69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

調布市議会 2019-12-05 令和元年 第4回 定例会−12月05日-04号

このグラフは、全員協議会の調布のアメダスデータ気象庁アメダスから私が作成をしたものです。縦軸が雨量で、こっちが時系列で、これは11日、12日というふうになっています。青が小河内ダムですね。そして赤が調布の雨量であります。一番左は気象庁の雨量の分類が書いてありまして、ザアザアの雨、ここがどしゃ降り、この上へ行くとバケツをひっくり返したような雨というふうになっています。

調布市議会 2019-12-04 令和元年 第4回 定例会−12月04日-03号

雨の計測は、アメダスによって計測がされております。全国に約1,300カ所あるということで、これは、ちょっと見えないですけれども、観測所の一覧で、この近辺には八王子、府中、世田谷、東京北の丸公園、江戸川というところにありまして、そこで観測をされております。  これも小さくてちょっと見にくいですが、一番ひどかったのが、かなりの降雨量で、多摩南部では600ミリを超えたということであります。

西東京市議会 2019-12-02 西東京市:令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 2019-12-02

また、10月12日、北日本東日本アメダスで観測された降水量は1地点当たり119.2ミリで、比較可能な1982年以降の1日の降水量として最多となりました。  気象庁は、12日15時30分に大雨特別警報静岡県神奈川県東京都埼玉県群馬県山梨県長野県、7都県に発表し、19時50分に茨城県栃木県新潟県福島県宮城県に、13日零時40分に岩手県にも発表しました。

小金井市議会 2019-11-08 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-11-08

なお、近隣の府中市アメダスにおける時間最大雨量の歴代第1位は、本年9月3日の雷雨における59ミリですので、その約2倍の雨ということになります。  また、実態との整合性でございますが、この台風19号における長野県での河川氾濫、また、昨年の西日本豪雨においても、浸水予想区域図と実際の浸水地域は一致性が高いと評価されているところでございます。

青梅市議会 2018-09-10 09月10日-08号

青梅市内で観測された気温は、気象庁が新町にあります東京都農林総合研究センターの敷地内に設置している、通称アメダスと呼ばれる地域気象観測システムにより観測された気温データによるものであります。この気温データは、約21キロメートル間隔で全国約840カ所で観測されています。多摩地域では青梅、八王子、府中、小河内の4カ所となっており、自治体ごとに観測されているものではありません。 

立川市議会 2018-09-07 09月07日-17号

1976年から85年の約10年間に50ミリを超える降雨はアメダス1,000地点当たり平均174回だったのが、2007年から2016年の10年間の平均は232回、つまり4カ所に1回で何らかの50ミリを超える雨が発生しているということです。この数約30年で1.3倍の増加になっております。また、1時間当たり80ミリ以上の雨というのは、この30年間で約1.8倍に増加しています。 

羽村市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-06

2) 気象庁地域気象観測システムアメダス)には有線ロボット気象計を観測所に設置して     いますが、多摩地域では四要素観測所が小河内、青梅、八王子、府中の4箇所、雨量観測所     が檜原村の小沢にありますが、それを含めても5箇所です。この地点からの情報だけでは不     十分と考えますが、いかがでしょうか。    

青梅市議会 2018-09-06 09月06日-06号

降水量が1時間に50ミリ以上だった回数は、アメダス1000地点当たり1976年から85年の10年間は年110回から230回、平均すると173.8回、2007年から16年は年169回から282回、平均すると232.1回となり、33.5%増加しています。 近年、各地で相次ぐ大雨は地球温暖化による海水温の上昇も要因として指摘されているようですが、現時点で関連は不明となっています。

大田区議会 2017-09-27 平成29年 9月  防災安全対策特別委員会−09月27日-01号

最大10分雨量につきましては、アメダス羽田で18日2時20分に8ミリメートルを記録しております。  最大瞬間風速につきましては、区役所本庁舎において、18日の2時20分に29.7メートルを記録いたしました。  活動状況につきましては、記載のとおりとなっております。 ◎和田 生活安全担当課長 私のほうからは、資料番号7番、「地域安全大田区民のつどい」の開催についてでございます。

瑞穂町議会 2017-09-05 09月05日-02号

報道によれば、気象庁アメダス、これはもう今までの統計で、50ミリ以上の年間の発生回数、これは観測を始めた1976年から1985年の10年間に1,738回だったのが、直近10年は計2,321回で、1.34倍にふえているというような状況があるようです。