板橋区議会 > 2019-02-28 >
平成31年2月28日議会運営委員会−02月28日-01号

  • "���������������������������������"(/)
ツイート シェア
  1. 板橋区議会 2019-02-28
    平成31年2月28日議会運営委員会−02月28日-01号


    取得元: 板橋区議会公式サイト
    最終取得日: 2021-04-26
    平成31年2月28日議会運営委員会−02月28日-01号平成31年2月28日議会運営委員会  議 会 運 営 委 員 会 記 録 開会年月日  平成31年2月28日(木) 開会時刻   午後 1時00分 閉会時刻   午後 1時39分 開会場所   第3委員会室 議   題  別紙運営次第のとおり 出席委員  委 員 長   田 中やすのり       副委員長    大 田 ひろし  理事委員    高 沢 一 基       理事委員    竹 内   愛  理事委員    高 橋 正 憲       委   員   山 田 貴 之  委   員   田中しゅんすけ       委   員   山 内 え り  委   員   かいべ とも子  議   長   大 野はるひこ       副 議 長   なんば 英 一 欠席委員  な    し 説明のため出席した者
     区   長   坂 本   健       副 区 長   橋 本 正 彦  教 育 長   中 川 修 一       政策経営部長  堺   由 隆  総務部長    森     弘       政策企画課長  篠 田   聡  財政課長    小 林   緑       総務課長    林   栄 喜 事務局職員  事務局長    太野垣 孝 範       事務局次長   丸 山 博 史  議事係長    浅 子 隆 史       庶務係長    渡 辺 明 美  調査係長    安 井 聖津子       書   記   森 下 慎 吾               議会運営委員会運営次第 1 開会宣告 2 理事者あいさつ 3 署名委員の指名 4 議  題    (1)第1回定例会追加提出案件について(3頁)    (2)提出案件付託委員会について(5頁)    (3)第1回定例会日程変更について(6頁)    (4)本会議第2日及び第3日の運営について(7頁)    (5)(仮称)板橋区議会災害対応ガイドライン骨子案)について(9頁)    (6)平成30年度第2回議員安否確認訓練の実施について(15頁)    (7)区議会ホームページで公開している情報の掲載期間の設定について(17頁) 5 閉会宣告委員長   ただいまから議会運営委員会を開会いたします。 ──────────────────────────────────────── ○委員長   初めに、理事者のご挨拶をお願いいたします。 ◎区長   一言ご挨拶を申し上げます。  過日の各委員会におきましては、提案いたしました条例、また補正予算などにつきまして、ご審議を賜りまして、まことにありがとうございました。引き続き、本会議でご決定を賜りますようにお願い申し上げます。  なお、2件の一部改正条例議案を追加で提出させていただきます。何分にもよろしくお願い申し上げます。  以上でございます。 ──────────────────────────────────────── ○委員長   次に、署名委員を指名いたします。  田中しゅんすけ委員、山内えり委員、以上お二人にお願いいたします。 ──────────────────────────────────────── ○委員長   次に、議題に入ります。  第1回定例会追加提出案件についてを議題といたします。  初めに、追加提出予定案件についてを総務部長から、次に、議員提出議案についてを山内委員から説明願います。 ◎総務部長   それでは、明日の本会議において追加上程をさせていただきます案件についてご説明申し上げます。資料1−1をごらんをいただきたいと存じます。  議案は2件ございます。  まず、1、災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例でございます。  災害弔慰金支給等に関する法律等の改正に伴いまして、災害援護資金の貸し付けに係る保証人、利率及び償還方法の規定を改めるほか、所要の規定整備を行うものでございます。  続きまして、2番、東京都板橋区国民健康保険条例の一部を改正する条例でございます。  平成31年度の板橋区国民健康保険事業を適正に運営するため、保険料率保険料賦課割合賦課限度額等を改定するほか、所要の規定整備をするものでございます。  以上でございます。よろしくお願いいたします ◆山内えり   それでは、資料の1−2をごらんください。  議案第36号 平成31年度東京都板橋区一般会計予算に対する修正動議についてご説明いたします。  本議案につきましては、地方自治法第115条の3及び東京都板橋区議会会議規則第15条の規定により提出したものです。  