113件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三好市議会 2021-06-08 06月08日-02号

ただでさえ正規雇用者が雇用者全体の40%を超えていた状況下で、感染拡大地域では失業の増加も深刻でございます。格差貧困が今後加速度的に広がる懸念は拭えません。女性と子供の自殺の増加も深刻で、社会的な弱者への負荷は増していると言わざるを得ません。 こうした全国的な傾向は、コロナ感染拡大と合わせ、いつ何どき同様の影響が三好市でも表面化するか分からない状況だと思います。

鳴門市議会 2021-02-26 02月26日-04号

まず初めに、職員の働き方改革について聞いていきたいと思いますが、特に正規雇用の皆さんの待遇については、正規職員との格差が大きいことから、私としてもこれまでに幾度となくその改善を求めてきました。それを受けてか、今年度、会計年度任用職員制度に移行し、若干改善したとはいえ、まだまだ依然として待遇格差は大きいままです。

鳴門市議会 2021-02-24 02月24日-02号

感染の収束が見通せないため、正規雇用者の契約が更新されない雇い止めが増えることも懸念されます。 新型コロナウイルスによる暮らしへの影響が多岐にわたるため、暮らしを安定させられるよう、きめ細かな支援対策を行っていただきたい。 政府は、大規模な支援対策によって、GDPを2022年3月までにコロナ前の水準に回復させる目標を掲げています。市民が安心して働くには、安定した雇用が欠かせません。

石井町議会 2020-09-16 09月16日-03号

◆12番(山根由美子君) 今、コロナ禍の中で、貧困家庭正規雇用の雇い止め、アルバイト学生支援など住民生活が困窮している中、なぜ今、この投票用紙自動交付機が必要なのでしょうか。総理は代わり、衆議院選挙はいつになるか分かりません。統一地方選挙もまだまだ先でございます。その頃に、今のコロナ禍がどうなっているのか分からない状況の中で、この事業不要不急事業と考えております。

徳島市議会 2020-09-14 令和 2年第 5回定例会−09月14日-14号

保育士確保策として、会計年度任用職員確保、再任用職員の活用などをしようとしていますが、いずれも正規雇用で安定したものではありません。また、県外保育士就労促進補助として、一時金50万円を実施しようとしていますが、1回きりの補助です。民間の保育所等で頑張っている全ての保育士への真の処遇改善が進まなければ期待はできません。

鳴門市議会 2020-03-17 03月17日-05号

一方、政府は今回の減額理由を、一般の低所得世帯消費支出と同水準にするためと言っておりますが、その基準となる収入は、政府自体正規雇用を生み出し、低賃金で働かざるを得ない人たちを大量に発生させ、また年金についても、その年金財源をこれまで何百億円、何千億円の単位で無駄遣いをしておきながら、年金原資が少なくなったからと受取額を実質目減りさせているのも、これも政府自身であり、そのせいで国民全体の平均年収

徳島市議会 2019-12-19 令和 元年第 5回定例会−12月19日-22号

次に、請願第2号国民健康保険料協会けんぽ並みに引き下げる改善を求める請願についてですが、国保無職者年金生活者正規雇用労働者など、低所得者が数多く加入しています。1人当たりの支払う保険料協会けんぽの1.3倍、組合けんぽの1.7倍にもなります。公費1兆円が投入されれば、1人当たり5万円以上安くできます。

鳴門市議会 2019-09-19 09月19日-04号

日本のシステム上、就職の入り口で失敗すると、その後もずっと安定した職がなく、正規雇用の者が多いというのが氷河期世代になります。その結果、当然未婚率も高いし、高齢のひきこもりも現在社会問題となりつつあります。政府もようやく氷河期世代のまずさに気づいたのか、対策をとろうとしていますが、5年や10年遅かったように私は感じています。

石井町議会 2019-06-17 06月17日-02号

その中でも近々の課題として上げられますのが、長時間労働是正正規雇用処遇改善であります。石井町においても、町職員の働く意欲の向上とその能力の発揮、またワーク・ライフ・バランスの実施を実現させるために、行政を取り巻く情勢の変化を踏まえ、人材育成や働き方の見直しに取り組む必要があると思います。 そこで、まず1点目、石井町職員有給休暇の取得の状況についてお伺いをいたします。 

石井町議会 2018-12-14 12月14日-04号

国保加入者の約8割が自営業者や農業、年金受給者正規雇用労働者などです。国が事業主のかわりに公費負担を入れていますが、国保加入者高齢者が多く、医療費も多くかかるのに国の公費負担が少ないため、協会けんぽに比べ保険税が大変高くなるという構造的問題があり、保険税が高くて払えない、滞納する世帯が増えています。 今年度から、財政基盤安定化を図るとして都道府県が財政主体となる広域化が行われました。

鳴門市議会 2018-12-04 12月04日-02号

その資料を見てみますと、職種は多種多様でありますが、パート労働者正規雇用も数社あります。このような現状の中で、若者にとっては将来の生活設計を立てるのが難しく、なかなか結婚に踏み切れないと考える方がいるかもしれません。職種はさまざまですが、福祉関係サービス業小売業が多く、中小企業は少ないように感じるのは私だけでしょうか。

石井町議会 2018-03-19 03月19日-04号

正規職員は、賃金が低く、身分も不安定で、特に働き盛りの若い世代正規雇用が増え続けていることは深刻であると考えております。 また、子供貧困社会の大きな問題になっております。 町長は非正規公務労働者の方に対する社会的責任をどのように感じておられるのか、お伺いいたします。 ○議長(川端義明君) 小林町長

阿南市議会 2017-12-13 12月13日-03号

将来を見通せない不安定な正規雇用を減らしていくことが重要であると考えております。 ここに阿南市の4月末の臨時・非常勤の職員数をリストアップしました。ここは部名です。それから正規職員、非正規職員数、そして全体に占める非正規比率でございます。例えば、企画部でしたら正規は34名、非正規は11名、そしてその非正規率は24.4%、こういうぐあいに見ていただきたいと思います。

石井町議会 2017-03-21 03月21日-04号

子育て支援は非常に重要な問題ですが、まず結婚できる環境づくり、それは正規雇用ではなく、安定した雇用で結婚して、子供を産み育てていく環境づくりが必要だと思っております。婚活支援とあわせて、子育て支援にも力を入れていただきますように強く要望しております。 次に、6項目めの分はちょっと後回しにさせていただきたいと思います。 次は、非正規職員処遇改善有給休暇についてお伺いいたします。 

鳴門市議会 2016-12-07 12月07日-03号

しかし一方で、正規雇用増加とともに、医療介護部門建設部門では、慢性的な人材不足が生じているなど、需給の偏りが依然課題として存在しております。これらは、社会構造的な要因のほか、業界のイメージによるものや一定の技術や資格・経験を要する求人であること、さらには、給与などの待遇が異なることなど、さまざまな要因が考えられます。