ツイート シェア
  1. 世田谷区議会 1990-05-15
    平成 2年  5月 臨時会−05月15日-01号


    取得元: 世田谷区議会公式サイト
    最終取得日: 2021-01-08
    平成 2年  5月 臨時会−05月15日-01号平成 2年  5月 臨時会 平成二年第二回臨時会 世田谷議会会議録 第六号 五月十五日(火曜日) 出席議員(五十二名) 一番   田沼繁夫君 二番   笹尾淑君 三番   三井勝雄君 四番   村田義則君 五番   折居俊武君 六番   長谷川七郎君 七番   東まさ君 八番   丸山孝夫君 九番   石塚一信君 十番   太田喜淑君 十一番  真鍋欣之君 十二番  大庭正明君 十三番  長谷川佳寿子君 十四番  森田イツ子君 十五番  小口義晴
    十六番  長谷川義樹君 十七番  増田信之君 十八番  市川康憲君 十九番  中嶋義雄君 二十番  星谷知久平君 二十一番 山内彰君 二十二番 小谷勝君 二十三番 山田武士君 二十五番 桜井征夫君 二十六番 吉本保寿君 二十七番 中塚護君 二十八番 和田勉君 二十九番 平塚信子君 三十番  神宮寿夫君 三十一番 宇田川国一君 三十二番 広島文武君 三十三番 五十畑孝司君 三十四番 唐沢敏美君 三十六番 斉藤国男君 三十七番 甲斐円治郎君 三十九番 土橋賀君 四十番  原秀吉君 四十一番 宮田玲人君 四十二番 内山武次君 四十三番 山口昭君 四十四番 中村大吉君 四十五番 高橋忍君 四十六番 西村孝君 四十七番 園田集君 四十八番 大高定左右君 四十九番 石井徳成君 五十番  浜中光揚君 五十一番 内藤義雄君 五十二番 鈴木昌二君 五十三番 平山八郎君 五十四番 小畑敏雄君 五十五番 原田正幸君  欠席議員(一名) 二十四番 森田キミ君  欠員(二名) 三十五番  三十八番  出席事務局職員 局長     津吹金一郎 次長     久留島了 課長補佐   名畑照行 議事主査   関昌之 議事主査   林憲一 議事主査   吉川尚志 調査係長   小石川洋佑  出席説明員 区長     大場啓二助役     佐野公也助役     吉越一二収入役    菊池佳丈玉川支所長  成富則紀砧支所長   宮田祀彦君 区長室長   多賀井信雄企画部長   川瀬益雄総務部長   清水潤三君 区民部長   宮崎幸男生活環境部長        新井一郎福祉部長   友保信二婦人児童部長 峯元啓光衛生部長   柳澤重男都市整備部長 鈴木蓊君 土木部長   大崎榮三建築部長   谷田部兼光教育長    小野原進学校教育部長 上野孝雄社会教育部長 森勇企画課長   市川一明財政課長   武藤峻総務課長   鎌田一郎代表監査委員 志賀正次君   ──────────────────── 議事日程平成二年五月十五日(火)午後一時開議)  第一   議案第四十二号  世田谷祖師谷五丁目付近枝線工事下水道請負契約  第二   議案第四十三号  世田谷喜多見五、七丁目付近枝線工事下水道請負契約  第三   議案第四十四号  世田谷祖師谷四丁目、弦巻三丁目付近枝線工事下水道請負契約  第四   議案第四十五号  世田谷大蔵五丁目付近枝線工事下水道請負契約  第五   議案第四十六号  世田谷祖師谷三丁目付近枝線その2工事下水道請負契約  第六   議案第四十七号  世田谷粕谷二丁目、給田一丁目付近枝線工事下水道請負契約  第七   議案第四十八号  世田谷上用賀四、六丁目付近枝線工事下水道請負契約  第八   議案第四十九号  世田谷成城二、三丁目付近枝線工事下水道請負契約  第九   専決第一号    専決処分承認世田谷区特別区税条例の一部を改正する条例)   ──────────────────── 本日の会議に付した事件  一、会議録署名議員指名  二、会期決定  三、諸般報告  四、日程第一から第八まで 企画総務委員会付託  五、日程第九 区民生活委員会付託   ────────────────────     午後一時開会 ○議長土橋賀 君) ただいまから平成二年第二回世田谷議会臨時会を開会いたします。    ──────────────────── ○議長土橋賀 君) これより本日の会議を開きます。   ──────────────────── ○議長土橋賀 君) まず、会議録署名議員指名を行います。
