運営者 Bitlet 姉妹サービス
109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 三好市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月27日) さらに、保育利用要件の緩和と無償化策で、今後は本市において待機児童のない3歳、4歳、5歳児でも待機児童になる可能性もあります。こうした状況をしっかりと予測し、対応することが必要です。  一方、本市の財政状況については、平成29年度決算による市税収入を見てみますと、前年度と比べ、個人市民税は増額でありましたが、法人市民税が大幅な減額となりました。 もっと読む
2018-09-01 鳴門市議会 平成30年  9月定例会(第3回) 委員からは、鳴門市では待機児童がいると聞いており、その対策として、家庭的保育事業等を実施する事業者の活用を検討しているのかとの質疑があり、理事者からは、昨年10月時点の待機児童は19名となっていたが、ことしの4月時点では待機児童はゼロとなっている。 もっと読む
2018-06-13 三好市議会 平成30年総務協働委員会( 6月13日) ○(野々山政策推進部次長兼財政課長) それぞれ寄附金につきましては、市のほうで寄附金の募集事業として上げさせていただいております3つの事業がございまして、待機児童対策事業ですとか健康寿命延伸事業ですとか奨学金支給事業にそれぞれ御指定をいただいたものでございます。それと、寄附者の方からの指定によりまして道路安全施設設置事業において充当させていただいたものでございます。以上です。 もっと読む
2018-06-13 徳島市議会 平成30年第 2回定例会−06月13日-09号 昨年6月議会でも待機児童の問題などについて取り上げました。先月、私は、学童保育クラブの充実に力を入れて取り組んでいる北九州市へ視察に行ってまいりました。北九州市では、施設整備を急ピッチで進め、支援員を確保するため、いち早く処遇改善事業も実施し、待機児童解消に積極的に取り組んでいました。また、クラブごとに違う開所時間や利用料を統一するためにモデルプランを示すなど、運営体制の充実も進めていました。   もっと読む
2018-06-11 徳島市議会 平成30年第 2回定例会−06月11日-07号 また、待機児童の解消についてですが、待機児童の数と入所の申し込みをしていたのに入所できなかった、いわゆる入所保留者の数の推移と要因についてお答えください。  次に、徳島市の住宅リフォーム支援制度の成果について、お尋ねします。徳島市住宅リフォーム支援制度の補助を含めた予算額の推移や実施状況、経済効果などをお答えください。 もっと読む
2018-06-08 三好市議会 平成30年第2回定例会(第3号 6月 8日) まずは保育園について、本年4月1日現在で22人の待機児童、24人の隠れ待機児童がいたことが明らかになりました。不本意なことですが、これは予測できた結果です。予測できたからこそ、この事態を防ぐために繰り返し取り上げ、具体的な提言をしてきたわけで、この現状をとても残念に思っています。  今回は保育園のおむつの問題です。   もっと読む
2018-06-07 徳島市議会 平成30年第 2回定例会−06月07日-06号 まず、喫緊の課題である待機児童の解消や小学校就学前における質の高い教育・保育を受けられる環境づくりといたしまして、徳島市立としては初となる幼保連携型認定こども園として北井上認定こども園を、本年4月に開園いたしました。   もっと読む
2018-03-13 三好市議会 平成30年総務協働委員会( 3月13日) 一つが奨学金の支給、一つが待機児童の対策、一つが健康寿命の延伸、その他というものも若干ございましたが、その中の奨学金の支給事業ということで、市外在住の個人の方から32件、264万円の寄附をいただいたものでございます。以上です。 ○(冨田 正委員長) いいですか。  じゃあ次に行きます。12、13も諸収入ですけども、なければ歳出に入ってまいります。いいですか。  じゃあ、歳出に行きます。議会費。 もっと読む
2018-03-12 徳島市議会 平成30年第 1回定例会−03月12日-02号 次に、子育て支援施策の中で、子供たちの保育、学童の待機児童数について、お聞きいたします。保育所に入れなかったというニュースを見ない日がないくらい、日々注目をされ、報道されていますが、首都圏では数万人単位の方が1次希望の認可保育園に入れない、非常に厳しい状況となっているようでございます。地方ではそこまでひどくはないとしても、本市も依然として待機児童はゼロにはなっておりません。 もっと読む
