105件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三好市議会 2020-02-25 02月25日-01号

予算のうち、増加した主なものでございますが、補助が5億2,592万円、率にして21.4%の増となっております。これは、し尿処理施設整備によるみよし広域連合負担金保育所・幼稚園・小学校の給食費無償化等の増によるものでございます。2点目、物件費が3億6,346万円、率にして9.7%の増となっております。これは、養護老人ホーム敬寿荘民間委託サンライズビル除却等によるものです。 

石井町議会 2019-09-19 09月19日-04号

補助に関しまして、5人槽が28万円、7人槽が34万5,000円、10人槽が46万円、これに加えて撤去費としまして単独浄化槽の場合9万円、くみ取り槽の場合10万円となっております。今年度、補助分県単分町単分を合わせて2,793万5,000円を計上しております。これは、基数にしまして65基分になってます。前年度の倍ちょっと予算計上しておりますので十分ございます。

小松島市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会議(第2日目) 本文

基金残高,また,財政指標に関しまして御指摘,御質問をいただきましたが,これまでの本市の財政状況等を振り返ってみますと,平成17年6月に財政非常事態宣言を行って以降,平成17年度から平成21年度までを計画期間とする小松島行政改革集中改革プランを策定いたしまして,厳しい財政状況を克服し健全な行財政運営を確立するため,歳入の確保に向けては,市税の徴収及び確保,また,歳出削減に向けては,職員数物件費補助

小松島市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会議(第1日目) 本文

歳出面におきましては,退職者数減少に伴う人件費減少投資的事業費減少はあったものの,社会経済情勢の影響により,物件費補助等,繰出金などの予算費目におきましてそれぞれ増加いたしております。このような状況でありましたが,交付税措置のある有利な地方債財政調整基金及び減債基金を活用することにより,単年度収支は3,795万円の黒字となりました。  

阿南市議会 2019-06-12 06月12日-02号

合併による削減効果では、2007年度と2017年度の人件費普通建設事業費補助、物件費歳出項目が比較されており、人件費以外の3項目では軒並み合併前よりも歳出が膨れ上がり、4項目合計での差額は約7億円の歳出増となっておりました。ただし、これは一義的な物の見方であり、特例債の活用による交付税措置などには触れられていないので、一概に合併効果がないと断じることはできません。 

小松島市議会 2019-03-25 平成31年予算決算常任委員会 本文 2019-03-25

これらの主な要因といたしましては,社会保障制度拡充等に伴う補助特別会計への繰出金増額などが挙げられるところでございます。また,日峯大神子広域公園脇谷地区)の整備事業小松島飛行場周辺洪水対策事業などの継続的な大型事業実施も予定されており,特に普通交付税減額措置への対応が必要な平成32年度までは,厳しい財政状況が続くという認識でございます。

三好市議会 2016-02-25 02月25日-01号

また、補助が前年度比で2億3,281万円の増額、率にして20.4%増となっております。これはラフティング世界選手権プレ大会開催補助金計上や65歳以上の低所得高齢者向け年金生活者等支援臨時福祉給付金計上などによるものです。 一方、減額したものについては、人件費が1億7,484万円の減額、率にして4.3%減少しております。

小松島市議会 2014-06-19 平成26年文教厚生常任委員会 本文 2014-06-19

それで,他郡市と本市において,大体修学旅行沖縄方面東京方面かというような形で実施をしているのですけれども,できるだけ旅費がかからないように学校の方で抑えるというのですか,そういうような形で企画をさせてもらって,補助の方とのバランスをとっていこうというふうに考えております。  だから今後,委員さんがおっしゃる節に,修学旅行費との差が大きい部分に関しては,協議をしていきたいと考えております。

三好市議会 2014-03-06 03月06日-04号

また、補助においても、広域連合実施する消防救急デジタル化事業池田消防署建築事業、新ごみ焼却施設整備事業などを計上するとともに、現時点において想定できない事業についても40億円の単独事業費計画に反映しています。地域密着型の公共事業についても国や県の補助制度を活用し、類似団体の平均以上とする事業費計画に反映しているところでございます。 

小松島市議会 2014-03-04 平成26年3月定例会議(第4日目) 本文

集中改革プランとの関係ということで,平成18年につくられた集中改革プランの(6)経費削減,1)補助金等物件費の中に補助等及び物件費の20%削減目標については,平成19年度中に20%になるよう前倒しで取り組むという項目がございます。現在でもこの20%は削減されていると思いますけれども,そのままなのでしょうか,復活されたのでしょうか,お伺いします。               

小松島市議会 2014-03-01 平成26年3月定例会議(第1日目) 本文

議案第39号の平成25年度小松島一般会計補正予算(第5号)につきましては,人件費物件費補助等を初めとした必要不可欠な経費について,それぞれ補正をいたしております。  また,普通建設事業については消防第2分団の消防車購入及び分団詰所整備費等計上したほか,積立金地方財政法規定に基づき,平成24年度の決算剰余金財政調整基金に積み立てするものであります。