2522件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

阿南市議会 2020-12-11 12月11日-04号

ワーケーションという取組として、官民連携して全国ワーケーション自治体協議会を設立し、会員が増えてきております。地方の力を保つことが国力の要となる、コロナによって気づいたのです。各自治体も独自のカラーを出して取組を始めました。収穫時の人手不足解消のため、都会の人に地方で出稼ぎをする、余った時間を有効に利用する、地方創生の行き着くところになっているのです。 

三好市議会 2020-12-08 12月08日-02号

しかし、今住んでいる人たち課題や問題に直面したときに、自治体としてどのような支援ができ、寄り添え、安心して生活できるかなどのセーフティーネットが構築されていることが重要であると感じています。その礎に個々の価値観が加わることによって、魅力のある地域であったり、住みやすい地域になってくると考えています。 

石井町議会 2020-12-07 12月07日-01号

この協定は、石井町、益城町両町のいずれかに大規模災害が発生した際に応急対策復旧活動を円滑に遂行できるよう、被災した自治体の要請に応じて相互に応援、協力を行うことを目的として締結しております。また、災害時のみならず、日頃より益城町の大規模災害による経験と課題を共有させていただくことで石井町の防災・減災対策の強化につなげてまいりたいと考えております。 

小松島市議会 2020-12-04 令和2年12月定例会議(第4日目)〔資料〕

┠……………………………………………………………………………………………………………………┨ ┃ 1)調理残渣・残飯の処理実態を把握する                         ┃ ┠……………………………………………………………………………………………………………………┨ ┃ 2)他自治体取り組みを調査する                            ┃ ┠……………………

小松島市議会 2020-12-04 令和2年12月定例会議(第4日目) 本文

政府は,新型コロナウイルス対策に奔走する地方自治体取り組み支援するため,令和2年度第1次補正予算で1兆円,第2次補正予算で2兆円の地方創生臨時交付金を確保しました。新型コロナウイルス感染症への対応として必要な,感染拡大防止経済活動支援,新しい生活様式等への対応などを目的とした事業であれば,原則として交付金の使途に制限はないとしています。各自治体の裁量が推しはかられます。

徳島市議会 2020-12-04 令和 2年第 6回定例会−12月04日-21号

自治体によって事業名称や内容が異なる場合もあるようです。この事業に独自の上乗せ支給をし、対象から外れる駐車場代などをカバーしている自治体もあり、利用者からは、経済的な不安があったので助かった、結婚の後押しになったなどの声が寄せられているようです。徳島県内では、現在、美馬市が実施しているようです。  そこでお伺いします。

徳島市議会 2020-12-03 令和 2年第 6回定例会−12月03日-20号

県内式典の中止を決めた自治体はどこか、お答えください。  その後、10月28日の徳島新聞では、『「お祝いイベント」で代替』という報道があり、新成人が歓談する場所を館内に設け、記念品を渡すなどを知りました。  お尋ねします。高齢の来賓も多く、感染防止のため、公民館から式典代替措置を求める声が上がっていたという報道は事実なのか、お答えください。