ツイート シェア
  1. 世田谷区議会 2016-12-05
    平成28年 12月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会−12月05日-01号


    取得元: 世田谷区議会公式サイト
    最終取得日: 2019-07-01
    平成28年 12月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会−12月05日-01号平成28年 12月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会 世田谷区議会地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会会議録第十号 平成二十八年十二月五日(月曜日)  場  所 第一委員会室  出席委員(十三名)    委員長         桜井 稔    副委員長        板井 斎                おぎのけんじ                河野俊弘                畠山晋一                和田ひでとし                岡本のぶ子                佐藤弘人                中塚さちよ                中里光夫                大庭正明                小泉たま子                あべ力也  事務局職員    議事担当係長      長谷川桂一
       調査係主任主事     山塚恭史  出席説明員   世田谷総合支所    総合支所長       内田政夫    地域振興課長      山田 実   政策経営部    部長          板谷雅光    政策企画課長      笹部昭博    財政課長        加賀谷 実   地域行政部    部長          萩原賢一    地域行政課長      平澤道男   総務部    部長          岡田 篤    総務課長        星 正彦    庁舎計画担当課長    秋山武徳   施設営繕担当部    部長          松村浩之    施設営繕第一課長    安間正伸   ◇ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ◇ 本日の会議に付した事件  1.報告事項   (1) 国家公務員宿舎削減計画に伴う宿舎跡地活用について   (2) その他  2.閉会中の特定事件審査(調査)事項について  3.協議事項   (1) 次回委員会の開催について   ◇ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ◇     午前九時五十九分開議 ○桜井稔 委員長 ただいまから地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会を開会いたします。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○桜井稔 委員長 本日は、報告事項の聴取等を行います。  それでは、1報告事項の聴取に入ります。  まず、(1)国家公務員宿舎削減計画に伴う宿舎跡地活用について、理事者の説明をお願いします。 ◎笹部 政策企画課長 それでは、国家公務員宿舎削減計画に伴います宿舎跡地活用について御報告させていただきます。  本件は、国の国家公務員宿舎の削減計画につきまして、平成二十六年三月に当委員会に御報告の上で、国に一括要望しました区内十四カ所の跡地の活用状況についての御報告をするものでございます。  資料でございます。表頭の左から計画番号がございます。これは国が公表しました削減対象物件の固有の番号でございます。続きまして、右に向かいまして、名称がございます。住所、面積ほか、十四カ所それぞれの内容については表にあるとおりでございます。  また、その場所でございますが、資料の右側の地図の宿舎案内図という四角で囲った地図の中に、計画番号でそれぞれの物件の場所を示してございます。  次に、その下でございます。国有地処分の流れを確認させていただきます。括弧書きにもございますとおり、左から、国による取得要望の受付、それに対します区からの要望の提出、それを受けました国の審査を経まして、処分方針の決定、さらには契約締結へと進んでまいります。なお、要望がなかった場合には一般競争入札となる仕組みでございます。  処分については、いずれも東日本大震災の復興財源に充てるために、平成二十三年から五年間の計画で活用が進められてございます。  次に、十四カ所の状況でございます。十四カ所いずれも処分方針等へと進んでおります。要望がなくて一般競争入札となった二カ所の2と11、それから東京都へ処分となりました4を除きます十一カ所の物件につきましては、道路代替地、特養ホーム、小規模特養、ショートステイ、認知症グループホーム等高齢者施設、それから認可保育園、都市公園へと活用が進んでございます。  