ツイート シェア
  1. 西東京市議会 2019-10-11
    令和元年議会運営委員会 本文 2019-10-11


    取得元: 西東京市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-11-28
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                 午前10時3分開会      1 協議事項について ◯保谷(な)委員長 それでは、議会運営委員会を開会いたします。  本日の協議事項につきましては、お手元に配付の会議次第にございますので、その会議次第に沿って協議を進めてまいりたいと思います。  まず初めに、委員会インターネット中継について協議をしたいと思います。  第3回定例会常任委員会を試行的に録画しまして、それを各会派が、既に皆さん、ごらんになったかと思いますので、まずそれについての御意見をいただきたいと思います。  それでは、意見のあるところが挙手してお答えいただければと思います。何か、感想等も含めまして、御意見のある方。意見はないですか、感想もないですか。 2 ◯かとう委員 想像していた以上に、音声が非常にクリアで聞き取りやすいということはよかったなというふうに思っております。また、画質も、アップした後はどうかわかりませんが、今回確認したレベルでは鮮明だったと思います。ただ、発言している方の名札というんですかね、それから、どなたが発言しているのかというのを見るのはなかなか厳しいものがありましたので、その点について何か工夫ができることがあればいいなという感想があります。 3 ◯保谷(な)委員長 このままお答えを求めないで、感想を聞いてまいりたいと思います。今あったのは、発言している人の名札が見えないことについてということですね。  ほかにどなたか、御意見等ございましたら、感想も含めまして。 4 ◯佐藤(公)委員 前回までの議会運営委員会でまとまった結論としては、あくまでも情報公開としてインターネット中継を行うということでありましたので、いろんな会派でも意見が出ました。休憩中に音声だけ切られてしまうので、何か話をしているようだけど、音は聞こえないということで、やっぱり見ている方がどう思うかとか、いろいろそういう意見が出ましたけれども、それも含めて情報公開の一環ということなので。この後からでも、また意見が出るんだと思うんですけれども、あくまでも原則は修正しないということが一番重要なことかなと思いましたので、つけ加えさせていただきます。 5 ◯保谷(な)委員長 情報公開という話は、佐藤(公)委員のほうからもおっしゃっていただきましたけれども、前議会運営委員会の中で、そういったことで、これについては取り組むということでまとまっておりますので、それを踏まえて、今回も進めていくべきだという御意見だったと思います。修正についても基本行わないという御意見だったかと思います。 6 ◯酒井委員 私ども自民党としても、修正等については行わないほうがいいんじゃないかという意見がありまして、私どももそう考えております。 7 ◯藤岡委員 視聴しまして、結果的には非常に鮮明な画像と、それから音声も聞きやすいということで、評価はしました。それから、前回の申し合わせ事項の4番ですよね、修正をしないことを基本にするということですね、この辺も確認いたしました。 8 ◯森(し)委員 うちの会派も3人で見せていただきました。その中で、本当にクリアな映像だったなということを感じております。修正に関しても、現状、今のままで行うという方向で、全てが完璧に整ってからというのはなかなか難しいのかなというところで、また今後、新たな課題も見えてくるかもしれませんけれども、とりあえず前に進めていく、一歩ずつ進めていくということで、うちの会派のほうでは意見がまとまっております。 9 ◯保谷(な)委員長 前に進めていくということですね。 10 ◯森(て)委員外議員 当日の委員会は、私、欠席して、映像だけ見せていただいたんですけれども、非常にクリアな感じで、また、映像についても、あの程度で私はいいのではないかなというふうに思っています。実際にアップされた場合にどうなるか、もちろんわかりませんけれども。それから、確認されている事項については、そのまま進めて、そして、もし事後に修正等の必要が出てくれば、それは、やっていく中で検討していけばいいのではないかなというふうに思っています。原則は、確認されたとおりで進めていいのではないかなというふうに思います。 11 ◯田村委員外議員 私も拝見して、映像や音声など、特に問題はなかったかなと思います。また、修正も行わないという方向で、ここに書いてあるとおりですが、問題ないのかなとは思っています。  1点、かとう委員からも少し指摘がありましたが、発言者の名前、本会議の場合ですと字幕が入るということなので、誰がしゃべっているかというのがわかるんですけれども、委員会の場合、恐らくこれは入らないという前提だと思いますので、例えば、執行部のほうも、名札が入るようなところに置くとか、あるいは委員のほうも少し名札を傾けるであるとか、そういった工夫、できる範囲での工夫をして、見ている方にも、今、誰が何をしゃべっているのかなというところがわかりやすいようになることが必要かなと思います。そのあたり、工夫の範囲内でできればいいのかなと思っております。 12 ◯保谷(な)委員長 ほかになければ、次の議題に移っていきたいと思いますけれども、よろしいでしょうか。