提出者は、山内えりほか7名です。  まず、2ページをお開きください。  本修正案は、歳入歳出ともに、区長提案予算案に対し、1億6,818万5,000円を増額し、合計2,164億3,818万5,000円とするものです。  修正理由についてです。  1つ目は、感震ブレーカーの配付及び避難行動支援者世帯に対する取りつけ支援事業の実施、2つ目は、冷房機器設置助成事業の実施、3つ目は、区内共通商品券を配付する小・中学校入学お祝い事業の実施、4つ目は、1か月児健康診査及び産婦健康診査助成事業の実施、5つ目6つ目は、就学援助事業の拡充として、準要保護生徒に対する中学校クラブ活動費を対象に拡大するためです。  次に、歳入の部です。  3ページをお開きください。  先ほど歳出の部で説明いたしました事業を実施するため、産婦健康診査助成事業に対する国及び都の補助金を計上します。  また、冷房機器設置助成事業に係る再任用職員各種保険料納付金を計上します。  また、財政調整基金から1億5,614万4,000円を繰り入れます。  提案理由は、区民の福祉向上に寄与する事業を充実する必要があるためです。  次に、資料1−3をごらんください。  議案第39号 東京都板橋区国民健康保険条例の一部を改正する条例について説明いたします。  提出者は、井上温子議員ほか14名です。  本議案は、国民健康保険制度加入世帯のうち、複数の子どもがいる世帯の保険料負担を軽減するため、18歳未満の子ども均等割額を一部減額するものです。第2子を10分の5、第3子からは10分の9を減額する内容です。  提案理由は、毎年上がり続ける国民健康保険料に対し、多子世帯に対する均等割額を軽減する必要があるためです。  施行日は、平成31年4月1日です。  よろしくご審議お願いいたします。 ○委員長   本件について質疑のある方は挙手願います。          (発言する人なし) ○委員長   特段の質疑がなければ、本件についてはご了承願います。 ──────────────────────────────────────── ○委員長   次に、提出案件付託委員会についてを議題といたします。  本件について説明願います。 ◎事務局長   それでは、資料2−1と2−2をごらんいただきたいと思います。  まず、資料2−1でございます。  議案付託事項表(案)でございます。  3月1日の付託分でございます。  議案第37号 災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例、議案第38号 東京都板橋区国民健康保険条例の一部を改正する条例、議案第39号 東京都板橋区国民健康保険条例の一部を改正する条例、いずれの議案につきましても、健康福祉委員会に付託するものでございます。  続きまして、資料2−2をごらんいただきたいと思います。  平成31年3月6日の付託分でございます。  議案第1号 平成31年度東京都板橋区一般会計予算及び議案第2号から5号、各特別会計予算並びに議案第36号 平成31年度東京都板橋区一般会計予算に対する修正動議につきましては、いずれも予算審査特別委員会に付託するものでございます。  以上でございます。よろしくお願い申し上げます。 ○委員長   本件について質疑のある方は挙手願います。          (発言する人なし) ○委員長   特段の質疑がなければ、本件についてはご了承願います。
    ──────────────────────────────────────── ○委員長   次に、第1回定例会日程変更についてを議題といたします。  本件について説明願います。 ◎事務局長   それでは、資料3をごらんいただきたいと思います。  第1回区議会定例会日程変更の案でございます。  変更内容につきましては、追加上程予定共産党からの平成31年度当初予算案に対する修正動議及び共産党市民クラブ、無所属からの条例制定議案並びに区長からの条例改正2議案に関しまして、3月1日金曜日午前9時30分に議案説明会を開催いたします。  また、3月19日火曜日、議会運営委員会終了後に、条例関連審査のため、健康福祉委員会を開催いたします。  また、一番下の欄に記載してございますけれども、3月22日9時30分開催予定議会運営委員会につきましては、3月19日開催の健康福祉委員会における審議の結果により開催の有無が決定いたしますので、あわせてご報告を申し上げます。  以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○委員長   本件について質疑のある方は挙手願います。          (発言する人なし) ○委員長   特段の質疑がなければ、本件についてはご了承願います。 ──────────────────────────────────────── ○委員長   次に、本会議第2日及び第3日の運営についてを議題といたします。  本件について説明願います。 ◎事務局長   それでは、資料4−1をごらんいただきたいと思います。  本会議第2日の運営次第(案)でございます。  期日につきましては、3月1日金曜日でございます。  開議宣告会議録署名議員の指名、諸報告に続きまして、委員会報告となります。  企画総務委員会でございます。  議案第10号 東京都板橋区職員定数条例の一部を改正する条例につきましては、委員会での表決は原案可決でございます。少数意見の留保があり、討論の申し出があります。荒川なお議員坂本あずまお議員です。表決の方法につきましては、起立表決お願いを申し上げます。  次に、議案第11号 東京都板橋区東武東上線連続立体化事業特別会計条例及び議案第12号 東京都板橋区東武東上線連続立体化事業基金条例については、一括で議題といたします。委員会での表決は原案可決でございます。少数意見の留保があり、討論の申し出がございます。小林おとみ議員、茂野善之議員でございます。表決の方法につきましては、起立表決お願い申し上げます。  次、議案第34号 東京都板橋区男女平等参画基本条例の一部を改正する条例につきましては、委員会での表決は否決でございます。少数意見の留保がございます。表決の方法につきましては、起立表決でよろしくお願い申し上げます。その他のものにつきましては、簡易表決お願い申し上げます。  次に、区民環境委員会でございます。  議案第18号 東京都板橋区立地域センター条例の一部を改正する条例につきましては、委員会での表決は原案可決です。少数意見の留保がございます。表決の方法につきましては、起立表決お願いをいたします。  議案第35号 東京都板橋区地球温暖化防止条例につきましては、委員会での表決は否決でございます。少数意見の留保がございます。表決の方法につきましては、起立表決お願いを申し上げます。その他のものにつきましては、簡易表決お願い申し上げます。  続きまして、健康福祉委員会でございます。  議案第27号 東京都板橋区立いこい家条例の一部を改正する条例につきましては、委員会での表決は原案可決です。少数意見の留保がございます。表決の方法につきましては、起立表決お願いいたします。その他のものにつきましては、簡易表決お願いいたします。  都市建設委員会につきましては、全て簡易表決お願いをいたします。  文教児童委員会でございます。  陳情第182号 あいキッズのおやつ(補食)提供時間を午後4時からでも可能とすることを求める陳情及び陳情第183号 あいキッズ利用児童等にあいキッズ利用アンケートを行い、その結果をあいキッズ事業の改善に反映させることを求める陳情につきましては、一括で議題といたします。委員会での表決は不採択でございます。少数意見の留保がございます。表決の方法につきましては、起立表決お願いをいたします。その他のものにつきましては、簡易表決お願いをいたします。  続きまして、東武東上線連続立体化沿線安全対策調査特別委員会地域包括ケアシステム調査特別委員会危機管理対策調査特別委員会及び子ども貧困対策調査特別委員会、各特別委員会につきまして報告及び結了の議決をお願いするものでございます。そして、予算審査特別委員会報告となります。  議案第6号 平成30年度東京都板橋区一般会計補正予算(第2号)、議案第7号 平成30年度東京都板橋区国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案第8号 平成30年度東京都板橋区介護保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第9号 平成30年度東京都板橋区後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)を一括して議題といたします。委員会での表決は原案可決でございます。討論の申し出がございます。小林おとみ議員、山田貴之議員でございます。表決の方法につきましては、起立表決お願いをいたします。  その後、意見書の上程となります。  議案第40号 精神障がい者に対する交通運賃割引の適用を求める意見書です。提案理由の説明は、間中りんぺい議員お願いいたします。  議案第41号 妊婦が安心できる医療提供体制の充実と健康管理の推進を求める意見書でございます。提案理由の説明は、幹事長会ローテーションにより、田中やすのり議員お願いいたします。  続いて、追加議案の上程がございます。  議案第37号 災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例及び議案第38号 東京都板橋区国民健康保険条例の一部を改正する条例でございます。提案理由の説明が副区長からございます。  議案第39号 東京都板橋区国民健康保険条例の一部を改正する条例は、提案理由の説明がかなざき文子議員からございます。  その後、追加議案委員会付託を行い、平成31年度当初予算議案及び予算修正動議の上程となります。  施政方針説明が区長よりございます。  区長提出予算提案理由説明省略の決定をいただきます。  