65件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳴門市議会 2017-02-21 02月21日-02号

現在、学校で集金している給食費納入方法につきましても、所要の準備を整えた上で、平成30年度からは市から保護者直接請求し、口座振替、または納付書により納入していただく予定としております。このように、平成29年度から30年度にかけて移行していくこととしておりますので、公会計処理への段階的な移行と表現させていただいているものです。

石井町議会 2015-03-19 03月19日-04号

ここで言う第5条におきます住民からの請求書に関しましては、あくまで地方自治法によります直接請求の定義、これとは全く別のものということでございます。 ○議長(藤田高明君) 川端義明君。 ◆11番(川端義明君) ようわかりました。 ではそこで、これも実際に遵守すると、守るというべきものだけだろうと思います。 

徳島市議会 2013-06-26 平成25年第 2回定例会−06月26日-11号

そう考えると、市長が言われる公聴会、あるいは都市計画審議会議会議論など、一定の議論こそが住民投票を求める市民の声の源泉になっているわけで、市長の言う、権限と責任を有する機関において決定されたことをもって住民投票を否定するということは、市民のより公正で民主的な手続を踏もうという意向を無視し、まさに市民直接請求権を否定する、民主主義をないがしろにするものと言わなければならないのではないでしょうか。

石井町議会 2013-06-14 06月14日-03号

◆3番(永岡栄治君) 地方自治法直接請求について定めた第74条の4にはこう書かれております。署名権者もしくは署名運動者関係のある社寺、学校、会社、組合、市町村に対する用水、小作、債権、寄附、その他特殊な利害関係を要して署名権者または署名運動者威迫、つまり脅したり迫ったりしたときに4年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金に処すると。

石井町議会 2013-06-13 06月13日-02号

まず、原則としてリコール活動、すなわち直接請求活動というのは言うまでもなく個人権利として認められているものであります。また、リコール運動参加しないというのも当然個人権利として認められております。そして、このようにお互いが相反する権利がぶつかり合う時には、どちらの立場からも異なる主義主張あるいは意見があるというのは当然のことであるというのは理解しているところであります。

阿南市議会 2013-06-12 06月12日-02号

そしてまた、徳島市、ちょうど今議会最終日に新町の西開発に絡みます住民投票直接請求条例案が提案されるというような報道がなされ、日程も延長するような話が出ております。私は先ほど申し上げましたけれども、選挙というものは、やはり行政の中でも重要なことであるし、これをもって民主主義の中の一つのものだろうと考えております。 しかし、それと同時に、住民投票という制度もございます。

徳島市議会 2013-06-11 平成25年第 2回定例会-06月11日-08号

こうした中で、事業実施住民投票で決めようとする4万人を超える署名直接請求が出されたことに関しては、残念ではありますが、その要因を考えますと、事業必要性事業内容市民の皆様に十分に伝わってなく、御理解が得られていない部分があるのではないかという疑問を持つものであります。

徳島市議会 2013-06-10 平成25年第 2回定例会-06月10日-07号

まず、住民投票条例直接請求署名についてでございますけども、この署名の数についてでございますが、さまざまな考えの方が署名されたものと思っております。6月7日に、新町西開発住民投票の会から直接請求の本請求が出されましたので、今後は法の規定に基づきまして条例議案を提案し、議会において御審議、御判断いただくこととなります。  

徳島市議会 2013-03-18 平成25年第 1回定例会−03月18日-05号

たちはこの住民投票を求める人たちと共同し、直接請求署名活動の成功のために力を尽くすものであることを表明します。  また、議案第4号徳島下水道事業特別会計予算中、旧吉野川流域地区下水道推進協議会会費にも反対であります。下水道普及率向上都市インフラ整備にとって重要です。普及率の低い本市にとってその向上に努力すべきことは言うまでもありません。

徳島市議会 2013-03-07 平成25年第 1回定例会−03月07日-03号

それは、住民投票を求める直接請求署名という独特の署名スタイルを体験している市民の方々がたくさんおいでるからです。  今回で3回目になる住民投票署名運動ですが、海洋パーク吉野川可動堰と同様に、今回も事業が決まった後から始まったものです。なぜ住民投票署名運動が起こるんでしょうか。それは、市民合意をつくらずに、大型公共事業を強引に推進しているからです。  市長にお尋ねします。

徳島市議会 2012-12-11 平成24年第 4回定例会-12月11日-18号

12月、1月、2月を署名を集める受任者集めの期間に設定し、3月を住民投票を求める直接請求署名集めの月にしたいと言っているのであります。事務所もビルの1室の提供を受けています。請求代表予定者代表人のところにも、私も受任者になりたい、50人はできると登録票を持ち帰った人も出てきています。私は定年退職後、することがなく暇です、事務所当番も引き受けますなどと言ってこられる方もいるようであります。  

石井町議会 2011-03-10 03月10日-04号

直接請求制度によって住民議会の解散及び議員解職請求をできるということが挙げられております。地方におきまして、首長議会関係ということでございますけれども、いろんな類型があると思われます。一元代表制であるとか議会内閣制、そしてまた二元代表制もあり、議会コミッショナー制度という形で、いろんな類型、分類もされると思います。