         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 13 ◯保谷(な)委員長 それで、次第に抜けているんですけれども、前回、一応、宿題として、申し合わせ事項の4番、修正のところなんですけれども、原則修正を行わない、ただし云々かんぬんというような文章で、委員長が修正を認めた場合などは修正できるということでしたけれども、あの原案のとおりでよろしいですね。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 14 ◯保谷(な)委員長 では、申し合わせ事項の4番については、原案のとおりでいきたいと思います。  さて、第3回定例会で録画した画像ですが、あれを、では、今後公開するかどうかなんですけれども、暫時休憩いたします。                 午前10時12分休憩     ─────────────────────────────────                 午前10時14分開議 15 ◯保谷(な)委員長 休憩前に引き続き委員会を再開いたします。  休憩中に協議いたしました結果、第3回定例会で録画した画像をユーチューブにアップするかどうかについては、アップするという認識を持っていた委員、それからアップはしないと思っていた委員、それぞれいることがわかり、認識のずれがあることから、委員長が判断いたしまして、アップはしないということにいたしました。  暫時休憩いたします。                 午前10時14分休憩     ─────────────────────────────────                 午前10時19分開議 16 ◯保谷(な)委員長 休憩前に引き続き委員会を再開いたします。  インターネット中継の次の項目でございます第4回定例会からライブ中継をするかについては、休憩中に議論いたしましたけれども、なかなかまとまらないことでございますので、これについては、次回、11月に開催されます議会運営委員会で引き続き協議することとなりました。  暫時休憩いたします。                 午前10時20分休憩     ─────────────────────────────────                 午前10時20分開議      2 その他 17 ◯保谷(な)委員長 休憩前に引き続き委員会を再開いたします。  次に、2 その他になりますけれども、1つ目といたしまして、議場コンサートの経過報告、それから議員の役割についてを協議したいと思います。  まず、議場コンサートの経過報告についてお願いいたします。 18 ◯安藤事務局次長 保谷こもれびホールを通じまして、東京ニューシティ管弦楽団から演目の概要について御連絡をいただいております。弦楽アンサンブルということで、弦楽四重奏、弦楽八重奏の御提案がありました。曲目は、モーツァルトの「アイネクライネハトムジーク」から、メンデルスゾーンの「弦楽八重奏曲」からということで御連絡をいただいております。この内容で、市報、議会だより、ポスター、チラシを準備し、周知を図ってまいります。プログラムの詳細は、もう少しお時間をいただきたいということです。 19 ◯保谷(な)委員長 ただいまの事務局次長の説明について、質疑のある方。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 20 ◯保谷(な)委員長 そうしたら、次に、議員の役割ということで御提案をさせていただきたいと思います。  これについては、お手元に、今回の議場コンサートスケジュールということで資料を配らせていただいております。2枚あるかと思います。それで、端的に言ってしまいますと、前回までは、この議場コンサートは、議会事務局職員の皆様がやっておられました。しかしながら、私、この夏に、三重県津市さんが、この議場コンサートを視察のテーマに選んでいただきまして、来られて、その応対をさせていただいたところ、大変すばらしい事業をやっているという御評価を得られたわけですけれども、そのときに、当然、議員の皆様、大変な御苦労をされているんじゃないかというような発言がありまして、そこで、はっと気がつきました。