続いて、予算修正動議、議案第36号 平成31年度東京都板橋区一般会計予算に対する修正動議について提案理由の説明がかなざき文子議員からございます。  その後、延会宣告となります。  終了はおおむね2時ごろを見込んでいるところでございます。  続きまして、資料4−2をごらんいただきたいと思います。  本会議第3日の運営次第(案)でございます。  期日は3月6日水曜日でございます。  開会宣告会議録署名議員の指名に続きまして、施政方針に対する代表質問となります。  田中やすのり議員68分、大田ひろし議員50分、竹内愛議員36分、高橋正憲議員27分、高沢一基議員18分でございます。  当初予算議案等委員会付託を行い、次回日程の報告となります。  その後、散会宣告となり、終了は午後5時ごろと見込んでいるところでございます。  以上でございます。 ○委員長   本件について質疑のある方は挙手願います。          (発言する人なし) ○委員長   特段の質疑がなければ、本件についてはご了承願います。 ──────────────────────────────────────── ○委員長   それでは、これから議会内部の議題となりますので、理事者の方は自席にて待機していただいて結構です。  次に、(仮称)板橋区議会災害対応ガイドライン骨子案)についてを議題といたします。  本件について説明願います。 ◎事務局次長   よろしくお願いいたします。  それでは、資料の5をごらんください。  (仮称)板橋区議会災害対応ガイドライン骨子案)についでございます。  こちらは、板橋区議会災害対応方針に基づきまして、区議会における各場面に合わせた具体的な行動計画タイムライン)を定めるために、(仮称)板橋区議会災害対応ガイドライン骨子案)を作成したもので、策定に向けて下記のとおり検討を進めてまいりたいと考えてございます。  まず、記書きの1でございます。  (仮称)板橋区議会災害対応ガイドライン全体イメージについてでございます。  本骨子は区議会災害対応方針に定めた議員、議会、事務局の役割を果たすための具体的な行動を、発災から経過期間別に3つに分類し、区議会における各場面に合わせ記載していくものでございます。  別紙1には、区議会災害対応方針や板橋区議会災害対策会議と板橋区業務継続計画震災編)、板橋区災害時初動マニュアル等の関係を整理した全体のイメージを示してございますが、後ほどご説明いたします。  記書きの2番、今後のスケジュールの予定でございます。  下記のスケジュール(予定)で議会運営委員会に報告し、意見を集約しながら検討を進めてまいりたいと思ってございます。  まず、31年2月28日、本日ですが、ガイドライン骨子案)を報告させていただいてございます。そして、3月19日までに骨子案についての各会派からの意見をお願いいたします。こちらの別紙2の意見集約シートの提出ですが、こちらも後ほどご説明いたします。  次に、6月にガイドラインの素案を報告、こちらの委員会のほうにさせていただきたいと思ってございます。また、素案についての各会派からの意見も提出をお願いいたします。  そして、最後、10月を目途にガイドライン最終案を報告し、議会運営委員会での決定をお願いいたしたいと思っております。  それでは、別紙1をごらんください。  こちらが(仮称)板橋区議会災害対応ガイドラインの全体イメージでございます。  まず、策定の目的ですが、こちらは、議会基本条例の第17条に定める危機管理における区議会の役割を全うするため、28年3月に議会運営委員会で決定した東京都板橋区議会災害対応方針に基づく具体的な行動指針ガイドライン)を定めるとしてございます。  そして、真ん中網かけが板橋区議会災害対応ガイドライン骨子案)、今回はこちらのガイドライン骨子案に対するご意見をいただくものでございます。  この骨子案では、1の初動対応(発災〜3日)、2、中期(3日〜7日)、3、後期(7日〜1か月)、4、その他の4つのシーンに分けてございます。  そして、左側の網のかかっていない東京都板橋区議会災害対応方針をごらんください。  こちらは、議員の役割、議会の役割、事務局の役割を規定してございまして、その災害対応方針に定めた役割を果たすための具体的な行動を、この矢印のとおり、各シーン別ガイドラインに記載していきたいと思ってございます。  そして、その下、板橋区議会災害対策会議でございますが、こちらの所管事務といたしまして、災害等の情報を議員及び区本部から収集・整理し、必要に応じて議員及び区本部に情報提供するというものと、区本部及び関係機関に対し、優先順位を付して要望及び提言を行うとしてございまして、こちらも大きい矢印があるんですが、災害対策会議活用方法を記載していきたいと考えてございます。  そして、その左側の一番下に、板橋区災害対策本部が下記の設置基準で設置されますと、板橋区議会災害対策会議同時設置ということで自動設置されますので、区の対策本部との連携も必要となってございます。  そして、この表の右側をごらんください。  