十一カ所の活用の方法でございますが、1の内閣府の北沢宿舎につきましては道路代替地でございます。3の財務省の下馬宿舎については小規模特養ホーム等でございます。5の財務省の下馬公務員宿舎は特養ホーム等でございます。6の農水省の池ノ上寮については認可保育園、7の農水省弦巻住宅・弦巻寮については特養ホーム等、8の国交省等々力宿舎については公園と保育園、9の国交省の玉川宿舎跡地については公園と保育園、10の防衛省弦巻第一宿舎については特養ホーム等、12の防衛省宿舎については保育園、13の合同宿舎用賀住宅については公園、14の合同宿舎用賀第二住宅については特養ホーム等となってございます。  それぞれの施設の具体的な内容等につきましては、表の備考欄に記載のとおりでございます。  なお、各施設の細部の詳細な状況につきましては、適宜所管の常任委員会へ報告し進めてございます。  説明は以上でございます。 ○桜井稔 委員長 ただいまの説明に対し御質疑がありましたら、どうぞ。 ◆岡本のぶ子 委員 ちょっと確認なんですけれども、この表の一番下の米印で、世田谷区は保育園運営事業者に土地を有償で転貸するとあるんですが、この米印がついているところが、国の処分方針等で四カ所と、備考欄で二カ所ついているんですが、特に都市公園の区立玉川野毛町公園の拡張のところと、区立上用賀公園の拡張のところの米印の意味を教えていただけますか。 ◎笹部 政策企画課長 削減計画の基本的なスキームについては、国は売却というふうな方針をとってございますが、認可保育園につきましては限られた期間、待機児のニーズに適応するためということもあって、二十年間の定期借地権というスキームが認められてございます。世田谷区は一旦定期借地権でお借りしまして、区のほうから転貸という形で、定期借地権という形で進めているという状況でございます。  したがいまして、表の私立認可保育園、具体的には6と8、9、12については世田谷区へ貸し付けし、社会福祉法人へ転貸というスキームで進めてございます。 ◆岡本のぶ子 委員 私が伺いたかったのは、保育園のことは、書いてあるところはわかるんですけれども、都市公園の上用賀と玉川野毛町のところにも米印がついているんですが、この中に転貸の場所がつくられるというイメージなんですか。 ◎笹部 政策企画課長 そのとおりでございます。国家公務員宿舎の跡地の中で、都市公園のエリアと保育園のエリアを区分しまして、そして保育園のエリアについては転貸、定期借地権という形になってございます。都市公園については、国へ売却というスキームになってございます。 ◎板谷 政策経営部長 表の下に書いてあるアスタリスクの説明は、国の処分方針等の列に対する説明でありまして、備考にあります米印のほうは、それぞれの備考の中での説明でございますので、意味がちょっと違います。あくまで備考にあります米印のほうは、例えば8で言いますと、都市公園なんですけれども、今ある玉川野毛公園の拡張用地ですよという注意書きの意味で米印をつけただけです。わかりにくくて申しわけございません。 ◆岡本のぶ子 委員 わかりました。要は、区立上用賀公園の拡張ということで米印がついているけれども、この米印に意味はないということでよかったですか。 ◎板谷 政策経営部長 表の下に書いてある米印の説明とは関係のないことでございます。 ◆中里光夫 委員 4の下馬二丁目、東京都へ処分となっていますけれども、東京都の計画はどんな計画かわかりますか。 ◎笹部 政策企画課長 東京都のほうからも活用の要望が上がったということでございます。東京都の計画については、下水道局のほうから、下水道事業に要するためというふうに聞いてございます。 ◆中里光夫 委員 その詳細はわからないわけですね。 ◎笹部 政策企画課長 下水道事業の詳細につきましては詳しくはわかりませんけれども、都心において、下水道用地の確保をするために代替地として活用したいというふうに聞いてございます。 ◆中里光夫 委員 それから、この表にない話なんですけれども、代沢一丁目に会計検査院の官舎があって、ここは世田谷区は手を挙げなかったということだったと思うんですけれども、近くを通ると空き家がずっと並んでいる状況が続いていまして、その後の土地利用がどうなるかとか、そういった情報というのはあるんでしょうか。 ◎笹部 政策企画課長 ただいま御指摘の話でございますけれども、代沢一の三十六の十番に会計検査院の土地がございます。これにつきましては、現在一般競争入札のほうへ回っているという状況だと聞いてございます。宿舎としては、現在閉鎖中と聞いてございます。 ◆中里光夫 委員 それから、北沢川緑道のせせらぎ公園のところに郵政官舎だったところがあるんですが、あそこは国じゃなくて共済会の所有だというような話も聞いているんですが、地域から、あそこを何とか活用できないかという要望もたくさん受けていまして、そこはどんな状況かわかりますか。 ◎笹部 政策企画課長 対象の物件が確認できませんので、後ほど対象を確認しまして説明に上がります。 ◆あべ力也 委員 国から世田谷区に貸し付けをするという土地に関しては、先ほどの説明だと定借での契約になるということですけれども、これはいろいろ役所が、省庁が広範囲になるわけですけれども、算定に当たっては同じ数式になるんですか。