154件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

徳島市議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会-03月07日-03号

観光協会が借入金の返済を拒否したため、2月16日以降、1日当たりが約14万5,000円、1年で約5,300万円という遅延損害金が発生するとともに、2月20日付で金融機関から徳島市に対して代位弁済の請求があり、徳島市といたしましては、市民の負担となる損失額をできる限り軽減させるため、やむを得ず、徳島市が主体的に観光協会から債権を回収することを目的といたしまして、3月1日に破産手続開始の申し立てを行い、裁判所

小松島市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会議(第1日目)〔資料〕

月3日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 ………………………………………………………………………………………………………………… ┌──────┐ │ 収入印紙 │           訴   状 │ 25,000円 │ └──────┘                                 平成30年  月  日  徳島地方裁判所

小松島市議会 2018-09-11 平成30年文教厚生常任委員会 本文 2018-09-11

◯ 寺橋人権推進課長  これも徳島地方裁判所の方で,その方に生活状況等を調査した上でと思いますが,これにつきましても,この被告につきましては,ちょっとお体の調子がよくないということもございまして,介護施設の方に入っているというというような話は聞いてございます。

徳島市議会 2018-09-10 平成30年第 3回定例会−09月10日-12号

思い返しますと、ことし3月29日に徳島地方裁判所が公益社団法人徳島市観光協会の破産手続の開始を決定したときには、まだ実行委員会も立ち上がっていませんでした。そうした中、4月26日に徳島市が中心となり、経済団体など8団体による阿波おどり実行委員会が設立されましたが、この時点においては、観光協会が破産手続開始決定に対する即時抗告をしており、さらには、桟敷も取得できていませんでした。

小松島市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会議(第1日目)〔資料〕

─────────────────────────────────────────── 議案第66号                 和解案の受諾について  徳島簡易裁判所平成29年(ハ)第497号貸金請求事件につき,別紙和解案を受諾すること について,地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第12号の規定により,議会

小松島市議会 2018-06-20 平成30年産業建設常任委員会 本文 2018-06-20

◯ 柏木住宅課長  現在,今後の見通しでございますけれども,裁判所から和解案が。  債務が継続しておることを向こう側は認めておるところです。 ◯ 孫田副市長  済みません。何編も発言して申しわけないのですけれども,私の方から,かいつまんで申し上げます。ざくっとさせていただきます。  

徳島市議会 2018-06-12 平成30年第 2回定例会−06月12日-08号

裁判所前に東警察署が移転するために、聾学校跡地の北側に当たります6,670平方メートルを国と交換しておりますが、あと8,247平方メートルのかなり広い土地が、県有地として残っている状況でございます。旧動物園跡地の横に位置し、緑も非常に多く、また助任川にも接していることから、川の駅構想においてもよいというふうに思っておりますし、文化芸術の拠点としては、すばらしい立地条件にあると考えております。

徳島市議会 2018-06-07 平成30年第 2回定例会−06月07日-06号

一方、阿波おどり桟敷の売買契約成立には、破産管財人との契約手続の後、裁判所の許可を得る必要があり、その許可手続がどの程度の期間を要するかわからない中、一刻も早く破産管財人から許可申請をしてもらえるよう、契約に向けた手続を進める必要がありました。  

小松島市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会議(第1日目)〔資料〕

月11日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 ………………………………………………………………………………………………………………… ┌──────┐ │ 収入印紙 │           訴   状 │ 30,000円 │ └──────┘                                 平成30年  月  日  徳島地方裁判所

小松島市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会議(第1日目) 本文

議案第45号及び議案第46号の訴えの提起につきましては,本市が貸し付けた住宅新築資金等貸付金に関して,徳島地方裁判所に主債務者及び連帯保証人を被告として貸金の返還等を求める訴えを提起することについて,議会の議決を求めるものであります。  

小松島市議会 2018-03-16 平成30年予算決算常任委員会 本文 2018-03-16

厳密なことを言いますと,会計処理の是非は事務上の不手際,過失というようなことですと,仮に住民監査請求なり住民訴訟なりが起こされますと,その分は処理を怠っていたというような事柄で裁判所に認定されたとすれば,そのときの担当者,これに関して一定の損害額があるということが決まれば,求償していかなければならない,こういう厳しい状態がございます。

徳島市議会 2018-03-14 平成30年第 1回定例会−03月14日-04号

今後は、市民の負担をできる限り減らすために、裁判所の関与のもとで透明性を確保しながら、観光協会からの債権の回収に努めてまいりたいと考えております。  以上でございます。           〔22番 加戸 悟君登壇〕 ◆22番(加戸悟君)御答弁をいただきましたので、質問してまいります。  

徳島市議会 2018-03-12 平成30年第 1回定例会−03月12日-02号

今後は、裁判所の関与のもとで透明性を確保しながら、観光協会からの債権の回収に努めてまいりたいと考えております。  以上でございます。            〔2番 藤田真由美君登壇〕 ◆2番(藤田真由美君)中小企業対策について、お答えいただきました。固定資産税の軽減措置拡充につきましては、器具に係る固定資産税率をゼロにするとの明確なお答えをいただきました。大変有効な施策になるものと思います。

徳島市議会 2018-03-08 平成30年第 1回定例会−03月08日-01号

これを受け、徳島市といたしましては、市民の負担をふやさないとともに、できるだけ軽減させるために、やむを得ず、裁判所の関与のもとで、透明性を確保しながら、徳島市観光協会から債権の回収を図るべく、今月1日に破産手続開始の申し立てを行いました。  

小松島市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会議(第1日目)〔資料〕

30年4月1日から平成33年3月31日まで   平成30年3月5日提出                               小松島市長 濱 田 保 徳 ─────────────────────────────────────────── 議案第28号                 調停案の受諾について  徳島簡易裁判所平成