板橋区災害時初動マニュアルでございますが、こちらに区議会事務局活動内容ということで、まず区議会に対する災害情報の連絡を1日以内に達成しましょうというものと、区議会議員等被災確認安否確認を3時間以内に達成しましょうというマニュアルがございます。  そして、その下、東京都板橋区業務継続計画震災編)では、区議会事務局非常時優先業務というのを定めてございまして、まず優先順位A、最優先のところで、1時間以内のところで庶務に関すること、優先順位B、その次ということで、3時間以内、区議会に対する災害情報の連絡、区議会議員等被災確認安否確認でございます。そして、優先順位Cのところで、3日以内というところで幹事長会の開催がございます。Cのところから矢印が出ていますが、そこの検討事項というところで、今回幹事長会の議題について皆様からご意見をいただければと思ってございます。  まず、発災から3日につきましては、災害発生時のシーンとして、会議中、本会議だったり、委員会中だったり、または会議時間外、定例会中もありますし、閉会中もあると思うんですが、会議時間外、そして視察等区外にいる場合ということで分けてございます。ですので、この3つの場分けのご意見であったり、それにとらわれずに、議会として基本的に動かなければならないような、議題にしなければならないことがあればご意見をいただければと思います。  次に、中期のところにつきましては、(1)の災害情報の収集と災害情報の発信ということで、こちらの検討事項につきましては、1)として、情報収集・発信に使用する書式についてと、2)の情報発信方法についてでございます。  3の後期(7日〜1か月)というところには、議会機能早期復旧ということがありまして、検討事項につきましては、幹事長会の議題ということで、こちらもどういったことを議題にするかをご意見いただければと思います。  最後に、その他といたしまして、(1)の議員安否確認システム登録手順や平常時における訓練ということで、検討事項といたしましては、情報伝達訓練の実施・訓練の時期についてと「その他」に記載する内容についてとしてございます。  そして、一番下の網かけの部分ですが、上記の項目を時系列で示すために、行動計画タイムライン)を作成してまいりたいと思ってございます。
     裏面をごらんください。  こちらに、(仮称)板橋区議会災害対応ガイドライン行動計画タイムライン)のイメージを記載してございます。  真ん中四角囲みのところに、実線、点線でございますが、こちらもイメージですが、実線であらわす矢印として、板橋区議会災害対応方針や板橋区業務継続計画震災編)、板橋区災害時初動マニュアルに定められている項目を記載したいと思ってございます。  下、点線の矢印につきましては、今回ご意見いただく(仮称)板橋区議会災害ガイドラインで検討していく項目を記載していくこととしてございます。ただし、これはあくまでイメージですので、今後、精査して、また改めてご提案をしたいと思っています。  また、その下の四角で、シーン別ということで、1)から3)に応じた行動計画タイムライン)を作成していきたいと思ってございまして、先ほど言った会議中なのか、会議時間外なのか、視察等区外なのかというところを検討していきたいと思ってございます。  それでは、また表面をごらんいただきながら、別紙2をごらんいただければと思います。  別紙2が意見集約シートということでございまして、こちらの別紙1でお願いしている網かけの部分の1から4に対応してございまして、まず1枚目、1が初動対応、発災から3日目ということでございます。  こちらの検討事項が、板橋区業務継続計画では、発災後3日以内に幹事長会を開催することになっております。発災後3日以内に開催する幹事長会において、下記項目以外に検討すべき議題があれば記入してくださいということで、事務局としては、被害状況についてと発災後の会議運営方法についてを議題としたいと考えておりますが、そのほかに何かあればご意見をいただければと思います。  また、その他といたしまして、初動対応において、幹事長会の開催以外にガイドラインに盛り込むべき内容があれば記入をお願いいたします。  続きまして、2枚目をごらんください。  こちらが中期(3日〜7日)でございますが、まず検討事項の1)といたしまして、発災時に収集する災害情報は、議員が収集する情報も、区災害対策本部が収集する項目に合わせ、効率的に収集すべきと考えております。このことについてご意見があればご記入ください。  また、2)といたしまして、板橋区議会災害対応方針及び板橋区議会災害対策会議の所管事項では、以下2点の情報発信・提供を議会、議員の役割としてございます。(ア)として、区本部から提供される災害情報を区民に発信する手段、(イ)としまして、地域で収集した災害情報を区に発信する手段。この(ア)、(イ)の2点について、災害情報をどのように発信すべきか、意見があればご記入をお願いいたします。  その他といたしまして、検討事項の1)、2)以外にガイドラインに盛り込むべき内容があればご記入をお願いいたします。  