議会の主催事業と言いながら、議員が全くかかわっていないというのは、これはもしかしたら──もしかしたらじゃなくて、かなり恥ずかしいことなのかもしれないというような認識を持つに至りましたので、今回の議場コンサートからは、できれば、有志という形で構わないと思いますけれども、議員の皆様に何らかの形でこの議場コンサートにかかわっていただいて、実際に受付ですとか入場の案内ですとか、そういったことをやっていただきたいと思って、今回、提案をさせていただきました。  ただいまの委員長の説明でございましたけれども、何か質疑のある方はお願いいたします。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 21 ◯保谷(な)委員長 異議なしとのお声をいただきましたので、それでは、資料に基づきまして、私のほうから説明させていただきたいと思います。  まず、資料を見ていただきますと、スケジュールを兼ねておりまして、一番左端に時間が書いてあるわけですけれども、一番右端のところに「人数」と書いてありまして、これは、これまで事務局職員さんがかかわる際に出ていた人数が書いてあります。それで、受付ですと、これは2名程度で、これがA班となります。その後、1行飛ばしまして、入場整理・開場前整列などでは3名程度、これはB班といたします。その後にコンサートが実際にあるわけでして、その司会については、不肖私が司会のほうをやらせていただきたいと思っております。コンサートが終わります。終わった後に、中にいる方が外に出られるときに、またB班の方が誘導に当たる。そして、最後に整理券・アンケート回収などがあるわけですけれども、それについては、当初配った方がそれを回収するというような形で、当日で計5名必要となります。  1枚おめくりいただきまして、今度、事前の準備ということでスケジュールをつくっていただいておりますけれども、これは、当日配付するA4大のプログラム等の作成スケジュールということで、これについても、できれば議員の中で、私はやりたいという方がもしいれば、かかわっていただきたいなと思っております。これについては2名程度ということでございます。聞くところによりますと、これについてはワードができれば大丈夫だということでございますので、やりたい方がということになります。  以上です。  今の委員長の説明に、どなたか質疑のある方はよろしくお願いいたします。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 22 ◯保谷(な)委員長 質疑がないようですので、これについては、私のほうといたしましては、有志ということなので、できれば、その方が会派代表の了解をとった上で事務局に申し出ていただければいいかなと思っていますけれども、そのやり方でよろしいですか。それとも、別のやり方のほうがよろしいですか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 23 ◯保谷(な)委員長 それでは、やりたい方は、皆さんのほうから、きょう、アナウンスをしていただきまして、その上で、会派代表の了解をとった上で、事務局に直接申し出ていただく、そのときは、事前のパンフレットづくりなのか、当日の手伝いなのかあたりは、御希望として言っていただいても構わないと思いますけれども、そのように進めさせていただきたいと思います。 24 ◯森(し)委員 第1回打ち合わせが28日になっているんですが、いつまでに名前を出すか決めてもらったほうがいいかと思うんですが。 25 ◯保谷(な)委員長 わかりました。今、事務局次長から御説明いただきまして、パンフレットのほうも、つくるスケジュールがありますので、パンフレットについては10月21日までに申し出てほしいということでございます。パンフレットをつくりたいという御希望の方がいらっしゃったら、その方は10月21日までに事務局のほうに申し出てください。(「全部のスケジュールと言っていいのではないか」と呼ぶ者あり)今、佐藤(公)委員のほうから、全部ということでございまして、全部でも構わないと思います。 26 ◯田村委員外議員 申し出ということなんですけれども、仮にたくさんの方が申し出られた場合、あるいは残念ながら申し出が少なかった場合の御調整というのはどういうふうにされる御予定でしょうか。 27 ◯保谷(な)委員長 もともとこの作業は事務局職員がやっておりましたので、少ない分については、それはそれで寂しい話ではございますけれども、できるということです。多い場合については、それについてはうれしい悲鳴ということで受けとめていただければいいのかなと私は思っております。ただ、あまり多くなった場合は、もしかしたら整理をかけるかもしれませんが、その辺は御了承くださいませ。  次に、ホームページのPTについて、これも持ち帰りとなっておりますが、皆様の御意見をいただきたいと思います。立ち上げをしたいというふうに、宿題となって、持ち帰っていただいていると思いますが、それについて各会派の御意見をいただきたいと思います。 