の負担軽減、普天間基地の即時撤去、辺野古新基地建設の中止を求めてきた。  

武蔵野市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第6号) 本文 開催日: 2019-03-26

この知事選挙をも上回る「反対」票は、条例で定めた日本首相アメリカ合衆国大統領通知するとした4分の1をはるかに超えており辺野古への新基地建設について県民の意思は明確となっている。  武蔵野市議会は、平成27(2015)年9月に「地方自治の尊重を政府に求める意見書」を可決し、辺野古新基地建設を強行しないことを求めた。

西東京市議会 2019-02-28 西東京市:平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 2019-02-28

玉城デニー県知事は、反対が投票資格者、有権者総数115万3,591人の4分の1、約29万人以上になったことにより、県民条例の規定に基づき、投票結果を尊重し、速やかに内閣総理大臣及びアメリカ合衆国大統領通知することになりました。そこで、今回の県民投票の結果をどのように受けとめておられるのか、見解を伺います。  2 「これからのまちづくり」について、2点伺います。

武蔵野市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-02-27

有効投票数のうち、埋め立て反対票は72.2%となり、条例日本首相アメリカ合衆国大統領通知すると定めた有権者の4分の1をはるかに超え、さらに昨年9月、玉城デニー知事が獲得した39万6,632票も超えるものでした。この結果を受け、玉城知事は、辺野古埋め立てを決して認めないという県民の断固たる決意を真正面から受けとめ、工事を中止するよう強く求めると語りました。  

小平市議会 2019-02-25 02月25日-01号

辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票条例では、最多の選択肢が投票資格者総数の4分の1に達した場合は、知事は結果を尊重しなければならず、首相アメリカ合衆国大統領に結果を通知すると定めており、その28万8,398票を大きく上回っています。結果を受け、安倍首相は、玉城デニー知事が希望すれば週内にも会談に応じる方向で調整に入ったとの報道もあり、その姿勢が問われます。 

瑞穂町議会 2017-12-15 12月15日-04号

この1年を振り返りますと、北朝鮮による核実験と、たび重なるミサイル発射実験、ドナルド・トランプアメリカ合衆国大統領の就任と、その後の北朝鮮に対する世界各国の抑止力の強化が記憶に残る年となりました。 国内では、夏場、天候不順が続き、7月には九州北部地方豪雨による被害が発生し、町でも募金を実施いたしました。 

瑞穂町議会 2017-03-01 03月01日-01号

国際情勢に目を向けますと、今年1月には、アメリカ合衆国大統領にドナルド・トランプ氏が就任しました。先月には安倍首相が訪米し、トランプ大統領との首脳会談が行われたことは記憶に新しいところです。在日米軍に関する大統領の発言や、日米関係については、米軍横田基地を抱える町として、引き続き注視していく必要があると考えています。 

目黒区議会 2017-02-17 平成29年第1回定例会(第1日 2月17日)

さて、我が国の経済は、アベノミクスの取り組みの中、経済成長率や雇用指数は引き続き良好であり、経済再生、デフレ脱却に大きく前進していると言われておりますが、ドナルド・トランプ氏のアメリカ合衆国大統領就任やイギリス欧州連合離脱交渉などの影響による世界経済の動向に注視しなければなりません。  

町田市議会 2016-12-08 平成28年12月定例会(第4回)-12月08日-05号

イギリスのEU離脱、中国の拡大路線、第45代アメリカ合衆国大統領にトランプ氏の当選、イギリスは1973年以来43年間にわたって加わっていたEUを離脱するという審判国民投票で下しました。  EU28カ国が築いてきた単一市場は、人、物、サービス、お金が自由に移動できるという世界最大の地域統合でした。

品川区議会 2016-11-24 平成28年_第4回定例会(第1日目) 本文 2016-11-24

TPP協定につきましては、国会における質疑や次期アメリカ合衆国大統領の発言等、日々さまざまな報道がなされております。また、議員ご指摘のように、TPP協定発効による影響を不安視する声があることも認識しております。TPP協定が発効した場合の区民生活や地方自治体に及ぼす影響につきまして、今後の動向に十分注視しつつ、引き続き情報収集に努めてまいります。  

武蔵野市議会 2016-06-14 平成28年第2回定例会(第1号) 本文 開催日: 2016-06-14

ほかならぬ原子爆弾が投下された爆心地をアメリカ合衆国大統領がみずからの足で踏み、目で見て、声なき声に耳を傾けたこと、まさにそのことに大きな意味があると考えます。約17分間に及んだオバマ大統領演説には日本中が注目しました。けれども、100万言の言葉を尽くすよりも、もっと心に残ったのは、演説を終えて歩み寄った被爆代表との笑顔、握手、抱擁だったのではないでしょうか。  

福生市議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会(第1号) 本文 2016-03-01

思い起こしますと、私が野澤久人前市長からの市政運営のたすきを引き継いだ平成20年は、アメリカ証券会社第4位のリーマンブラザーズが破綻したことに端を発して、世界的金融危機が発生した、いわゆるリーマンショックが起き、また、アメリカ大統領選挙では民主党バラク・オバマ氏が第44代アメリカ合衆国大統領に選ばれた年でもありました。  

江戸川区議会 2016-02-23 平成28年 第1回 定例会-02月23日-02号

しかし、我々はすべて、才能を伸ばす等しい機会を持つべきだ」第三十五代アメリカ合衆国大統領、ジョン・F・ケネディの言葉です。  子どもたちが自らの人生に夢や希望を持つことのできない社会、「ひとりぼっちだ」と孤独感にさいなまれて毎日を送る社会、そうした社会に私たちは真の希望を見出すことはできません。  

杉並区議会 2015-05-29 平成27年第2回定例会−05月29日-10号

結びに当たり、第32代アメリカ合衆国大統領のフランクリン・デラノ・ルーズベルトの名言をご紹介いたします。「若者のために未来をつくれるとは限らない。だが、未来のために若者をつくることはできる」  私たち大人には、次代を担う子や孫のために未来をつくる責任があります。また同時に、未来に向けて子どもたちをしっかりと育む責任があります。