1154件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石井町議会 2021-06-14 06月14日-02号

対象者は65歳以上の障がい認定療育手帳精神障がい者、保健福祉手帳の交付を受けている方、介護保険法による要支援1以上の認定者総合支援事業対象者運転免許証のない方などを支援するものです。これにより移動困難者の方は、何の心配もなく接種を受けることができます。 本町においても、上板町のように、ワクチン接種を希望する方への移動支援を求めますけれども、いかがでしょうか、お伺いいたします。

鳴門市議会 2021-06-14 06月14日-02号

感染拡大は1年以上にも及び、多くの人が経済的・精神的にも追い詰められています。自由な行動や人との触れ合いが制限され、不安や寂しさを感じてる人もいます。 また、行動自粛呼びかけや営業時間短縮などの影響で、雇用情勢がさらに悪化し、経済的に困る人も増えることも懸念されます。長期的に支える新たな制度や仕組みづくりを考え、先を見越した対応が欠かせません。 

三好市議会 2021-06-01 06月01日-01号

出馬しない主な理由としては、年齢からくる体力低下と、24時間365日緊張の中で過ごすことによる精神的な疲労であります。 近年、全国でも現職の首長が任期途中で亡くなることや体調を崩し療養する事例が増えています。私自身も、仮に引き続き市長の職を任されることになったとしても、あと4年間の任期を全うできるかどうか不安を感じております。

鳴門市議会 2021-05-31 06月07日-01号

今後もこの動画などを通じまして、第九が築いてきた絆、第九の歌詞に歌われている人類友愛精神を発信していきたいと考えております。 次に、NARUTOオンラインギャラリーについてであります。 5月8日から5月16日にかけて開催予定であった鳴門文化展につきまして、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、開催をやむなく中止させていただいたところであります。

鳴門市議会 2021-03-16 03月16日-05号

、「市民負担は、経済的にも精神的にも肉体的にも今までにない苦痛であります。議会として『何をすべきか』見極めなければなりません。今こそ広域的なものの考え方が必要です。また、これからウイズコロナ生活を心掛けることが肝要です。つまり生活環境が変わります。市民負担をかけるのであれば、議員はより以上に厳しい状況に身を投じ、その上で選ばれてこそ自信を持って市民の為に働けると考えます。

石井町議会 2021-03-15 03月15日-03号

特別障害者手当とは、二十歳以上の在宅で精神または身体に著しく重度の障がいのある方で、日常生活において常時特別の介護を必要とする状態にある方に支給されます。支給金額については、全国消費者物価指数の変動に左右され、令和2年度は月額2万7,350円で、原則として毎年2月、5月、8月及び11月にそれぞれの前月分までが支給されます。申請は住所地の市町村で受け付けており、石井町の窓口は福祉生活課となります。

石井町議会 2021-03-11 03月11日-02号

また、2点目ですが、不育症は、赤ちゃんをなくしたという喪失感精神的ダメージが大きいと思われます。厚生労働省研究班では、不育症の人の15.4%に鬱や不安障がいがあり、十分な時間をかけて次回妊娠への対応や説明を受けることでストレスが改善され、カウンセリングを受けた方が次の妊娠率が高いとされております。このように、グリーフケアが非常に重要なことから、メンタル面でのサポートが重要だと思います。 

阿南市議会 2021-03-10 03月10日-03号

効果といたしましては、実施した職員へのアンケートから、通勤時間の短縮により時間の余裕ができ、精神的な余裕にもつながった、子供保育所のお迎えをすることができ、共働きの家族負担を軽減できた、子供と接する時間が増え、家族精神的安定につながったなどの意見が寄せられており、ワーク・ライフ・バランスにつながる効果があったものと認識しております。 

鳴門市議会 2021-02-26 02月26日-04号

医療関係者介護関連への対策は第一ですが、市民負担は経済的にも精神的にも肉体的にも今までになく苦痛であります。議会として、何をなすべきか、見極めなければなりません。今こそ広域的な物の考え方が必要であります。 また、これからウイズコロナ生活を心がけることが肝要であります。つまり、生活環境が変わります。

鳴門市議会 2021-02-24 02月24日-02号

当時の市長さんからは、街路樹の前の家の方々にボランティア精神掃除をお願いできたらと思いますが、前に家がなかったり、掃除ができない場合には、最終的には鳴門市が責任を持って整備してまいります、とのお話でした。 しかし、その後において歩道などの枯れ草の管理についても、年間を通して1年間ずっと1年間を通していつも美しく刈り込んだ状態ではありません。年に1度か2度刈り込んだらそれで終わりです。

石井町議会 2020-12-15 12月15日-02号

収入も減少しており、精神的なサポートに加え、経済的な支援も必要としている、ふるさとを思い帰省自粛している石井町出身の町外学生石井町から応援メッセージの籠もった特産品を送るご予定はありますか、ご答弁よろしくお願いいたします。 ○議長(井上裕久君) 田中参事。 ◎参事田中達也君) お答えいたします。 ふるさと学生応援事業について、少し調べさせていただきました。

徳島市議会 2020-12-14 令和 2年第 6回定例会−12月14日-22号

精神的にも物理的にも負担をかけるものです。納税者の立場に立っていないこの条例議案には反対です。  最後に、議案第139号令和2年度徳島水道事業会計補正予算3,080万円及び議案第140号令和2年度徳島公共下水道事業会計補正予算277万円については反対です。  これは、上下水道局庁舎建設場所を南前川に移転することを前提とした、アドバイザリー業務等予算だからです。

阿南市議会 2020-12-11 12月11日-04号

同時に、そのメッセージの力強さと自治体としてのチャレンジ精神を感じ、印象に残りました。これらが他の自治体広報紙です。 私の主観ではありますが、「広報あなん」は若い人の閲読率が低いのではないでしょうか。若者が地域の未来にとっての重要な担い手であることは議論の余地はありません。本来、そういった人たちの寄る辺となる地域の情報に触れていないとしたら、市にとっては大きな損失なのではないでしょうか。

三好市議会 2020-12-08 12月08日-02号

三好市におきましても、議員御指摘のとおり、視力低下睡眠不足による体調不良などの身体的症状、また感情がコントロールできなくなる、いらいらするなどの精神面での症状、さらには成績の低下、遅刻、欠席、昼夜逆転等社会生活への影響が現れてきておりました。 こうした問題が顕著になった当初から、依存によるデメリット克服や利用の制限ばかりに目が向けられ、解決は困難を極めるといった状況が続いておりました。

鳴門市議会 2020-10-01 10月01日-05号

これは、農家の経営を圧迫し、ひいては地域農業の衰退を招きかねず、国連家族農業の10年」や「小農と農村で働く人びとの権利に関する国連宣言」の精神とも相反するものである。 2、農林水産省は、今回の法改正の趣旨が日本国内で開発された品種海外流出防止であることを強調しているが、海外への登録品種の持ち出しや無断増殖を全て防ぐことは物理的にも困難であり、有効な対策は、海外での品種登録を行うことである。