     会議録署名議員には、会議規則第七十九条の規定により、   十七番  増田信之君   三十三番 五十畑孝司君 を指名いたします。   ──────────────────── ○議長土橋賀 君) 次に、会期についてお諮りいたします。  今次臨時会会期は、本日から十八日までの四日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長土橋賀 君) ご異議なしと認めます。よって会期は四日間と決定いたしました。   ──────────────────── ○議長土橋賀 君) 次に、この際、出席説明員に異動がありましたのでご報告いたします。  玉川支所長 成富則紀君、区長室長 多賀井信雄君、総務部長 清水潤三君、区民部長 宮崎幸男君、婦人児童部長 峯元啓光君、社会教育部長 森勇君、企画課長 市川一明君、財政課長 武藤峻君、総務課長 鎌田一郎君。  以上であります。   ──────────────────── ○議長土橋賀 君) 次に、区長から招集のあいさつの申し出があります。大場区長。    〔区長大場啓二登壇〕(拍手) ◎区長大場啓二 君) 平成二年第二回世田谷議会臨時会を開催するに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。  平成年度も、はや一カ月余りを過ぎ、今、区政は、新しい年度における諸施策実現に向けて、鋭意努力を傾注しているところであります。とりわけ今年度は、新基本計画に基づく前期実施計画の四年目という節目の時期に当たると同時に、新基本計画に掲げる重点事業と、区政をめぐる環境の変化に対応する新しい課題の実現を図るため、後期実施計画策定作業に着手する年でもあります。  おかげさまで、新基本計画推進する百七十四の計画事業も順調な進展を見ておりますが、これも区議会並びに区民皆様のご支援、ご協力のたまものと深く感謝申し上げる次第でございます。  私は、四期目の区政を挑戦の時代と位置づけて、計画実現努力を傾けてまいりましたが、本年度は、なお一層の精進を重ねて、これまで培ってきたまちづくりの成果をもとに、個性豊かな「ヒューマン都市世田谷」の実現に努めてまいります。  まちづくりと申しますと、五月八日に開所式が行われた水耕栽培事業も、大いにその役割を果たしてくれるものと期待しております。と申しますのも、この事業は、単に障害者方々などが社会参加実現しながら、就労する場としてだけとらえるのではなく、都市農業推進や、快適な環境の保全といった観点からも、新しいまちづくり試みとして、大きな関心が寄せられているからであります。開所式に先立って栽培現場を見学いたしましたが、障害者の方や高齢者方々十五人が、目を輝かしながら生き生きと働くさまは、温室の中でみずみずしさをたたえるサラダ菜と同じように、私に強い感動と勇気を与えてくれました。このような試みの輪が、もっと広がってまいりますことを願ってやまないところでございます。  さて、次に、住宅の問題について申し上げます。  昨今の地価高騰は、良好な住宅地を形成しております世田谷区にも、多くの問題や不安を投げかけました。そこで、区といたしましても、総合的な住宅施策に取り組むために、先般、住宅条例提案し、ご議決をいただき、本年四月から施行しているところでございます。今後は、条例に基づきまして、総合的、体系的な住宅政策推進してまいりたいと考えております。特に今年度は、住宅条例の中で掲げられております住宅整備方針策定に向けての準備を進める一方、住宅委員会を設置する予定でございます。  住宅整備方針は、高齢者障害者を初め、だれもが住みなれた町に、住み続けることのできる住宅政策基本的な指標となる予定でございます。また住宅委員会は、住宅整備方針策定に関する意見や、住宅政策に関する提案をいただくもので、十月設置を目標に現在、その詳細について検討を進めているところでございます。  住宅は、私たちが生活していく上での基本となるものであります。住みなれた町に住み続けたいという願いは、だれしもが持っている素直な気持ちであり、とりわけ高齢者の方にとっては切実な願いだと思います。この願いにおこたえするために、世田谷区は去る四月、住宅都市整備公団と協力して、国や都の新しい制度を活用した高齢者向け住宅希望ケ丘団地の中に建設いたしました。この住宅は、さきに区が策定いたしました地域高齢者住宅計画や、シルバーハウジングプロジェクト推進計画に基づくもので、公団地方公共団体の連携によるものとしては、全国でも初めての試みとして各方面から注目されております。今後とも、このような施策を積極的に推進してまいりたいと考えております。  次に、特別区制度改革推進について申し上げます。  まず、去る四月十七日に実施いたしました制度改革を訴える駅頭PRには、雨天にもかかわらず、多数の議員皆様のご参加をいただきましたことを心から感謝いたします。私も当日参加いたしましたが、制度改革にとって今が一番大切な時期だと認識いたしております。  