続きまして、3枚目、3ページをごらんください。  こちらが3の後期(7日〜1か月)ということで、こちらの検討事項につきましては、後期では、議会機能早期復旧させるため、幹事長会の開催を想定してございます。後期に開催する幹事長会において、下記項目以外に検討すべき議題があれば記入してくださいということで、議題といたしましては、定例会再開時期について、区災害対策本部に対する要望・提言事項の検討についてでございます。これ以外にあれば、ご意見のご記入をお願いいたします。  また、その他といたしまして、後期において、幹事長会の開催以外にガイドラインに盛り込むべき内容があればご記入をお願いいたします。  最後、4ページ目をごらんください。  その他でございます。  検討事項といたしましては、1)として、現在実施している安否確認訓練のほかに、区議会において、板橋区が被災したことを想定して、災害情報伝達訓練を新たに実施すべきと考えてございます。訓練の実施方法、時期についてご意見があればご記入をお願いいたします。そのほか、実施すべき訓練があればご記入をお願いいたします。  また、その他といたしまして、検討事項1)、2)以外にガイドラインに盛り込むべき内容があれば、ご記入をお願いいたします。  提出期限につきましては、3月19日の火曜日までとしてございます。  最後なんですけれども、午前中の議会運営委員会理事会においてご意見が出されましたので、それについてご報告をさせていただきます。  まず、東日本大震災発生時における板橋区議会としての対応を総括すべきとのご意見がございましたので、6月にこちらで素案の報告をさせていただきますので、それまでに東日本大震災発生時に板橋区議会がどのような動きをしたのかをまとめ、素案とあわせてご提示させていただきたいと思ってございます。そのため、東日本大震災発生を踏まえたご意見、ご提案がある場合では、素案に対するご意見とあわせていただきたいと思っているので、よろしくお願いいたします。  次に、被害想定により異なるのではないかと、また予算や決算を審議する定例会やその他の定例会、閉会中の委員会、議会が開かれていない状況によって対応が異なるのではないかというご意見がございまして、今回のガイドラインでは、理事会で出たご指摘のとおり、区議会における各場面を想定した対応のためのガイドラインを作成したいと事務局では考えてございます。  また、被害想定につきましては、区の地域防災計画の被害想定を基本にガイドライン作成を考えてございます。被害想定は、広げれば際限なく広がっていくのですが、本ガイドラインにつきましては、災害が発生した際に、区議会や議員、事務局のとるべき行動の基本的な方針をまとめたいと考えてございますので、よろしくお願いします。  そのため、さまざまな災害が発生することが考えられますけれども、どのような災害においても、区議会、議員がとらなければならない基本的な部分についてガイドラインに盛り込むべき内容について、意見集約シートをご記入いただければと思ってございます。もちろん、理事会でいただきましたご意見につきましては、反映できるもの、反映が難しいものはございますが、こちらとしても検討してまいりたいと考えてございます。  説明につきましては、以上でございます。 ○委員長   本件について質疑及び意見のある方は挙手を願います。 ◆高沢一基   先ほど理事会でもお話しさせていただいて、ちょっと今漏れているような感じがしたので確認させていただきたいんですけれども、そのときの定例会中なのか、閉会中なのか、あと時期、前言ったように、3月の予算を審議する時期なのかとか、そういったことにもよって、発災時期によって対応が異なると思うんですけれども、議会自身がどういう行動をするということはもちろんあるんですけれども、最大の務めは、やっぱり議決機関として、議決をしなくちゃいけないものというのが想定されるのかな。なので、ぜひ区側に例えば予算案の審議だったら、もちろん予算の議決が必要となるのかもしれないし、途中であれば補正予算の議決が必要になるとか、あるいは何か条例とかが必要になるのかとか、何かそういう想定があれば、それを事前に調べておいていただいて、この時期であればこういう議決が必要だよというものが想定されているならば、区のほうで、そこはちょっとお調べいただいて、共通認識を持ったほうがいいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。 ◎事務局次長   まさにその部分は事務局で、議案であったり、時期であったりというのは検討して、ある程度想定はしていきたいかなと思ってございます。皆様には、議員としてどのような動きが必要かとかいう部分についてご意見をいただければと思いますが、その素案を作成するところまでにはいろいろこちらの想定もできてくると思いますので、参考としてご提示させていただければと思ってございます。 ○委員長   それでは、事務局の説明のとおり、意見集約シートを3月19日までに事務局にご提出ください。  