346件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松島市議会 2021-09-03 令和3年9月定例会議(第3日目) 本文

災害と言えば,近い将来,必ず発災するであろうと言われております南海地震に備え,また,台風による被害に備えると,そんなイメージが私の中ではありました。しかしながら,ここ最近ではゲリラ豪雨,線状降水帯による大雨,土砂災害,河川の氾濫,地震による倒壊など,日本全国で様々な災害の報道を頻繁に見るようになりました。

鳴門市議会 2019-06-06 06月06日-02号

しかしながら、過去の事例でも東海南海地震発生した後に連動的に南海地震発生していることから、事前に臨時情報を発表することにより被害軽減を図るものです。 国では、この臨時情報への対応について、地方公共団体指定公共機関企業等が行う防災対応を取りまとめるため、南海トラフ沿いの多様な発生形態に備えた防災ガイドライン第1版を策定し、本年3月29日に公表しました。 

小松島市議会 2019-06-03 令和元年6月定例会議(第3日目) 本文

[17番 佐野善作議員 登壇] ◎ 17番(佐野善作議員半割れとか南海トラフ地震東海地震南海地震,南海地震,3つが連動した場合が南海トラフ地震なんですけれども,先に東海地震だけ起きたとか,南海地震だけ先に起きたとかいう,半分先に起きたことを半割れと言うと思うんですけれども,その半割れした記録が何回かあります。

三好市議会 2019-03-06 03月06日-04号

◆20番(三木和弘君)  議案第9号 三好市空家等対策の推進に関する条例制定について、議案書その1の148ページ、この条例について、確かに時を得たというか、今まさに南海南海地震発生確率も年を追うごとにパーセンテージを上げている状況でもあるし、異常気象が続き、巨大な台風等発生も危惧される今日において、まさにこうした条例制定というのは必要だったんかなと実は思っております。 

三好市議会 2018-12-10 12月10日-03号

この東日本大震災のときに、貴重な文書というのはほとんど流出をしたという、こういうこともありますし、それから今盛んに少しずつ発生の率が上がってきてます南海南海地震これを考えたときに、今までそれぞれの旧町村で蓄積をしたデータ、資料、これがやっぱりずっと残されていかないと、歴史というものがなくなってくるんではないかというふうに思っております。

小松島市議会 2018-06-04 平成30年6月定例会議(第4日目)〔資料〕

………………┨ ┃                                            ┃ ┠……………………………………………………………………………………………………………………┨ ┃2) 港湾防災機能強化                                   ┃ ┠……………………………………………………………………………………………………………………┨ ┃ 南海地震

三好市議会 2018-03-22 03月22日-06号

というのは、先ほど申し上げましたように南海地震70から80%に上がりました。そういう状況において、やはりできることは今できることをやっておかなければ、後で、先ほども意見ありました、建設中に地震が来るかもわかりません。それはわかりません。誰もわかりません。しかしながら、今議員としてできることをやるのが私議員の務めです。例えば子のことを考えてください。

鳴門市議会 2018-02-20 02月20日-02号

南海南海地震が近い将来予測されており、防災意識を高めるため、里浦地区自治振興会里浦自主防災会里浦小学校の合同で訓練が実施され、また各種団体、農協、漁協、婦人会老人会協力を得ての炊き出しと試食会も実施され、里浦南防災センターでの2回目となりました。これも泉市長を初め関係各位の方々の協力を得て里浦南防災センターでの活用ができることを感謝しております。 

三好市議会 2017-12-08 12月08日-02号

その中でも南海トラフ地震とか南海地震とか、いろいろ近い将来必ず起きるであろうという地震対策については、防災会議なり、防災計画なりで随時新しいものを取り入れて、いざというときの対策に取り組んでおります。進んでおります、徐々にですが。ところが、今私が質問した難民の問題については、ちょっと緩やかな対策で、その場しのぎのような対策、これ日本全国的な問題です。必ず来ますよ、もう年はとりますから、人間。

小松島市議会 2017-09-02 平成29年9月定例会議(第2日目) 本文

自衛隊による救助活動が頼もしく感じた反面,年月が過ぎますと,近い将来必ず発災するであろうと言われている南海南海地震に対する危機感,この部分がやや薄れてきているようにも思われます。  一時は,津波津波と言っておりましたが,現在ではあらゆる自然災害が小松島市の課題となっております。これからも計画性を持って,ハード面ソフト面,両面で災害対策減災対策に取り組まなくてはなりません。

阿南市議会 2017-06-15 06月15日-03号

近く南海南海地震がいつ起こるかわからないというこの時期に、まだ市内のあちこちで避難場所避難タワー建設が求められております。きょうは、私は西路見地区才見地区500人の住民人たちに対する防災タワー避難タワーの設置についてどのように考えておられるのか、ぜひ将来の計画等も含めて御答弁をいただきたいと思います。 次に、昨年12月23日新潟県糸魚川市で、市内を中心とする大火災が発生しました。

石井町議会 2017-03-21 03月21日-04号

南海南海地震が近い将来起こる可能性があると言われております。東日本大震災教訓にして、被災時には自分の身は自分で守ることの大切さを忘れないようにしたいと思っております。今なお行方不明の2,556人の方が一日も早く見つかりますようにお祈りをいたしております。 それでは、一般質問に入ります。 まず、子育て支援貧困対策についてお伺いします。 

石井町議会 2017-03-21 03月21日-04号

南海南海地震が近い将来起こる可能性があると言われております。東日本大震災教訓にして、被災時には自分の身は自分で守ることの大切さを忘れないようにしたいと思っております。今なお行方不明の2,556人の方が一日も早く見つかりますようにお祈りをいたしております。 それでは、一般質問に入ります。 まず、子育て支援貧困対策についてお伺いします。 

石井町議会 2016-06-09 06月09日-03号

自然災害は他人事ではなく、30年以内に起こる可能性がある南海南海地震に備え、本町においても真剣に取り組んでいかなければならないと思っております。地震発生時の職員初動態勢がその後の運命までかえてしまうと言われるぐらい重要なものでございます。福島第一原発地震による爆発が起きたとき、初動対応のおくれが後の人的被害大気汚染拡大につながったのではないかとも言われております。

石井町議会 2016-06-09 06月09日-03号

自然災害は他人事ではなく、30年以内に起こる可能性がある南海南海地震に備え、本町においても真剣に取り組んでいかなければならないと思っております。地震発生時の職員初動態勢がその後の運命までかえてしまうと言われるぐらい重要なものでございます。福島第一原発地震による爆発が起きたとき、初動対応のおくれが後の人的被害大気汚染拡大につながったのではないかとも言われております。