ご案内のとおり、第二十二次地方制度調査会は、この九月までには答申を行うものと伝えられております。一方、自治省においては、住民意向調査をこの答申に先駆けて実施し、その結果を答申に当たっての判断基礎にするとの意向のようであります。また現在、自治省でも、昨年に続き都及び区の関係者事情聴取を行っております。  このような差し迫った時期を迎え「もっと身近に、もっと便利に」を合い言葉に、全庁を挙げて制度改革への取り組みを行っているところでございます。一日も早く、都区合意に沿った制度改革が行われますよう、世田谷“市”実現をめざす区民の会を初め、区議会皆様と相携えて、引き続き努力してまいります。  最後に、財政関係についてご報告をいたします。  平成年度都区財政調整の再調整につきましては、二月の都区協議会で二十三区の枠が合意に達しておりましたが、この三月末、区別の再算定が決定いたしました。世田谷区への普通交付金は、公園用地減債対策費道路新設拡幅用地取得費などが算入され、この結果、総額で百八十五億七千四百余万円となりました。  また、特別交付金につきましては、地区計画促進事業街路整備事業市街地住宅密集地区再生事業など、三十四億一千六百余万円の交付決定を得ております。したがいまして、両交付金を合計いたしました平成年度の特別区財政調整交付金総額は、予算計上額二百二十一億円に対しまして、二百十九億九千百余万円と相なった次第であります。  さて、本日提案申し上げます案件は「世田谷祖師谷五丁目付近枝線工事請負契約」など九件でございます。これらは、いずれも重要な案件でございますので、何とぞ慎重ご審議の上、速やかにご可決賜りますようお願い申し上げまして、私のあいさつといたします。  ありがとうございました。(拍手) ○議長土橋賀 君) 以上で区長あいさつは終わりました。   ──────────────────── ○議長土橋賀 君) 次に、事務局次長諸般報告をさせます。    〔久留島次長朗読〕  報告第十九号 平成二年一月分例月出納検査報告外報告五件 ○議長土橋賀 君) 本六件について、ご質疑はございませんか。 ◆十二番(大庭正明 君) 諸般報告中、平成年度各部等定期監査報告外についてお伺いいたします。  これらの報告は、毎回拝見させていただいているわけですが、一番大事な部分である監査の結果というところの内容が、いつも同じであります。どういう内容かと言えば、短い文章ですから読み上げますと「事務事業執行は、おおむね適正に行われているものと認められた」というものであります。  質問は、この中の「おおむね適正に」という表現は、一体どういうことなのかということであります。おおむねとは、辞書を引いても、大体とか、おおよそとか載っておりますが、世田谷区の昨年度予算規模は二千億円を超えておりますし、執行事業数も数百にわたっております。通常の感覚で、おおむねとか、大体とかは七、八割、よくて九割くらいを指すものでありますが、そうすると、この報告で想像するに、二、三百億円の事業は適正ではなく執行されていたのかと思うわけであります。  全く違った角度からお伺いしますと、適正、不適正といっても、軽いものから重いのまで千差万別であります。監査委員の方は常日ごろから、報告に至らないような不適正な事業執行については、担当者を呼び、是正指導を行っているとのことですが、それならば、一度指摘された不正は減っていくはずだと考えられます。しかしながら、ここ何年間の監査結果の表現は、おおむね適正にということであり、去年のおおむね適正にと、ことしのおおむね適正にとではどちらがよいのか。不適正は減少傾向にあるのか、増加傾向にあるのか全くわからないのであります。  いずれにせよ、ここ数年間だけをとっても、具体的な違法事件が発生した年を除けば、すべて「おおむね適正に」という表現で統一されております。正確さを特に求められる職務でありますれば、この部分の意味するところをご説明いただきたいと思います。 ◎代表監査委員志賀正次 君) ご質問にお答えいたします。  定期監査におきましては、記載の誤りや、会計上などの比較的軽易な誤りが発見されるケースもございます。この場合は、直ちに訂正させるなどの措置をとっておりますので、おおむね適正に執行しているという表現を用いております。言いかえますと、監査をした範囲においては、特に指摘するほどの事項はなく、事務事業は適正に執行されているという意味でございます。 ○議長土橋賀 君) ほかにご質疑はございませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長土橋賀 君) ご質疑なしと認めます。  以上で諸般報告は終わりました。   ──────────────────── ○議長土橋賀 君) これより日程に入ります。 △日程第一から △第八に至る八件を一括上程いたします。  〔久留島次長朗読〕  日程第一 議案第四十二号 世田谷祖師谷五丁目付近枝線工事下水道請負契約外議案七件 ○議長土橋賀 君) 本八件に関し、提案理由説明を求めます。佐野助役。    〔助役佐野公也登壇〕 ◎助役佐野公也 君) ただいま上程になりました議案第四十二号より議案第四十九号に至る八件につきましてご説明申し上げます。  本八件は、本区と東京都における平成年度世田谷区内公共下水道建設事務の一部委託に関する協定に基づき行うものでございます。  以上、議案第四十二号より議案第四十九号に至る八件の工事請負契約締結につきましては、いずれも地方自治法施行令第百六十七条第一号の規定に基づきまして、指名競争入札により実施いたしました。  建設業者指名に当たりましては、それぞれ工事規模設計内容等を慎重に検討いたしまして指名を行い、入札に付しました。  その結果、議案第四十二号「世田谷祖師谷五丁目付近枝線工事下水道請負契約」は、浅野・東建設共同企業体が落札し、同建設共同企業体と四億七千百七十四万円で契約しようとするものであります。  議案第四十三号「世田谷喜多見五、七丁目付近枝線工事下水道請負契約」は、高橋組草場建設共同企業体が落札し、同建設共同企業体と二億七千四百七十万一千円で契約しようとするものであります。  議案第四十四号「世田谷祖師谷四丁目、弦巻三丁目付近枝線工事下水道請負契約」は、三京・松瀝建設共同企業体が落札し、同建設共同企業体と三億七千八十万円で契約しようとするものであります。  議案第四十五号「世田谷大蔵五丁目付近枝線工事下水道請負契約」は、中洲・中原建設共同企業体が落札し、同建設共同企業体と二億八千五百三十一万円で契約しようとするものであります。  議案第四十六号「世田谷祖師谷三丁目付近枝線その2工事下水道請負契約」は、片倉・佐和建設共同企業体が落札し、同建設共同企業体と三億百七十九万円で契約しようとするものであります。  議案第四十七号「世田谷粕谷二丁目、給田一丁目付近枝線工事下水道請負契約」は、敷島道路株式会社が落札し、同社と一億六千二百七十四万円で契約しようとするものであります。  議案第四十八号「世田谷上用賀四、六丁目付近枝線工事下水道請負契約」は、会津・小原建設共同企業体が落札し、同建設共同企業体と四億五千八百三十五万円で契約しようとするものであります。  議案第四十九号「世田谷成城二、三丁目付近枝線工事下水道請負契約」は、高橋組中嶋建設共同企業体が落札し、同建設共同企業体と二億七千五百六十二万八千円で契約しようとするものであります。  これら八件の工事請負契約締結につきましては、地方自治法第九十六条第一項第五号並びに「世田谷区議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例」第二条の規定に基づき、ご提案申し上げた次第であります。  以上、議案第四十二号より議案第四十九号に至る八件につきまして、よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。 ○議長土橋賀 君) 以上で提案理由説明は終わりました。  本八件を企画総務委員会に付託いたします。   ──────────────────── ○議長土橋賀 君) 次に、 △日程第九を上程いたします。  〔久留島次長朗読〕  日程第九 専決第一号 専決処分承認世田谷区特別区税条例の一部を改正する条例) ○議長土橋賀 君) 本件に関し、提案理由説明を求めます。吉越助役。    〔助役吉越一二登壇〕 ◎助役吉越一二 君) ただいま上程になりました専決第一号「専決処分承認世田谷区特別区税条例の一部を改正する条例)」につきましてご説明申し上げます。  本件は、地方税法の一部改正に伴い、当区におきましても、世田谷区特別区税条例の一部を改正する必要が生じましたが、区議会を招集するいとまがなく、やむを得ず、地方自治法第百七十九条第一項の規定に基づき、三月三十一日、専決処分を行いました。したがいまして、同法同条第三項の規定に基づきまして、本議会にご報告申し上げますとともに、ご承認賜りたく、ご提案申し上げた次第であります。  以上、専決第一号につきまして、よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。 ○議長土橋賀 君) 以上で提案理由説明は終わりました。  本件区民生活委員会に付託いたします。   ──────────────────── ○議長土橋賀 君) 以上をもちまして本日の日程はすべて終了いたしました。  本日はこれにて散会いたします。     午後一時二十二分散会...