218件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

徳島市議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会-03月07日-03号

病院事業は、医師を初めとする医療スタッフ事務職員などの多職種による共同作業によって成り立っており、市民病院救急医療災害医療はもちろんのこと、3本柱である周産期医療、がん治療、関節治療を特色ある医療として位置づけ、それらを担う人的資源の確保と職員の質の向上が非常に重要であると認識しております。  

三好市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号12月 5日)

救急搬送の2件は何年生であったのか、また、今後において屋内、屋外運動を問わず脱水症や熱中症への罹患防止策及び応急救急処置の体制はどのようか、お尋ねします。 ○議長(塚本克彦議員) 教育部参事。 ○教育部参事(山北 淳) 救急搬送の2件でございますが、いずれも中学校2年生の生徒でした。  

小松島市議会 2018-09-13 平成30年予算決算常任委員会 本文 2018-09-13

◯ 堀淵消防次長  今,井村委員さんがおっしゃったように,中身が入ってない救急車両でございます。救急車両でございますが,2号車で古い車両がございまして,その車両がもう既に11年を経過しております。走行距離につきましては,11万1,000キロほど走行しておりまして,更新時期ということで検討しておりまして,昨年度,この寄贈事業に申し込みをした結果,今年度,交付決定ということをいただいております。

三好市議会 2018-06-08 平成30年第2回定例会(第3号 6月 8日)

都市建設部長岡本隆広) 交差点需要率を計算するため、通常用いられております計算手法で解析をしているものでございます。  調査時点でございますが、雨天ではありませんでしたが、午前7時から夕方を含めました午後7時までの12時間調査を実施しまして、そのうちのピーク時の値を用いて算出をしており、処理能力が不足しているというものではありません。以上でございます。 ○議長(塚本克彦議員) 加藤議員

三好市議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第2号 6月 7日)

また、タクシーの中には万が一のために救急セットや毛布を搭載しているというようなサービスがあると聞いております。本市としましては、現在のところ、特に連携等はしておりませんが、今後母子健康手帳交付時などにこの種のサービスの利用を希望する方には紹介をしてまいりたいと考えております。 ○議長(塚本克彦議員) 水野議員。 ○10番(水野隆議員) 再々質問です。

徳島市議会 2018-03-14 平成30年第 1回定例会−03月14日-04号

次に、救急現場での外国人とのコミュニケーションの方法でございますが、外国人から症状などを迅速に把握できるよう、16の言語に対応した外国人救急対応カードを救急自動車に積載しております。これは、救急隊が傷病者から聴取する事項を外国語で表記しているもので、症状や痛みの状況などを指さしで伝えていただき、コミュニケーションを図るものでございます。  

小松島市議会 2018-03-02 平成30年3月定例会議(第2日目) 本文

消防車救急車等の出動時には,サイレンを鳴らして出動いたします。赤信号の交差点への進入には,徐行にて通過しております。そのときに,信号の識別を間違えると事故につながるおそれがあります。一般市民及び隊員の命にかかわるような事態に陥る可能性があります。  災害現場活動におきましては,色の識別は必要となります。例えば,救急現場では,出血の色で緊急度を判定いたします。

三好市議会 2017-12-25 平成29年第4回定例会(第5号12月25日)

救急車を利用する件数の増加があり、豊明市のように件数と人口数が比例していない現状はありまして、人口割のかわりに救急件数割を用いるということになりました。基準財政需要額割は一定水準の消防サービスを提供するために、国の統一基準により算定された額となりますので、客観的な指標の一つであるということで、今回加えることとなりました。4年目以降の割合を規約に定めるというのは決定事項ではありません。

三好市議会 2017-12-19 平成29年文教厚生委員会(12月19日)

○(加藤福祉課長) 当初の見込みは昨年の予算策定時に最新の数字を使ってやっておりますので、ただ、放課後等デイサービス等は手帳がなくても本人の申請でサービスが受けられる、そういったこともありますので、多様な需要があったために増えたという点もございます。昨年度は補正はなくてできておりました。以上です。 ○(広瀬裕久委員長) よろしいですか。  ほかよろしいですか。  では、14、15ページ。  

三好市議会 2017-12-18 平成29年総務協働委員会(12月18日)

○(日置孝彦委員) このとこのページ見ると、組合市町の均等割、それから2が前年の10月1日現在の面積割、それから同じく救急件数の3カ年分、それからその次が前年度の消防費に係る基準財政需要額と書いてあるもんで、これで出すと今のこと、金額出てくるじゃないの。 ○(冨田 正委員長) 防災安全課長

徳島市議会 2017-12-13 平成29年第 4回定例会−12月13日-20号

しかしながら、近年の人口減少、節水意識の定着、節水機器の普及等によりまして、今後も水需要は減少傾向が続くものと考えております。  また、現在、徳島市水道施設耐震化計画に基づき、老朽施設の更新や、災害時に重要拠点となる避難所医療機関等への重要給水施設配水管の整備等を進めておりますが、これらの老朽化した施設の更新や耐震化事業の推進には、今後も多額の財源が必要となります。  

小松島市議会 2017-09-15 平成29年予算決算常任委員会 本文 2017-09-15

この約4億8,000万円の減となった要因でございますが,今,四宮議員から御紹介のありました生活保護錯誤額で約2億1,000万円,それから地方交付税と申しますのは基準財政需要額,それから基準財政収入額の差となっておりますが,基準財政需要額の方が生活保護の計算が正常に戻ったことにより,前年度より約2億円,それからその他の歳出の項目で約3,000万円減,それから歳入の基準財政収入額の方,こちらは市税等の

徳島市議会 2017-09-13 平成29年第 3回定例会−09月13日-13号

21兆円にする、訪日外国人旅行者数を4,000万人にする、訪日外国人旅行消費額を8兆円にするなどの目標を掲げるとともに、観光は我が国の成長戦略の柱、地方創生の切り札であるという認識のもと、1、国際競争力の高い魅力ある観光地域の形成、2、観光産業国際競争力の強化及び観光の振興に寄与する人材育成、3、国際観光の振興、4、観光旅行の促進のための環境の整備など、これら四つの柱のもと、拡大する世界の観光需要

三好市議会 2017-09-12 平成29年文教厚生委員会( 9月12日)

また、事故の防止のためには、少し雑談ですが、常時6人を配置し、うち1名は尾三消防、あるいはほかの消防署で救助救急、そういった講習を受講させております。以上です。 ○(広瀬裕久委員長) 加藤さん、いいですか。  藤川委員。 ○(藤川仁司委員) 先ほど、塚本副委員長からの質問の続きなんですけども、人材派遣の会社ということなんですけど、これ人員はどのような資格があるんでしょうか。

三好市議会 2017-09-01 平成29年第3回定例会(第1号 9月 1日)

施策4の医療助成や医療体制の充実、迅速な救急体制の整備につきましては、MRIや電子カルテなど医療機器設備を計画的に更新し、安全で効率的な医療を提供するとともに、平成30年4月には市民病院の敷地内において新たに院内保育所を開設いたします。医師看護師の確保につながり、医療体制の充実が図られると考えております。