11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大田区議会 2020-10-15 令和 2年10月  健康福祉委員会−10月15日-01号

福祉まち糀谷の一員として、地域の行事やイベントに参加するなど、地域貢献に積極的に取り組んでいます。機能訓練指導員を常時配置し、毎日リハビリができる環境を提供するなど、利用者一人ひとりに寄り添ったサービスの提供に努めております。  続きまして、たまがわ高齢者在宅サービスセンターでございます。  こちらの4の施設所管課所見をご覧ください。

大田区議会 2019-10-15 令和 1年10月  健康福祉委員会−10月15日-01号

近隣との関係につきましては、福祉まち糀谷もと、夏のお祭りへの参加や施設開放職場体験受け入れなど、地域に根差した施設運営を行っております。  施設管理につきましても、清掃を行き届かせ、美観の維持に繋がっております。  次に、新井宿福祉園です。利用者サービスにつきましては、健康管理も含めて、利用者保護者の意向に沿った個別支援計画を作成し、サービス向上を図っているところは評価しています。

大田区議会 2018-10-15 平成30年10月  健康福祉委員会−10月15日-01号

身近で信頼される施設を目指し、利用しやすい雰囲気づくりなどを全職員が心がけ、福祉まち糀谷福祉ネットワークづくりに積極的に取り組んでいます。  また、平成28年度から、安心・安全な介護職員介護負担軽減目的介護支援ロボットを導入し、腰への負担軽減などの効果が見られました。

大田区議会 2017-10-17 平成29年10月  健康福祉委員会-10月17日-01号

こちらの施設は、福祉まち糀谷を合い言葉に、各町会行政機関事業者等ネットワークを構築し、地域に根差した施設でございます。  所見にまいります。利用者自立支援につながるよう、フロア、医務室相談室、それぞれのチームによる取り組み職員マナーサービス向上取り組みについて良好とうかがえます。  

大田区議会 2017-06-20 平成29年 6月  健康福祉委員会−06月20日-01号

また、子どもたちを対象とする企画も多数ございましたけれども、基本的にはシニアの居場所として機能させて、その上で子どもプレシニアなど多世代の交流を深め、福祉まち糀谷が多世代の支え合いの中で息づいてくことを願うとともに、始めたばかりですけど、様々な課題が、ご意見が利用者の中から上がっていることには真摯に向き合って解決していただくよう要望させていただきます。

大田区議会 2017-03-14 平成29年 3月  予算特別委員会−03月14日-01号

また、防災まち福祉まち糀谷をスローガンに掲げまして、地域の皆様が安全・安心に暮らせるまちづくりを、地域が主体となって進めてまいりました。地域住民地元への愛着は強く、10の自治会町会を中心とする地域力連帯意識の高さは顕著であります。この糀谷地域力は、今に始まったことではございません。過日行われました糀谷歴史探訪会で、糀谷地元住民による干拓についてのお話がございました。

大田区議会 2016-12-02 平成28年12月  健康福祉委員会−12月02日-01号

さらに、地域包括支援センター糀谷連携を強化いたしまして、糀谷地区福祉まち糀谷、高齢者福祉切れ目のない支援ネットワークの強化を提供してまいります。  次に、資料番号78番、大田区シニアステーション事業中間実績報告でございます。この事業目的は、こちらにございます高齢者元気維持介護予防から最適な介護サービスへの切れ目のない支援を提供することを目的に実施をしております。  

大田区議会 2016-12-01 平成28年12月  健康福祉委員会-12月01日-01号

それからもう一つ、この糀谷地区福祉まち糀谷ということで、非常に皆さんの横の連携や、それから施設等のお祭りも、障害者施設特別養護老人ホームとまとめて開催したり、地域でパンフレットをつくったり、非常に盛んなのですけれども。確か先般アンケートをとられて、回収率が非常に高かったとお聞きしたのです。

大田区議会 2016-10-14 平成28年10月  健康福祉委員会−10月14日-01号

重度者受け入れが進んでいく中で、服薬や医療ケアを必要とする方の増加が見込められるため、研修等職員育成に努められたいとし、「福祉まち糀谷として、町会やほかの介護保険施設等地域連携に力を入れる中で、地域福祉ネットワークづくりに努めているとしております。  続きまして、特別養護老人ホームたまがわでございます。こちらもモニタリング結果でございます。

大田区議会 2014-10-21 平成26年10月  防災・安全対策特別委員会-10月21日-01号

糀谷中学校につきましても、糀谷というのは防災まち糀谷とよく言われており、活発にやっているのですが、今回、あえて載せさせていただいたのは、拠点町会会館との連携という組み合わせ、それから拠点同士連携という、どんどんこれを広げていこうという考え方で、これはまさに佐藤委員がおっしゃる、いわゆる防災課特別出張所に頼らずに自主的にやっていこうという、動きの一つのあり方であろうかなと。

大田区議会 2014-03-14 平成26年 3月  予算特別委員会-03月14日-01号

例えば、福祉まち糀谷の特徴を生かした、糀谷地区福祉機器開発拠点が立地することで、新たに開発した機器をすぐさま近隣福祉施設で試験的に使用し、そこから得られるデータをもとに、さらに改良を加え、より人に優しい、使いやすい福祉機器開発を促進していく。そんな福祉機器開発機能を持った地域として、糀谷地区を活用していく仕組みがあってもいいかなと感じております。  

  • 1