28 ◯酒井委員 PTの立ち上げについてなんですけれども、私ども自民党としましては、ぜひそのような形で進めていただきたいなというふうに思っております。 29 ◯佐藤(公)委員 公明党としてもPTを立ち上げるべきだという結論が出ております。 30 ◯藤岡委員 共産党もそのような立場でございます。 31 ◯森(し)委員 うちも同じくです。 32 ◯かとう委員 生活者ネットワークもそのような形で進めたいと思います。 33 ◯保谷(な)委員長 よろしいですか。では、御意見は、発言のある方だけとさせていただきます。申しわけございません。 34 ◯森(て)委員外議員 私もPTで進めていくべきだというふうに思っていますので、ぜひそのようにお願いします。 35 ◯保谷(な)委員長 それでは、ホームページのマイナーチェンジではございますが、変えられるということですので、その受け皿として、議会としてPTのようなものを立ち上げて、それを進めてまいりたいと思います。  この詳細について、どなたか、何か御意見はございますでしょうか。 36 ◯酒井委員 そこら辺の詳細については、委員長機関に一任をしたいと思います。 37 ◯保谷(な)委員長 中身ですね、それについて、できれば私も委員長機関に一任していただきたいと思っておりますけれども、そうじゃないよという方がもしいらっしゃれば御意見くださいませ。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 38 ◯保谷(な)委員長 異議なしとのお声をいただきましたので、ホームページのPTの詳細については、私と藤岡副委員長が2人で取りまとめてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  それで、これについては、参考資料を配らせていただきたいと思います。      〔資料配付〕 39 ◯保谷(な)委員長 今、お手元に配付いたしましたのは、これは平成30年1月26日に、当時、田代委員長のもと、議会報編集委員会が取りまとめた、ホームページについてのいろいろな議論の結果でございます。私はこれを、今回、参考資料として配らせていただきましたのは、繰り返しになりますけれども、今回のホームページの改正というのはマイナーチェンジなので、かなりの部分はできないわけですね。ですので、ここのところで実現不可能というものについては、最初から、申しわけないけれども諦めてほしいというようなことです。詳細については、今後、PTが立ち上がってから、中身については、その座長のもとに決めていくことになりますが、いずれにしましても、今まで議会としましてもこういった議論をさせていただいておりますので、この積み上げの上に次の議論をしていったらいいんじゃないかなと思いまして、参考資料として配付させていただきました。  何かありますか。 40 ◯かとう委員 この資料なんですが、ちょっと事務局に確認したいんですけれども、このときの議論というのは、予算をかけずに、要するに4層以下の変更という点についての話し合いをしてきた議論だったのではないかと思いまして、今回の執行部のほうで考えているのは、1層にも着手するというようなお話ではなかったかと思います。となると、この「トップページからの入り方」という1枚目の部分に関しては、×ではなくて、ひょっとして○なのかなと。 41 ◯保谷(な)委員長 すみません、ちょっと訂正をお願いします。 42 ◯安藤事務局次長 ホームページのリニューアルでございます。基本的なところはそんなに大きく変更しないけれども、少なくともトップページは変更するというふうに今聞いておりますので、この部分については、一定程度、私どもの意見が入れられる、反映していただけるかなというふうに考えております。 43 ◯かとう委員 ありがとうございます。この1層というものに費用負担がかかるということで、なかなかチャンスがないというお話が、この懇談会の際にはあったんだと思います。それで、ここに来て千載一遇のチャンスが来たということで、ぜひトップページの改定をということになったと思いますので、一定、これを整理していただいて、今回に関しては、これができるのだということを整理していただいた上で、ぜひPTでは、それを中心に議論していただくのがよろしいかと私は思いますので、委員長、お取り計らいのほどよろしくお願いいたします。 44 ◯保谷(な)委員長 ただいま、かとう委員から御意見をいただきました。私の説明が若干不十分というか間違っていたことはおわび申し上げます。  1)については、今、かとう委員、そして事務局次長から説明がありましたとおり、この部分をまさに見直すということでございますので、ここについては過去のお話であるということで御了解いただきたいと思います。  それでは、これについては終わりとさせていただきます。  