76件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳴門市議会 2020-09-02 09月09日-01号

まず、ハザードマップ作成見直し事業についてでありますが、昨年8月に、徳島県が想定最大規模新池川の浸水想定区域図を公表したことを受け、ハザードマップ更新を行うもので、既に配布しております土砂災害洪水ハザードマップのうち、新池川の部分を改訂し、市内全戸に配布することといたしております。 次に、福祉避難所運営体制強化事業であります。 

石井町議会 2020-03-12 03月12日-03号

5年生を対象にいたしまして、吉野川の洪水の歴史を学び、また石井町の洪水ハザードマップもと自分たち避難方法を考えるなどの防災教育を行ったものでございます。以上でございます。 ○議長(後藤忠雄君) 山根由美子君。 ◆12番(山根由美子君) 洪水はある程度の予測はできますけれども、石井町は逃げるところも高い山もありません。

鳴門市議会 2020-02-10 02月19日-01号

さらに、新池川の洪水ハザードマップ更新を行うとともに、自主防災組織運営資機材整備避難路等整備について助成金の交付を行うなど、防災減災対策の推進に努めてまいります。 次に、地域防災力の向上に資する取り組みについてであります。 まず、消防車両整備事業についてであります。 車両整備計画に基づき、老朽化が進んでいる車両更新し、消防力強化を図るため、高規格救急自動車更新を行います。

石井町議会 2019-12-19 12月19日-04号

続きまして、3番目の防災訓練洪水ハザードマップ作成についてということで危機管理課長にお伺いするということで通告書を出しておりましたが、今議会でもう各議員、今まで質問された議員さんほとんどがこの防災なり、災害に被災した場合の対策、あるいは防災対策、それについての質問なり要望をされてはおりましたので、また私は違う角度から質問をさせていただきたいと思います。 

徳島市議会 2019-12-10 令和 元年第 5回定例会-12月10日-20号

また、河川から離れた場所でも被害が起こる可能性があることから、内水氾濫浸水想定区域洪水ハザードマップ浸水想定区域とは異なるのが一般的と言われています。今回の台風を受けて国土交通省内水ハザードマップ作成を各自治体に通知しています。台風被害の後、徳島市民皆様の水の氾濫に対する意識も高くなってきていると感じます。避難の際に重要な判断材料となるハザードマップ整備が急務であります。  

小松島市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会議(第3日目) 本文

では,早速になりますが,徳島県には洪水ハザードマップというのがございます。ホームページでも確認することができるのですが,こちらは水防法の改正により,想定できる最大限の降水量,雨が降った場合に河川の決壊が起こったときにどうなるのかというのをシミュレーションした先にでき上がったハザードマップでございます。  

石井町議会 2019-09-13 09月13日-03号

町から配布された洪水ハザードマップには、身近にある災害について知ること、備えることとありますが、洪水ハザードマップを見たことがあるのかどうかという認知度避難情報伝達方法など、配布するだけではなく、各地で出前講座地区に合わせた説明会避難のタイミングやどこに避難をするのかなど、避難経路を選ぶべきかなと話し合うことも大切なことだと思います。

阿南市議会 2019-03-06 03月06日-02号

豪雨による甚大な被害が発生した場合、災害に際して避難勧告等の不実施の場合に責任が生じる可能性がございますが、本市においては、台風が接近することがわかっている場合などは早目避難の呼びかけを行っていることや、国及び県が公表している浸水想定区域図もとに、避難所情報等伝達方法避難場所等を記載した洪水ハザードマップ作成し、住民の皆様にお知らせしていることから、事業者と同じような行政の不作為には該当しないものであると

阿南市議会 2018-09-26 09月26日-05号

理事者からは、津波による浸水は想定していないが、阿南洪水ハザードマップによると1メートルから2メートルほどの浸水が想定されているところである。地域防災拠点として、他の公民館と同様に、非常用発電機投光器等を備え、敷地内に防災備蓄倉庫を設置する予定であるとの答弁がありました。 以上、審査過程における主な質疑、意見の内容を御報告申し上げまして、文教厚生委員長の報告といたします。

阿南市議会 2018-09-12 09月12日-02号

初めに、ハザードマップ周知についての御質問ですが、平成17年度に合併前の阿南市、羽ノ浦町、那賀川町において、阿南市(那賀川桑野川洪水ハザードマップ、羽ノ浦洪水ハザードマップ、那賀川洪水ハザードマップ作成しており、合併後においては、平成27年3月に福井川洪水ハザードマップ、平成28年3月には桑野川県管理区間における洪水ハザードマップ作成しております。