本件については、この程度でご了承願います。 ──────────────────────────────────────── ○委員長   次に、平成30年度第2回議員安否確認訓練の実施についてを議題といたします。  本件について説明願います。 ◎事務局次長   それでは、資料の6をごらんください。  平成30年度第2回議員安否確認訓練の実施についてでございます。  こちらは、東京都板橋区議会災害対応方針の規定に基づきまして、区議会議員を対象とした災害時における安否確認訓練を下記のとおり実施いたします。  なお、前回の訓練からメールアドレスを変更された議員につきましては、改めて安否確認システムに登録をお願いいたします。  それでは、記書きの1番でございます。  訓練日時は、平成31年3月10日日曜日、午前7時にメール配信がございます。  2、訓練想定では、板橋区内で震度6強以上を観測する地震が発生したとしてございます。  3、対象者は、全議員でございます。  4、訓練内容は、裏面の安否確認訓練手順でございますが、後ほど説明させていただきます。  5、前回の結果でございますが、登録者が44名、未登録者が2名ということでございます。返信者につきましては28名、未返信が16名ということで、いずれも平成30年9月3日の午前9時時点のものでございます。  6のそのほかといたしまして、(1)の当日は参集の必要はありませんということと、(2)として、返信がない場合は区議会事務局から電話連絡をすることがございますというものでございます。  それでは、裏面をごらんください。  議員安否確認訓練手順でございます。  まず、手順の1といたしまして、訓練日時に下記のメールを一斉に配信いたします。  そして、手順2といたしまして、上記のメール受信後に、本文のURLよりアクセスし、安否状況の登録を行ってください。該当する項目をチェックして送信ボタンをクリックしていただければ終わりです。なお、議員の方々は安否状況のみの登録になります。こちらで訓練は終了となりますので、よろしくお願いいたします。  表面の前回の結果というところで、返信者がちょっと少ない状況がございますので、いま一度会派内でご周知いただきまして、返信いただくようお願いいたします。  説明につきましては、以上でございます。 ○委員長   本件について質疑のある方は挙手願います。          (発言する人なし) ○委員長   特段の質疑がなければ、本件についてはご了承願います。 ──────────────────────────────────────── ○委員長   次に、区議会ホームページで公開している情報の掲載期間の設定についてを議題といたします。  本件について説明願います。 ◎事務局次長   それでは、資料の7をごらんください。  区議会ホームページで公開している情報の掲載期間の設定についてでございます。  こちらは、平成32年3月ごろに予定する区公式ホームページのリニューアルに向け、板橋区公式ホームページ運営基準が平成30年12月15日に一部改正となります。それにおきまして、区ホームページで公開している情報について、それぞれの特性を考慮した上で、掲載期間を定めることとなってございます。  これに伴いまして、区議会ホームページで公開している情報につきましても、各ページの掲載内容や重複を整理し、検索及び閲覧しやすいホームページとするために、下記のとおりの掲載期間を設定するものでございます。  記書きの1の掲載期間の設定ですが、下記のとおり、前任期分までの掲載を基本としつつ、それぞれの情報の特性に応じた掲載期間の設定を行う予定でございます。  まず、掲載期間の前任期分までの掲載、最短で4年、最長で8年でございますが、該当する情報といたしましては、委員会の次第及び資料、特別委員会報告書、請願・陳情の審査結果・審査状況総括表、議案書・議案の審査状況、意見書・決議・要望書等一覧、いたばし区議会だより、議会報告会報告書でございます。  次は、5年間掲載、こちらは条例の保存年限に準拠するというものでございますが、政務活動費でございます。  3年間掲載といたしましては、文書保存年限に準拠するもので、議会交際費でございます。  次に、1年間掲載ということで、掲載時に前年度分を終了するものとして、予算、決算特別委員会分科会次第でございます。こちらにつきましては、全く同じ内容が掲載されているということで、1年ごとに掲載ということにさせていただきたいと思ってございます。  次に、開催中及び開催予定分を掲載ということで、会議日程でございます。  また、直近の定例会分を次回定例会まで掲載するものとしては、本会議の次第、質問通告一覧でございます。こちらにつきましては、本会議録がアップされれば、そこで確認できますのでということで、直近の定例会分ということにしてございます。  掲載期間を設定しない情報としましては、年報、会議録検索システム、こちらは外部リンクでございます。あと、手続の案内や制度説明に関する情報でございます。