2018-03-08 徳島市議会 平成30年第 1回定例会−03月08日-01号 さらに、喫緊の課題である待機児童の解消や小学校就学前における質の高い教育・保育を受けられる環境づくりを推進するため、老朽化に伴う認可保育所の改築や認可保育所から認定こども園への移行に係る施設整備の助成を行うとともに、市立では初めてとなる幼保連携型認定こども園を本年4月に、北井上地区に開園いたします。   もっと読む
2018-03-02 三好市議会 平成30年第1回定例会(第1号 3月 2日) 続きまして、施策2の待機児童の解消、放課後児童クラブの充実についてでございます。  民間保育施設や私立幼稚園などへの支援により、保育園の待機児童を解消し、放課後児童クラブの充実を図ってまいります。  保育園の待機児童対策につきましては、みよし市児童育成計画に基づきまして、さまざまな施策を展開し、今後、待機児童ゼロを実現したいと考えております。 もっと読む
2017-12-13 徳島市議会 平成29年第 4回定例会−12月13日-20号 子ども・子育て支援制度がスタートして2年余りが経過し、本市においても就学前の子供たちの施策全般にわたる徳島市子ども・子育て支援事業計画を策定し、保育所や認定こども園の整備、待機児童の解消、保育、幼児教育、子育て支援の充実が一定進んできました。   もっと読む
2017-12-11 徳島市議会 平成29年第 4回定例会−12月11日-18号 具体的には、喫緊の課題である待機児童の解消といたしまして、この支援事業計画に基づき、平成29年度当初予算では175人分の定員拡大につながる私立認定こども園への施設整備補助を確保いたしました。   もっと読む
2017-12-07 徳島市議会 平成29年第 4回定例会−12月07日-17号 次に、喫緊の課題である待機児童の解消に向けましては、平成29年度当初予算で、175人分の認定こども園の新設等に対する整備費補助を盛り込むとともに、利用可能な保育園等の情報提供などを行う利用者支援事業の強化に取り組んでいるほか、今議会では、保育の受け皿拡大を支える保育の人材確保のために、保育士等の処遇改善を図る補正予算を計上するなど、ハード・ソフト両面から、一日でも早く、希望する全ての子供たちが教育・ もっと読む
2017-09-13 徳島市議会 平成29年第 3回定例会−09月13日-13号 こうした認定こども園が新たに創設されることにより、待機児童解消に一定の効果を出すことは理解ができるところでございますが、既存の保育園が認定こども園となることは、一概に待機児童の解消につながるとは思えないところもございます。それは、認定こども園への変更は、単に3歳から5歳の保育を要しない1号認定の子供の人数がふえるだけで、定員増となっているのではないかという点。 もっと読む
2017-06-14 徳島市議会 平成29年第 2回定例会−06月14日-09号 平成27年度から子ども・子育て支援新制度が本格施行され、安心して子供を産み育てることができる環境づくりに取り組んでいるところですが、まだ待機児童の問題が解消できていない状況があるようです。今や、どの自治体も待機児童の解消を目指しており、今後は、子育て世代にとっていかに便利で魅力ある施策を展開できるかがとっても大切になってくると思います。 もっと読む
2017-06-13 徳島市議会 平成29年第 2回定例会−06月13日-08号 次に、待機児童について、お伺いします。  学童保育は、共働きやひとり親世帯がふえ、核家族化も進む中でニーズが高まっています。また、対象児童はおおむね10歳未満でしたが、児童福祉法の改正により、6年生までの全ての小学生が対象になりました。  そこで、お尋ねします。本市の待機児童は何人いるのでしょうか。お答えください。  次に、学童保育の指導員について、お伺いします。   もっと読む
2017-06-08 徳島市議会 平成29年第 2回定例会−06月08日-06号 まず、「『つなぐ』まち・とくしま」の実現といたしまして、待機児童を解消し、就学前教育・保育の充実を図るため、勝占地区の大松保育所、方上保育所及び大松幼稚園の3施設を統合し、幼保連携型認定こども園として整備してまいります。   もっと読む
2017-03-08 徳島市議会 平成29年第 1回定例会−03月08日-02号 このほか、子供・子育て支援の量的拡充と質の向上に関しましては、まず喫緊の課題である待機児童の解消につながる量的拡充といたしましては、私立認定こども園の整備に対する補助といたしまして5億6,500万円を計上しているところでございまして、これにより新たに175人分の定員拡大を図ってまいります。 もっと読む
2017-03-06 徳島市議会 平成29年第 1回定例会−03月06日-01号 また、待機児童を解消し、小学校就学前における質の高い教育・保育を受けられる環境づくりを推進するため、民間の認定こども園の創設及び定員増に係る施設整備に対して助成を行うとともに、北井上地区におきまして、市立では初めてとなる幼保連携型認定こども園を、平成30年4月の開園を目指し整備してまいります。   もっと読む