180件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

徳島市議会 2019-06-19 令和 元年第 3回定例会−06月19日-10号

少子高齢が進み、子供貧困社会問題している今ほど、その解決が求められているときはないのではないでしょうか。憲法26条、教育の機会均等、義務教育無償に基づき、子供の健やかな成長、保護者負担の軽減など、行政責任と果たす役割が重要になっています。  そこで、お伺いします。まず、就学援助の支給項目に、一般財源の中に入れ込んだとされるクラブ活動費、生徒会費、PTA会費を加えるべきと考えます。

徳島市議会 2019-06-17 令和 元年第 3回定例会−06月17日-08号

次に、幼児教育無償とスムーズな移行のためにについて、質問いたします。  公明党の長年の取り組み、主張のもと、いよいよ教育無償がスタートいたします。幼児教育保育がことし10月から、大学専門学校など、高等教育が、所得の低い世帯の学生を対象に来年4月からとなっています。幼保無償は、3歳から5歳児は全世帯、ゼロ歳から2歳児は住民税非課税世帯を対象に、認可保育所などの利用料が無料になります。

小松島市議会 2019-03-22 平成31年予算決算常任委員会 本文 2019-03-22

◯ 内山介護福祉課長  98ページの,障がい福祉システム改修業務委託料の97万円でございますが,こちらにつきましては配偶者控除の見直しなどの税制改正でありますとか,幼児教育無償とあわせて就学前の障がい児の発達支援,いわゆる障がい児通園施設無償,また,10月からの予定されております消費税増に伴う報酬改定など,こういったものに係るシステム改修でございます。

小松島市議会 2019-03-19 平成31年予算決算常任委員会 本文 2019-03-19

そしたら,国がこの制度を変えるといって,透明とか活性という名目で,農業委員さんと推進委員さんがあって,結局,経費削減と当初うたわれていたけど,これはほとんど国にお金でしょう。そしたら,結局,経費削減には全体的にはなっておるのですか,なっていないのですか。経費はふえとるのですか。

小松島市議会 2019-03-03 平成31年3月定例会議(第3日目) 本文

現在の保育無償の範囲は生活保護世帯と住民税非課税世帯のうち,ひとり親等の世帯は第1子から無償,その他の住民税非課税世帯と年収約360万円未満の世帯のうちひとり親等の世帯,それから先ほど申しました,第2子無償制度の対象となる子どもがいる世帯については第2子から無償,それ以外の世帯については生計同一の子が3人以上いる場合,第3子から無償となっております。

小松島市議会 2019-03-02 平成31年3月定例会議(第2日目) 本文

次に,保育無償についてお聞きいたします。  前回での一般質問でもお聞きいたしましたので,詳細は聞きませんけれども,この10月から3歳から5歳児の非課税世帯のゼロ歳から2歳児において,保育料が無償になります。ただ,1人目からの完全無償と言いながら,それとは別に給食費として集金されるのではないかともうわさされています。このことについては,知らない保護者も多くおいでるようです。

小松島市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会議〔資料〕

                │消防団員の処遇改善について      ┃ ┃       ├────────────────┼───────────────────┨ ┃       │2.防災力の向上について     │危険ブロック塀対策について     ┃ ┃       ├────────────────┼───────────────────┨ ┃       │3.子育て支援について      │保育無償

徳島市議会 2018-12-03 平成30年第 4回定例会−12月03日-16号

また、御承知のとおり、来年10月1日から消費税率が引き上げられ、あわせて幼児教育保育無償等の制度改正が実施される予定となっております。消費税率の引き上げは、地方財政に大きな影響を与えるものであり、特に幼児教育保育無償については、現在、国と全国市長会等との間で、制度設計の詳細や実施に当たって必要となる財源の確保について、協議が行われているところであります。  

小松島市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会議〔資料〕

                │行政の支援方法について        ┃ ┠───────┼────────────────┴───────────────────┨ ┃答弁を求める者│市長・副市長・関係部長                         ┃ ┠───────┼────────────────┬───────────────────┨ ┃四宮 祐司  │1.子育て支援について      │保育無償

小松島市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会議(第1日目)〔資料〕

平成30年12月3日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 …………………………………………………………………………………………………………………  小松島市と徳島県との間の学校業務支援システムの共同に関する事務委託に関する規約  (委託事務の範囲) 第1条 小松島市(以下「甲」という。)

徳島市議会 2018-09-11 平成30年第 3回定例会−09月11日-13号

さらに、今年度、総務省消防庁無償貸付事業により、救助資機材を搭載した消防団車両の借り受けを予定しており、当該車両を消防団員教育訓練に活用し、消防団員の一層の技術向上を図ってまいりたいと考えております。  以上でございます。            〔市長 遠藤彰良君登壇〕 ◎市長(遠藤彰良君)齋藤議員の阿波おどりについての御質問に答弁申し上げます。  

徳島市議会 2018-09-10 平成30年第 3回定例会−09月10日-12号

まず、燃やすごみの減量及び市民との協働につきましては、これまで市民の皆様や地域コミュニティー、環境衛生組合、ごみ減量推進員とともにさまざまな施策、取り組みを実施してきたところではございますが、今後は、さらに取り組みが加速していくよう、これまで以上に広く御意見を伺う場を設け、ごみの減量・再資源に対する市民意識の向上と施策の充実に向け、市民とともに進めてまいりたいと考えております。  

徳島市議会 2018-09-06 平成30年第 3回定例会−09月06日-11号

こうした中、政府においては、去る6月に閣議決定した、経済財政運営と改革の基本方針2018において、人づくり革命と生産性革命の実現により、潜在成長力や経済社会の生産性の向上を図り、経済の好循環が実感できるよう取り組むとともに、経済財政再生計画で掲げた財政健全目標を堅持し、2025年度までに、国・地方を合わせた基礎的財政収支の黒字と同時に、債務残高対GDP比の安定的な引き下げを目指すこととしております