場所も違えば、広さも面積も違うわけですけれども、地方の自治体に貸し付けをするといった場合の算式というのは、同じ算式で算出をするということなんですか、どうなんですか。 ◎笹部 政策企画課長 定借のときの貸付料の価格の問題についてでございますが、価格に関しましては、国家公務員宿舎に限らず、国有地については、特別措置法という法律の中で貸付料の算定式がございます。その算定式に基づきまして、周辺の地価等々を勘案しまして計算をして、提示しまして、そして区のほうと協議をして決定しているという経過と聞いてございます。 ◆あべ力也 委員 それと、その貸し付けを受ける土地に関しては、保育の運営事業者に土地を有償で転貸するという注釈がついておりますけれども、この場合には、転貸する場合の有償の金額というのは、貸し付けを受けた定借の料金から算定をするんでしょうけれども、多分、イコールで貸し付けるということはないということですよね。 ◎笹部 政策企画課長 基本的にはイコールで貸し付けをすると聞いてございます。 ◆岡本のぶ子 委員 参考に伺いたいんですけれども、二〇二〇東京オリンピック・パラリンピックの馬術競技が、馬事公苑がメーン会場で開かれますけれども、それに隣接する合同宿舎用賀住宅跡地の活用に関しては、今、平成三十五年度に開園予定と書いてありますが、その間に中間地点でオリンピックが開かれるわけですけれども、ここの活用に対しての東京都、もしくはJOCなどからの要望等は出ているんでしょうか。もしくは世田谷の考えがあれば教えてください。 ◎笹部 政策企画課長 用賀住宅に関しまして、東京オリンピック二〇二〇の組織委員会のほうからは、まだ具体的な提示がないと聞いてございます。ただ、東京オリンピックの組織委員会に関しましては、大会運営に資するという考え方から、周辺の国有地の活用の可能性を検討しているということは聞いてございますので、当該地が具体的な俎上に上った段階で、区としては適切に対応していきたいと考えてございます。 ◆あべ力也 委員 玉川か瀬田だったと思いますけれども、衆議院だか参議院の速記者の宿舎というのがあって、たしかあそこも今あいていると思いますけれども、ちょうど玉川病院の下のところですよね。あそこはいわゆる国家公務員の宿舎の削減計画の宿舎跡地活用には入ってこないということですか。これはもう先行しているんでしたか。決まっているの。 ◎笹部 政策企画課長 国のほうから提案をいただいてございます削減対象の物件が四十四カ所、実はございますが、ただいまの瀬田のものについては現状では確認ができませんので、対象になっているかどうか改めて確認させていただきます。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○桜井稔 委員長 次に、(2)その他ですが、何か報告事項はございますか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○桜井稔 委員長 特になければ、以上で報告事項の聴取を終わります。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○桜井稔 委員長 次に、2閉会中の特定事件審査(調査)事項についてお諮りいたします。 1. 自治権の拡充及び財政権の確立について 2. 公共施設整備について 3. 地域行政制度について 4. 国公有地等の対策について 5. 本庁舎(議会棟を含む)整備について とすることに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○桜井稔 委員長 御異議なしと認め、そのように決定いたします。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○桜井稔 委員長 次に、3協議事項に入ります。  (1)次回委員会の開催についてですが、年間予定表では次回委員会は二月八日水曜日ですが、報告事項の聴取を行うため、十二月十九日月曜日午後一時から開催したいと思いますが、よろしいでしょうか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○桜井稔 委員長 それでは、次回委員会は十二月十九日月曜日午後一時からといたします。  なお、年間予定である二月八日水曜日についても開催予定ですので、よろしくお願いします。  以上で協議事項を終わります。    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○桜井稔 委員長 その他、何かございますか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○桜井稔 委員長 特にないようですので、以上で本日の地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会を散会いたします。     午前十時十六分散会    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━  署名   地方分権・本庁舎整備等特別委員会
       委員長...