年報を掲載することによりまして、かなり掲載期間終了後に消えてしまう情報も網羅されておりまして、例えば委員会の次第ですとか、請願・陳情の審査結果、議案の審査結果、意見書・要望書等はこちらで網羅できますので、年報で代替していきたいと思ってございます。  それでは、裏面をごらんください。  掲載を終了する情報でございます。  こちらは、条例や要綱の制定等により、目的を既に達成している以下の内容の掲載ページについては、情報の掲載を終了することとしてございます。  議会基本条例制定時の検討部会に関する次第、資料、会議録、緊急時における議会のあり方検討部会の次第、資料、会議録、本会議中継導入検討会報告書でございます。  3の掲載期間の設定時期でございますが、平成31年5月1日付で掲載期間を設定いたします。掲載期間を前任期分までとする情報につきましては、平成27年4月以前の情報が掲載終了となります。  また、こちらも午前中の理事会でお話が出たんですが、削除されているデータの資料はどうなるのかということでございますが、保存できるものにつきましては、事務局で保存したいと思ってございます。また、保存するということにつきましては、区民の方への周知を行ってはどうかということでしたので、そのような形で検討したいと思ってございます。  また、先ほども申し上げましたが、消えてしまうデータは、ホームページ上で見ることができないのかというところでは、年報である程度カバーできますので、そちらも区民の方に周知をしていきたいと思ってございます。  説明につきましては、以上でございます。 ○委員長   本件について質疑のある方は挙手願います。 ◆大田ひろし   すみません、理事会で確認しておけばよかったんですけど、これは平成32年の3月に予定する区公式ホームページのリニューアルに向け、板橋区議会を見直すということなんですが、これを実際実行するのは、この区のホームページのリニューアルと同じと考えてよろしいんですか。 ◎事務局次長   資料7の裏面をごらんいただきたんですけれども、掲載期間の設定時期ということでは、31年の5月1日で掲載期間を設定したいと考えてございます。ここで一旦必要な情報、必要でない情報を精査させていただいて、リニューアルにつきましては、先ほど大田委員がおっしゃったように、32年3月ごろになりますので、内容が変わってくるのは、32年の3月ですが、情報の整理につきましては、改選期ということで、31年の5月1日を予定してございます。 ◆竹内愛   引き継がないデータの取り扱いについては、事務局で可能な限り保存をするということなんですけれども、特に政務活動費や議会交際費などについては、この掲載期間だけでなく、後からきちんと見ることができるようにする必要があると思うんですね。ただ、原本というか、紙ベースで持っているというのはすごく大量になるので、デジタルデータ化というのをぜひ検討していただきたいと思いますが、その点についてはいかがでしょうか。 ◎事務局次長   そうですね。確かに原本で持っているよりは、物理的に保存するということは可能でございますが、保存年限ですとか、そういったものになりますと、区全体の文書管理の話になってございますので、全体としてどう考えていくかということになるかと思います。ただ、一応保存年限でございますので、保存年限が終わっているものをそのままホームページに公開していくのがいいのかという観点もございますので、その辺はちょっと整理させていただきたいと思ってございます。 ◆山内えり   確認です。1ページの掲載期間を設定しない情報とありますけれども、それについては、設定しないということなので、内容としてはわかるんですが、ただ、年報で確認となりますと、委員会の次第、それからどういったものがこの年報で網羅できるのか、もう一度ちょっと、もし具体的なものがわかっていれば教えていただきたいと思います。
    事務局次長   年報で記載してあるものなんですけれども、まずこちらにあるものでは委員会の次第があります。また、3つ目の請願・陳情の審査結果・審査状況総括表。4段目の議案の審査状況、5段目の意見書・決議・要望書等一覧。1年間掲載となってございますが、予算、決算特別委員会分科会の次第。その下、会議日程、その次の本会議の次第、質問通告一覧などがホームページで記載されているもので、年報に載っているものとして、ここら辺は網羅できているのかなというところでございます。 ○委員長   本件については、この程度でご了承願います。 ◎事務局次長   最後にすみません、終わってしまった議案なんですけれども、災害対応ガイドラインのところの各会派の意見募集のところなんですけれども、会派名ということでなってございましたが、個人で出していただいて、それを会派でとりまとめて出していただくという形にしていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。 ──────────────────────────────────────── ○委員長   以上をもちまして、議会運営委員会を閉会いたします。...