運営者 Bitlet 姉妹サービス
9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-03-10 三好市議会 平成29年第1回定例会(第4号 3月10日) これは行政実例なんかに基づきましても、解釈でも、地方公営企業につきましては別の会計の権限があるので、市の会計管理者の権限ではないということが示されております。 ○議長(近藤鋓男議員) 加藤議員。 ○19番(加藤芳文議員) であったならば、企業会計として病院会計としても財産に関する調書を発表すべきじゃないんですか。 ○議長(近藤鋓男議員) 小嶋病院事務局長。 もっと読む
2012-09-01 鳴門市議会 平成24年  9月定例会(第3回) 地方議会においては、行政実例により処分要求は懲罰動議と解され、懲罰動議と同様の取り扱いをすることとされております。 しかしながら、懲罰動議は地方自治法により議員定数の8分の1以上の発議者が必要であり、会議規則では所定の発議者が連署して議長に提出しなければならないとされております。  もっと読む
2011-12-05 徳島市議会 平成23年第 5回定例会−12月05日-18号 これを経済産業省が認め、行政実例を変更して初めて行政が参考にすべき実例となります。現に経済産業省は、本年12月2日に面談をした我が党の加戸悟議員に対し、経済産業省は1,000メートル以内の同意が必要だと言っているのでございます。  もともとこの判例を持ち出すのは無理があります。この判例に言う場外売り場の設置場所は、大阪の中央区日本橋の繁華街であります。 もっと読む
2011-06-01 鳴門市議会 平成23年  6月定例会(第2回) 行政実例によりますと、定例会及び臨時会ごとに継続審査の議決を必要とせず、調査が終了するまで百条調査は継続することになります。行政実例は、特別委員会での調査でございます。 もっと読む
2010-03-11 石井町議会 平成22年 3月定例会-03月11日−02号 しかしながら、選挙管理委員が署名収集受任者となることも違法ではないが適当でないという行政実例が出ております。 ○議長(久米毅君) 志摩匡彦君。 ◆15番(志摩匡彦君) もういろいろ聞いてもいけませんので、この受任者、名前出てきておりますね。これ間違いないか、いけるかいけんかということは、チェックが十分になされておりますね。ご答弁願います。 ○議長(久米毅君) 中村住民課長。 もっと読む
2008-06-24 石井町議会 平成20年 6月定例会-06月24日−04号 これは行政実例、昭和29年11月24日、自丁公発200号というので明文化されておりますが、質問するのは、相手方はあくまでも執行機関であって、理事者側から質問を聞き直すと、声が小まかったり質問の内容がわかりにくいという場合には当然聞き直すというのはできると思いますが、また議員間でも通常一般質問で質問のやりとりというのはできないというふうになっております。 もっと読む
2007-02-01 鳴門市議会 平成19年  2月定例会(第1回) さらに、分担金などに関する条例は、行政実例において具体的かつそのすべての事項を条例で明確に規定すべきであり、市長の裁定にゆだねるような規定は適正なものではないとしました。 しかしながら、地元対策の地理的範囲や対象者は4漁協との覚書において明確にするとし、既に室・撫佐漁協以外とは協議が調っているという説明がありました。 もっと読む
2003-12-03 鳴門市議会 平成15年 12月定例会(第4回)-12月03日−03号 この組合解散における処分の対処となる財産は、行政実例によれば、地方自治法237条に規定する財産とは必ずしも一致せず、歳計現金や公用文書類は財産処分の対象とならず、事務継承に当たるとされているという法的解釈のもとで、藍住町議会では現金は全額鳴門市のものとなるとの解釈でいたのにかかわらず、あなたの独断で残金の9割に当たる5,700万円ものお金を藍住町に渡してしまいました。 もっと読む
1989-08-22 徳島市議会 平成 元年第 3回臨時会−08月22日-11号 2点目に、昭和23年自治省の行政実例によります世論の焦点になっている政治調査に属することであります。3点目に、総務委員会等での解明は調査権限という点で限界がある。こういう理由で特別委員会の設置する理由は極めて正当性があり、緊急を要すると主張してきたのであります。  その後、7月の6日と21日の2回、総務委員会が開かれましたが、これによって解明が進むどころか疑惑が一層深まったのであります。 もっと読む
  • 1