11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

世田谷区議会 2012-12-03 平成24年 12月 福祉保健常任委員会-12月03日-01号

国のいじめ緊急調査でも大幅に件数の把握がふえており、我々の会派といたしましても、いじめ虐待児童生徒だけでなく、全ての人にとって絶対になくさなくてはならないことであります。我々も、子どもや保護者、そしていじめ虐待の芽を発見したら地域の方ができるだけ早く相談できる体制の充実が必要と考えます。  

小平市議会 2012-11-27 11月27日-01号

都教育委員会いじめ緊急調査では、小学生で小平市が最多という結果も出ている。いじめ問題に対する積極的な対応が求められていると思うが、虐待いじめの問題について、この年度における実態認識と今後の方策等について伺う。また、昨年度、教員の破廉恥行為が明るみに出るなど、教育委員会服務研修のあり方などが厳しく問われなくてはならない。

板橋区議会 2012-11-01 平成24年11月1日決算調査特別委員会−11月01日-01号

まず、7月のいじめ緊急調査結果の数字を見て、これはすべてだと思いますか、そうではないと思いますか。 ◎教育委員会事務局次長   7月のいじめ実態調査緊急調査を実施いたしましたが、調査時点いじめと認知した件数小学校で181件、中学校で26件、合計207件で、いじめ疑いがあると思われる件数につきましては、小学校168件、中学校では165件、合計333件でございました。

渋谷区議会 2012-11-01 11月28日-12号

文部科学省が実施いたしたいじめ緊急調査の結果によると、この半年間に、全国の小・中・高で、十四万四千五十四件のいじめがあり、児童生徒の生命、身体の不安が脅かされるような重大事案は二百七十八件あったと発表されました。 このいじめ緊急調査は、渋谷区でも、七月にすべての区立小中学校で全児童生徒対象に実施されました。

台東区議会 2012-09-25 平成24年第3回定例会-09月25日-02号

東京都教育委員会は、都内の公立学校2,184校を対象にした、いじめ緊急調査の結果を発表いたしました。それによりますと、いじめいじめ疑いがある事例が1万1,507件、1校当たり約5.3件でありました。相次ぐいじめ問題への対策を強化するため東京都教育委員会は、警視庁と学校違法行為があれば早期に警察に相談し、児童生徒の命や安全が脅かされる場合は直ちに通報することを申し合わせました。  

大田区議会 2012-09-19 平成24年 第3回 定例会-09月19日-01号

次に、7月に実施したアンケート方式によるいじめ緊急調査の結果についてでございます。  今回の緊急調査は、調査方法を各自治体学校に任されており、取り上げたいじめの程度も軽度のものからやや厳しいものまで一様ではありません。自治体によっては、いじめ認知件数が極端に少ない自治体もあり、東京都教育委員会も、必ずしもいじめ実態を反映しているとは限らないとのコメントを出しております。

多摩市議会 2012-09-05 2012年09月05日 平成24年第3回定例会(第3日) 本文

(1)多摩市小・中学校いじめ緊急調査の結果について。  (2)多摩教育委員会として実施しているいじめ問題対策。また、市内小学校中学校におけるいじめ防止対策について。  (3)多摩教育委員会多摩市の小・中学生の対人関係能力をどのように評価し、課題分析をしているのか。またSSTの必要性をどう認識しているのかについて。  

渋谷区議会 2012-09-01 09月19日-08号

先ほど区長からは、いじめ緊急調査いじめ相談窓口の設置、実践事例集の配付、スクールカウンセラー日常配置教育センター校長会との連携等の発言がございました。問題解決への方法として大いに評価できるものです。しかしながら、「教育とは、人間を陶冶し、正しい人間をつくるものである」という観点からは、昨今のいじめ問題は教育の根幹を揺るがすゆゆしき事態と考えます。 

  • 1