7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鳴門市議会 2012-09-01 平成24年  9月定例会(第3回)

地方議会においては、行政実例により処分要求は懲罰動議と解され、懲罰動議と同様の取り扱いをすることとされております。 しかしながら、懲罰動議は地方自治法により議員定数の8分の1以上の発議者が必要であり、会議規則では所定の発議者が連署して議長に提出しなければならないとされております。 

徳島市議会 2011-12-05 平成23年第 5回定例会−12月05日-18号

これを経済産業省が認め、行政実例を変更して初めて行政が参考にすべき実例となります。現に経済産業省は、本年12月2日に面談をした我が党の加戸悟議員に対し、経済産業省は1,000メートル以内の同意が必要だと言っているのでございます。  もともとこの判例を持ち出すのは無理があります。この判例に言う場外売り場の設置場所は、大阪の中央区日本橋の繁華街であります。

鳴門市議会 2007-02-01 平成19年  2月定例会(第1回)

さらに、分担金などに関する条例は、行政実例において具体的かつそのすべての事項を条例で明確に規定すべきであり、市長の裁定にゆだねるような規定は適正なものではないとしました。 しかしながら、地元対策地理的範囲や対象者は4漁協との覚書において明確にするとし、既に室・撫佐漁協以外とは協議が調っているという説明がありました。

三好市議会 2005-12-12 平成17年第4回定例会(第2号12月12日)

しかし、当然のことではありますが、学校教育のような一般的な受益の性質を有するものについては、分担金を徴収することはできないとする行政実例があります。公民館の本来の目的社会教育であり、分担金の徴収には問題があります。また、仮に分担金の徴収ができたとしても、さきに述べたとおり、分担金徴収を条例化する必要がありますが、町には現在も過去にもそのような条例はありません。  

徳島市議会 1989-08-22 平成 元年第 3回臨時会−08月22日-11号

2点目に、昭和23年自治省行政実例によります世論の焦点になっている政治調査に属することであります。3点目に、総務委員会等での解明は調査権限という点で限界がある。こういう理由で特別委員会の設置する理由は極めて正当性があり、緊急を要すると主張してきたのであります。  その後、7月の6日と21日の2回、総務委員会が開かれましたが、これによって解明が進むどころか疑惑が一層深まったのであります。

  • 1