1559件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

阿南市議会 2036-08-27 09月03日-01号

しかしながら、現在、使用しております施設は、老朽化耐震強度に不安を抱えていることに加え、現在地が浸水深3メートルから4メートルの津波浸水想定区域となっていることから、保護者の皆様に旧こばと保育所への移設を提案いたしましたところ、御快諾をいただきました。 今後は、安全・安心子育て支援事業を実施できるよう、移設に向けた取り組みを着実に進めてまいります。 

石井町議会 2028-06-20 06月20日-04号

管路状況耐震化についてはやはり石井町同様におくれております。職員については技術職員が2人しかおらず、全て35歳以上となっており、若手職員確保技術職員確保、育成が課題となっているということです。また、メーター検針業務料金徴収業務浄水場運転管理業務漏水調査業務水質検査業務電気保安業務電気装設備保守点検業務などを民間委託しております。

鳴門市議会 2022-09-19 09月19日-04号

鳴門市においても、耐震化や空調設備設置があらかた完了するので、次の投資的案件はこの木装になるのではないかと思います。子供の健康のためには、全ての施設に木があるべきです。 そしてさらに、木造の利点を申し上げると、木造建築物は、地球環境にも非常によいということです。木材は、二酸化炭素を閉じ込め、温暖化防止に寄与するのです。

阿南市議会 2021-09-11 09月11日-03号

次に、受け付け申請件数の増及び補助金額上限の見直しについてでございますが、本市では、現在、国の補助事業として市民安心・安全の確保のため、木造住宅耐震化促進事業危険ブロック塀等撤去支援事業危険廃屋等除却支援事業を実施しておりますが、30年以内に発生する確率が70%から80%と言われております南海トラフ巨大地震に備えて、市民のニーズは、今後、ますます増大することが予測されることから、これら3事業

阿南市議会 2021-06-13 06月13日-03号

羽ノ浦地域においては、旧町からの課題阿南市になってからの課題として、羽ノ浦総合国民体育館の建てかえ、羽ノ浦さくら保育所羽ノ浦くるみ保育所統合整備春日野地域下水道羽ノ浦農業集落排水施設老朽化による更新、春日野市営住宅整備岩脇小学校羽ノ浦小学校羽ノ浦中学校改築阿南共栄病院跡地利用方向性農地宅地化による雨水排水問題、羽ノ浦支所羽ノ浦地域交流センター耐震不足の問題、特に農地

阿南市議会 2021-06-12 06月12日-02号

次に、阿南図書館は昭和55年に建築された旧耐震基準による建物であります。平成30年度において耐震診断を実施したとのことでございますが、その診断結果をお示しください。 あわせて、その結果が耐震性に問題があったのであれば、その対応についてお伺いいたします。 最後に、3館体制の将来的な方向性についてであります。 

阿南市議会 2020-12-25 12月25日-03号

現在、市民会館耐震強度の問題で使用を中止しております。約1年そのままの状態で今後の対応待ち状態であります。いつまでも価値を生まない施設が放置されているのは大変気がかりであります。箱物建物系(学校、公民館、図書館体育館)、インフラ系道路下水道)、プラント系ごみ焼却施設汚水処理場)などがあるわけですが、近い将来、これらの公共施設を一斉に更新する時期がやってきます。

阿南市議会 2020-12-24 12月24日-02号

耐震にも不安はありますが、敬老会文化祭など、町全体での行事を行える場所はここよりほかありません。昨年には、地元協議会各種団体の参加のもと那賀川社会福祉会館建設推進会議を発足させ、昨年の11月16日に前市長、副市長初め、関係する部長に陳情いたしました。また、本年9月20日には、住民署名3,710名分を添えて陳情をいたしました。その結果、建てかえを前提に、今後の大きな修繕費はかけないようにする。

鳴門市議会 2020-12-16 12月16日-05号

次に、委員からは、以前に比べ令和年度指定管理料が増加している要因について質疑があり、指定管理料上限額を増額した大きな要因としては、利用料収入の約16%が翌年度事業実施分に係る収入となっているが、令和年度から施設耐震化等により休館の予定となっており、通常であれば見込まれるはずの翌年度事業実施分利用料収入が見込めないためであるとの説明がありました。 

鳴門市議会 2020-12-05 12月05日-04号

次に、公共工事平準化につきましては、冒頭でも申し上げましたが、地域を支える中小建設業に期待される役割として、公共施設など耐震補強補修工事、メンテナンスなど、地域インフラ整備、維持の担い手であると同時に、災害時の応急対応、なかんずく震災時の早急な避難所耐震診断道路警戒作業など、地域社会の安全・安心確保を担う地域守り手としてなくてはならない存在です。

三好市議会 2020-12-02 12月02日-01号

現在の山城支所庁舎につきましては、耐震性能がないことから、現在の場所以外に新築移転する方向で検討してまいりました。移転先は、山城大川持586番地2、有限会社峯製材所所有地を買収し、支所を建築します。隣接する山城大川持586番地3、阿波銀行山城支店所有地は、支所の来庁者駐車場として買収する予定であります。

三好市議会 2020-12-02 12月02日-01号

現在の山城支所庁舎につきましては、耐震性能がないことから、現在の場所以外に新築移転する方向で検討してまいりました。移転先は、山城大川持586番地2、有限会社峯製材所所有地を買収し、支所を建築します。隣接する山城大川持586番地3、阿波銀行山城支店所有地は、支所の来庁者駐車場として買収する予定であります。

鳴門市議会 2020-11-20 11月27日-01号

次に、経済建設部の決算については、まず木造住宅耐震化促進事業平成30年度実績について質疑があり、木造住宅耐震診断支援事業は、100件予定していたところ実績60件、木造住宅耐震改修支援事業は、15件予定していたところ実績6件、簡易耐震リフォーム支援事業は、15件予定していたところ実績9件、耐震シェルター設置支援事業は、3件予定していたところ実績1件、住みかえ支援事業は、5件予定していたところ実績

鳴門市議会 2020-09-18 09月18日-03号

事業推進監地方創生担当)兼企画総務部長 尾崎浩二君登壇〕 ◎事業推進監地方創生担当]兼企画総務部長尾崎浩二君) 公共施設に係る休止、廃止施設についての御質問ですが、鳴門公共施設等総合管理計画においては、施設の集約や廃止により不要となった公共施設については、耐震性能を有する施設耐用年数上限に至っていない施設を中心に、他の用途への転用による施設利活用を検討することとしておりますが、それ以外