88件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

台東区議会 2019-06-12 令和 元年第2回定例会-06月12日-03号

IOCは1988年に禁煙方針を採択し、会場禁煙化たばこ産業からのスポンサーシップの拒否、会場内外禁煙化しました。さらに2010年7月、たばこのないオリンピックを目指し、全ての人々に運動とスポーツを奨励し、たばこのないオリンピックを実現し、子供の肥満を予防するために健康的なライフスタイルを奨励することで、世界保健機関合意をいたしました。

杉並区議会 2019-03-05 平成31年予算特別委員会−03月05日-03号

たばこ産業の2018年全国たばこ喫煙者率調査によると、成人男性平均喫煙率は27.8%でした。これは昭和40年以降のピーク時、昭和41年の83.7%と比較すると、約50年間で56ポイント減少したことになります。年代別に見ると、急激な喫煙率減少傾向が見られる60歳以上は21.3%ですが、30歳代から50歳代はまだ35%前後を推移しており、一番高い年代では40歳代で35.5%でした。

羽村市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-02-28

市では、定期的に路上喫煙等を防止するためのキャンペーンを実施し、喫煙者マナーアップ等の啓発に努めているところでありますが、市内には、たばこ産業企業も立地しておりますので、市の特色を活かし、官民が連携して、たばこを吸う方と吸わない方が共存していける環境整備を図っていきたいと考えております。  

杉並区議会 2018-03-15 平成30年第1回定例会−03月15日-07号

IOCは1988年以降オリンピックでの禁煙方針を採択し、たばこ産業スポンサーシップを拒否しています。2010年7月にはWHO世界保健機関)とIOCとの間で、たばこのないオリンピックを目指す合意も締結されています。これを受けて、その後のオリンピック開催都市は全て建物内禁煙、すなわち屋内禁煙とされており、今やそれが徹底されることはあっても緩和される傾向にはありません。  

あきる野市議会 2017-12-03 平成29年第2回定例会12月定例会議(第3日目)  本文(一般質問)

今、たばこ産業がどんどん衰退していくのかなというふうに、私はたばこを吸う立場ではありませんし、吸いたいと思ってもいませんし、本当はやめたほうがいいのではないかなと思っていますけれども、今の状態では、国がたばこ禁止ですと言っているわけではないので、お互いの関係がよくなるような方法を進めていかなければいけないのだと思っています。そうですよね。

足立区議会 2017-03-14 平成29年 3月14日厚生委員会-03月14日-01号

その内容が本当に、二つ言っているんですけれども、条約第5条3項では、公衆衛生の政策をたばこ産業から守ると謳っているんです。でも、日本の場合はNHKの経営委員長代行にもその人物JTなどの人物が配属されているというような状況JTに天下りもされているというようなこともあります。

豊島区議会 2017-02-28 平成29年区民厚生委員会( 2月28日)

そういう点では、世界水準から見ると、先ほどいろいろ話ありました、大変低いということで、そういう状況の中で日本企業は、たばこ産業といいますか、やはりたばこ先ほど広告ですとか販売促進、それから警告表示外国はかなりどぎついというお話もありましたが、日本法律では、日本の場合は、例えば日本条約を、警告表示も、条約は、日本の場合は、主たる表示面の画面の50%以上を占めるべきだがと述べつつ、30%以上に

あきる野市議会 2016-12-08 平成28年福祉文教委員会 本文 2016-12-08

112: ◯委員辻よし子議員) 若干違うかなと思うのですけれども、私が、思いはわかると言ったのは、たばこ産業とか、そういう方たちの実情をちゃんと知ってくださいと。大変厳しいのですと。これを決められると大変なことになるのですという、そのことの思いがわかるというふうに申し上げたのです。ただ、私たち意見書として出したものと、ここでうたわれていることとはどうしても相入れない部分があるのですね。

多摩市議会 2016-06-22 2016年06月22日 平成28年第2回定例会(第7日) 本文

陳情にもあるが、国際オリンピック委員会IOC)は1988年のカルガリー大会以降、オリンピックでの禁煙方針を採択し、会場内の禁煙化とともにたばこ産業スポンサーシップを拒否してきた。そのような中、飲食店など屋内施設での禁煙や分煙を罰則つきで義務づける条例の是非を議論してきた東京都の検討委員会は、条例化を事実上先送りする最終提案をまとめた。

武蔵野市議会 2015-12-03 平成27年第4回定例会(第2号) 本文 開催日: 2015-12-03

たばこ産業平成26年全国たばこ喫煙者率調査によると、成人男性平均喫煙率は30.3%でした。成人男性喫煙率は減少し続けていますが、成人女性平均喫煙率は9.8%であり、ピーク時(昭和41年)より漸減しているものの、ほぼ横ばいといった状況でございます。  諸外国と比べてもいまだ高い喫煙率であり、約1,500万人、約8人に1人と推定されております。

北区議会 2015-06-01 06月25日-06号

それからまた、たばこ産業についてWHOは、非倫理的な販売活動をしているということについて強く指摘しているところでもあります。 そういうことも今後のホームページ上の記事につけ加えていく必要があるかというふうに思います。 そのようなことで、さらに区民の方の喫煙率を下げていく、そういうことに結びつけられればというふうに考えております。 以上です。 ◆十一番(古田しのぶ議員)  ありがとうございました。 

豊島区議会 2014-11-26 平成26年第4回定例会(第16号11月26日)

日経BP社発売の「悪魔のマーケティング」によれば、アメリカの大手たばこ産業の役員が、たばこを吸うかと聞かれ、こう答えたと紹介されています。もちろん、そんなものは吸わないさ。おれたちはただ売るだけ。たばこを吸う権利なんざ、がきや貧乏人、黒人、それから、その他のばかな方々に謹んで差し上げますよ。  

台東区議会 2014-06-10 平成26年第2回定例会-06月10日-02号

そこには、たばこ産業の深い構図があります。明治時代以来、富国強兵のもと、租税徴収のためにたばこ産業が利用されてきました。これら全てを管理しているのが旧大蔵省、現在の財務省です。たばこ税を確保し、たばこ利権を守るために財務省たばこ事業法日本たばこ産業株式会社法たばこ耕作組合法、この3法を堅持しております。  

八王子市議会 2014-03-28 平成26年_第1回定例会〔 説明省略部分 〕 2014-03-28

本年度は、喫煙スポットの設置による歩行喫煙ポイ捨て抑止効果を検証するため、日       本たばこ産業(株)(JT)との協働により八王子みなみ野周辺地区においてモデル事       業を実施する。   5款 労働費       6,700万円の計上で、前年度に比べ500万円、7.5%の減となっている。