30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

小松島市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会議(第2日目) 本文

ところが,地元住民は,建設予定地である採石跡地を持っております民間産業廃棄物処理業者が,これまで,臭いにおいや煙などの環境面において,さらに火災を起こすなど,地域住民に不安を与えてきたこと,そんな会社の土地を徳島市が購入して,その上に大型焼却炉を建設してごみを燃やし,住民に迷惑をかけるのかという声が,この地元説明会では続出したわけです。  

小松島市議会 2019-09-03 令和元年9月定例会議(第3日目) 本文

建設候補地となっております徳島飯谷枇杷久保民間採石跡は,地震や台風などの自然災害に対して安全な場所と言えるのでしょうか。建設候補地と隣り合わせの場所で操業しております民間産業廃棄物工場は,徳島市の危機管理局防災対策課が昨年の3月に作成した資料によりますと,土砂災害特別警戒区域の上に工場を建設し,操業をしております。

小松島市議会 2019-09-02 令和元年9月定例会議(第2日目) 本文

この施設建設場所につきましては,徳島飯谷町の採石跡地を最有力候補地選定しまして,地元飯谷町の住民からは,ダイオキシン類汚染物質排出や騒音あるいは振動などが懸念されておりまして,本市の一部住民からも,建設候補地勝浦川南岸近くに上水道水源地農業用水取水口があるために水質汚染等を危惧する余り反対運動が起こったというふうに思っておりますが,私が調べたところによりますと,汚染物質排出

小松島市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会議(第3日目) 本文

また,価格とか,いろいろこう書いてありますけど,これ,ちょっと市長にお伺いしますけど,徳島市でこの6から9までで最有力候補地選定と書いて,ほいで,これ,何ですか,徳島飯谷枇杷久保採石跡。これ,誰が決めたのですかて聞いたんよ。市長が決めてくれましたと言いよったわ。                 

小松島市議会 2017-09-03 平成29年9月定例会議(第3日目) 本文

建設候補地勝浦川沿い徳島飯谷町の採石跡地である。下流側1.17キロメートルの小松島田浦町には,農業用取水口上水道水源地があり,勝浦川市民の命の水がめです。上水道伏流水を地下からくみ上げ,水道水として市民約3万8,000人が使用している。農業用水田浦,新居見,前原,中郷,江田,中田などの田畑の米,野菜,果実などの育成に使用している。

石井町議会 2017-03-14 03月14日-03号

これ徳島小松島両市石井、勝浦、松茂、北島の4町が昨年の11月、共同で整備するごみ処理施設建設候補地徳島市の飯谷町にある民間会社採石跡地決定をいたしております。当初徳島市が6カ所、小松島市が1カ所提案した結果、活断層位置関係や、ほかの市町からの距離、地区人口密度といった観点から検討し、飯谷町に絞ったと言われております。

石井町議会 2016-12-16 12月16日-04号

候補地案選定経緯といたしましては、7月に徳島市及び小松島市から候補地の提案があり、徳島市内部飯谷採石を含む6カ所から学識経験者徳島幹部職員による候補地選定委員会にて選定作業が進められ、徳島市内候補地案が取りまとめられ、11月7日に徳島市、小松島市両市長協議により、両市からそれぞれ提案した2カ所から広域における候補地を1カ所に内定し、11月13日に6市長が一堂に会し、候補地徳島市に内定

石井町議会 2016-12-14 12月14日-03号

先日、新聞にも見たわけでございますけれども、今回石井町を含む広域処理場につきまして、徳島市が徳島市の飯谷地区採石の跡を一応もう場所を決めたということで、広域処理場、もう佐那河内で、これは広域は難しいかなと思っとったんですけれども、徳島市が飯谷地区において広域処理場を再開していただけるということが決まったということがございますけれども、なお新聞にもありましたように、場所が決まって、住民の方の同意

徳島市議会 2016-12-09 平成28年第 5回定例会−12月09日-22号

その後、30日の徳島新聞にも、建設候補地飯谷枇杷久保採石跡地決定と報道されました。地元の方からは、決定とする報道に大変驚いたという声をお聞きしました。  まず、市長にお尋ねします。  現在、候補地選定はどういう段階なのか。また、地元への協議はどのように進めていくのでしょうか。  

徳島市議会 2016-12-05 平成28年第 5回定例会−12月05日-19号

事業を推進する上で、建設候補地選定は重要であり、最優先の課題として取り組んでまいりましたが、このたび、徳島飯谷枇杷久保民間が所有する採石跡地建設候補地として選定いたしました。  今後は、地権者皆様周辺住民皆様に、施設必要性安全性について十分説明し、御理解、御協力が得られるよう、誠心誠意、取り組んでまいる所存でございます。  

小松島市議会 2016-12-01 平成28年12月定例会議(第1日目) 本文

ごみ処理施設広域整備につきましては,本年6月から徳島市と本市を含む関係市町協議を進めてまいりましたが,先月,遠藤徳島市長から,徳島飯谷町の採石跡地広域ごみ処理施設建設候補地とする表明がありました。徳島市及び6町と協議し,広域整備の実現に向け,今後さらに詳細な協議を進めてまいります。  それでは,本日提出しております議案につきまして,概要を御説明いたします。

石井町議会 2013-09-09 09月09日-02号

「青石の採石が見つかれば、全国から考古学ファンが押し寄せるだろう」ともお話しされておりました。中でも私驚いたんですが、この学ケ丘団地という、石井のほうにありますが、この北には、昭和53年に長さ60メートルの前方後円墳が見つかっております。菅原さんのお話では、国の補助事業で測量して年代を特定すれば、気延山と合わせて地域一帯国史跡になるだろうとお話しされておりました。

鳴門市議会 1995-09-01 09月26日-03号

そこで、市長の公約であります「百人以上の雇用力のある地元企業を百社育てる」について、本心からの熱意が伝わってくるわけでございますが、地場産業振興ビジョンの策定の上で欠くことのできない企業団地の一つの瀬戸町明神の採石跡地で、東洋建設株式会社開発しております複合型産業団地についてお伺いいたします。 

鳴門市議会 1995-06-01 06月16日-04号

一例として、大変自然に恵まれているにもかかわらず、リゾートによる高層ビル採石が多く、どんどんと自然を破壊している状態があります。今からでも一刻も早く乱開発を防止しなければならない。我々は後世にできる限り自然を残すことが努めだと思います。今自分たちがやれる立場の人間が、自信と勇気を持って他都市より早く実施することを願います。 

  • 1
  • 2