次に、20周年記念行事についてなんですけれども、これについても資料がございますので、配らせていただきたいと思います。      〔資料配付〕 45 ◯保谷(な)委員長 お手元に渡ったでしょうか。今、見ていらっしゃると思いますので、御説明をさせていただきたいと思います。  これは、まだ20周年主催事業については決まっていないところではございますけれども、子ども議会ということを想定しまして、その子ども議会を2021年の夏に開催するというふうに仮定いたしまして、そこから逆算して、この時期にこれだけのことをしておく必要があるということを一覧表としてまとめさせていただいたものでございます。  それで、具体的には、例えば、相手様が教育委員会になるのか、それ以外のところになるのかわかりませんが、そういった関係機関との協議などは、もう既に始めなければならない時期に来ているのかなと思っております。1行目ですね。  議会運営委員会の打ち合わせについては、毎月させていただきたいと思っております。  令和2年度の事業、来年度の事業を、もし考えるのであれば、例えば、子ども参加で何かをやりたいというようなことであれば、来年の7月、8月が夏休み作業ということになっていますけれども、この時期にやるのではないだろうかと。そして、その後に事務作業としてまとめていき、西東京市20周年、1月21日ですけれども、そのときまでに完成というようなイメージで持っていますが、もし仮に令和2年の夏休みにやるとするのであれば、もう内容検討に入りまして、来年、2020年1月には、もう企画であるとか方向性を決めていく必要がある。中身についてはまだ議論しておりませんけれども、スケジュールとしてはこんなイメージを持っていただきたいということで出させていただきました。  それに伴って、予算要望についてもあるというところでございます。そして、本ちゃんというんですか、20周年記念事業の実施につきましては、予算要望のところを見ていただくとわかるんですけれども、これをやるとなりますと、新規レベルアップ事業としてお願いしていくような内容ではないかというふうに思っておりますので、それに見合うだけの中身をその時期までにつくっていかなければならないというふうに思っております。  さらに、事務局用ということになっておりますけれども、来年夏はオリンピック・パラリンピックが開催されるわけでして、来年度の最後のところ、2月には市長選があり、同時に議会のほうも、若干、委員会のメンバーなどがかわる時期がありますので、そこを越えた形でこの事業が進んでいくんだということを、まず共通の認識としていただきたくて、この資料を配付させていただきました。  もし質疑があるなら今お受けしますけれども、今回、これは配るだけというイメージでおります。いいですか。 46 ◯佐藤(公)委員 事務局に確認なんですけれども、20周年というのは何年の1月21日から1年間なんですか。ちょっとそこだけ確認させてください。 47 ◯安藤事務局次長 2020年度、令和2年度の1月21日が20周年でございますので、そこを中心または起点として、そこから1年が限界かなというふうに考えております。 48 ◯保谷(な)委員長 今、次長から答えていただきました見解に基づき、この表はつくっております。 49 ◯浜中委員 通常、20周年というと、大体、前後でやるパターンとかがあると思うんですけれども、例えば、西東京市20周年で、わからないですけれども、仮に記念式典を市がやるんだとすれば、1月21日にやるので、予算的には令和2年度の予算になると思うんですけれども、その認識でいいですか。 50 ◯安藤事務局次長 令和2年度にやる場合もあると思いますが、例えば、それを超えて、20周年のその日から何カ月以内でしたら、その20周年の範囲かなと考えております。 51 ◯浜中委員 私、一般質問でもお話しさせていただいたんですけれども、大体、市民まつりのときに合わせて、20周年の前後で、前でやるのか後でやるのかというふうになったら、やっぱり1月に近いほうに寄せてくる可能性があるので、令和2年度の11月じゃないかと。令和3年の11月にやるよりも、令和2年のほうが近いからみたいな議論もあって、必ずしも令和3年度が20周年記念事業だということは限らないということを、まず、事実確認としてさせていただきたいと思います。  あわせてなんですけれども、この工程表を見ると、令和3年度に20周年を実施するというふうになると、今ここにいる人たちもみんなかわっちゃいますし、議会人事もかわっちゃうと思うんです。例えば来年の8月だとか、仮にちょっと、3月議会は春休みだから無理だということなんだと思うんですけれども、1月の冬休みだとか、その辺を目がけて、やってできなくはないと思うんですけれども、やっぱりこれは時間をとったほうがいいという判断なんですか。 52 ◯保谷(な)委員長 中身について、一応、子ども議会を想定しておりますので、夏休みだろうということです。来年の夏休みという選択肢もありましたけれども、そこは時間的に厳しいだろうということで、もう1つ先の2021年の夏休みということを想定して、今、スケジュールを組ませていただいております。 53 ◯浜中委員 皆さん、各会派に持ち帰って、どっちのスケジュールのほうがいいんだというような話の議論にこれからなっていくんだと思うんですけれども、予算も含めて、子ども議会は、議場に子どもを呼んで、基本的には市政に──大津というか、彦根とかで見たパターンだとか、ほかの過去の、小林たつやさんとか佐々木さんが議長をやっていたときの資料とかを見ていても、ここでまとまればの話ですけれども、そんなに予算とか時間とかというのがかからないんじゃないかなというふうに思うんですが、それはやっぱり時間をかけて、予算をかけてやったほうがいいという判断なんですか。 54 ◯保谷(な)委員長 それも含めて議論をさせていただきましたので、予算を使うかどうかはこれからの考えですけれども、時期については、大変申しわけないですけれども、この時点で来年のことを言われても難しいと思います。 55 ◯浜中委員 それを、これからワールドカフェとか、皆さんと話すんじゃないんですか。もう時期はこれで決めて、内容はその後に決めるということなんですか。 56 ◯保谷(な)委員長 浜中委員の認識のとおりでございます。 57 ◯浜中委員 私は、このあれもそうなんですけれども、時期も含めて、皆さんと話したほうがいいんじゃないかというふうに思いますので、提案させていただきます。 58 ◯森(し)委員 ちょっと私からも確認をさせていただきたいんですが、委員長のほうで、このシートを用意していただいたんですけれども、このシートをつくるに当たって、今のお話を聞いている限り、仮に子ども議会を想定した場合には、このような工程でしか組めないというふうにも聞こえるんですね。ただ、今、浜中委員が言われたように、別にこれに固執しなくたって、1年前倒しもできるんじゃないかというような話もあったんですけれども、そこら辺のところを、委員長と事務局でこの表をつくられた経緯という部分では──要は、子ども議会をやるに当たって、市内の学校、要するに教育委員会、相手方もいることだというふうに私は認識していますが、そういうところを加味して、こういう日程が一番妥当なんだというような御説明なのか、そうじゃなくて、浜中委員の言うように、まだまだやりようはあるんですよという余地があるのかという、そこだけちょっと質問させてください。 59 ◯保谷(な)委員長 これについては、2021年の夏──夏というのは、初めてここで提案させていただいておりますけれども、2021年度にやるというお話は、この議会運営委員会が始まって、この話が出た冒頭から同じことをずっと申し上げているわけですので、改めて、来年やるというようなスケジュールは持っておりません。 60 ◯田村委員外議員 手短に。私も、お示しいただいたスケジュールで、確かに来年の夏は、若干、調整等の時間を考えると、少しタイトかなという気はしていたので、2021年度のどこかなのかなというふうに、おぼろげには思っていたんです。ただ、確かに、20周年が前年度の1月に来て、西東京市で20周年だねというものの関連事業というのがいろいろとある中で、かなり取り残されて、ぽつんと翌年度にやってくるような雰囲気にならないのかなという懸念と、あとは、議会人事というところも、私もちょっと頭から落ちていたので、がらがらっとかわったときに、前の議論がきちんと踏襲されて──議会議員自体はかわらないのであれですけれども、人事がかわるということがあるので、そこが、うまく積み重ねた議論が、いざ実施の段階になって何か全然違うメンバーになって、わあわあ言うというようなことがないような形で、うまく進むのであればよいかなと思います。日程については、私はこんなイメージかなとは思っておりましたという認識だけお伝えします。 61 ◯保谷(な)委員長 御意見ありがとうございます。  人事の入れかわりがあるわけですけれども、それを乗り越えてやっていくためにも、ちゃんとした準備が必要かなと思っております。  ほかになければ、きょうの委員会はこの程度で閉会としたいと思いますが、よろしいでしょうか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 62 ◯保谷(な)委員長 では、本日の議会運営委員会閉会いたします。
                    午前10時48分閉会  ───────────────────────────────────────                              議会運営委員長                                保 谷 なおみ 西東京市 © Nishitokyo City 2001-2019 All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...