209件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

阿南市議会 2021-06-13 06月13日-03号

あれ私大変感動しまして、高校生でもああいう形で工夫をして取り組んでおるということで、竹に関する研究とか、発展性というのは、若い頭脳で考えていけるというふうなことも感じましたので、高校あるいは高等専門学校等と連携を密にして取り組むべき価値があるのではないかと思っております。 ○副議長飯田忠志議員) 新居教育長。   

阿南市議会 2020-12-25 12月25日-03号

初めに、保育士不足について早急に手を打つべきとの御質問でございますが、保育士不足解消につきましては、来年度から会計年度任用職員制度が導入され、常勤の職員が使用する給料表を適用するなど、職務と職責に応じた給与体系にすることにより処遇改善を図り、人材確保につなげることや、以前から取り組んでいますハローワークや県の人材バンク活用に加え、保育士課程のある大学専門学校等への保育士募集新聞ケーブルテレビ

阿南市議会 2020-09-12 09月12日-04号

現在、高校大学専門学校では、eスポーツ等部活動が行われている例もございまして、本市阿南工業高等専門学校では、昨年度eスポーツ研究会が発足しております。小中学校におきましては、全国的に見ましても、取り組みを行っている例は見当たらず、現在のところ、本市でも、学校教育の中でeスポーツに取り組む予定はございません。

阿南市議会 2020-03-10 03月10日-03号

阿南市から県外大学専門学校に進学し卒業したときや、県外就職するも、新たな転職先を求めた際、若者が地元に不安なく帰れるような、また、帰りたくなるような魅力的な阿南市にするため、どのようなまちづくりに取り組んでいくのでしょうか。市長のビジョンをお聞かせください。 次に、保育所の育休退所についてお伺いします。 

阿南市議会 2020-03-09 03月09日-02号

3点目は、本市では、保育士確保のため、「広報あなん」やハローワークを初め県の人材バンク活用、あるいは大学専門学校等への募集活動など、あらゆる手段をもって保育士確保に努めているところですが、これまで臨時保育士として採用された保育士は、本市のどのような発信によって応募してこられたのか、把握されておりますか。 

鳴門市議会 2020-02-25 02月25日-02号

今、私の回りでも、高校卒業すると県外大学専門学校などへ進学する子供たちが増加しています。そして、大半の子供たち卒業するとそのまま都会就職をしています。その大きな理由として、学んだことを生かしたい、または都会地方収入格差、さらには徳島県では就職をしたい会社が少ない上、業種も絞られているという問題が大きな要因であると言われております。 

阿南市議会 2019-06-24 06月24日-05号

多田敏子氏は、昭和48年に高知県立高知女子大学を御卒業後、東京女子医科大学附属病院看護師として奉職され、昭和52年からは東京女子医科大学看護専門学校教員、また、同短期大学助手を勤められた後、昭和54年4月からは徳島大学助手として看護教員の養成に当たられ、看護学専門徳島大学及び同大学院にて教授を歴任されております。

徳島市議会 2019-06-17 令和 元年第 3回定例会−06月17日-08号

幼児教育保育がことし10月から、大学専門学校など、高等教育が、所得の低い世帯の学生を対象に来年4月からとなっています。幼保無償化は、3歳から5歳児は全世帯、ゼロ歳から2歳児は住民税非課税世帯対象に、認可保育所などの利用料が無料になります。認可保育所に入れない待機児童がいる世帯などにも恩恵が及ぶよう、認可外施設や幼稚園の預かり保育補助額に上限を設けて無償化されます。

阿南市議会 2019-03-06 03月06日-02号

要するに、福島議員御指摘のように、田畑が保水能力を持って増水時に安全を確保しておったものが、それがどんどんどんどん宅地化されていったと、こういうことの証左を私も身近に感じておりますし、特に阿南市でひどいのは見能林地区阿南工業高等専門学校から長浜にかけましての旧国道のカーブがございまして、量販店がございますが、必ず浸水いたします。

阿南市議会 2018-12-13 12月13日-04号

また、県教育委員会阿南工業高等専門学校連携し、学校教員の実態、状況に合わせて研修を企画、運営し、タブレットやノートパソコンに対して児童・生徒が抵抗感なくスムーズに使いこなせるようにICT教育を進めてまいりたいと思っております。 以上、御答弁といたします。 ○議長橋本幸子議員) 長田市民部長。   

阿南市議会 2018-12-11 12月11日-02号

初めに、10月に高等専門学校生がプログラミング技術を競う全国高等専門学校プログラミングコンテスト徳島市で開催され、阿南市からは阿南工業高等専門学校が参加し、解析システムを使って陣取りゲームを行う競技部門では3位となり、情報通信技術活用した地域活性化がテーマの課題部門においても第2席の優秀賞に選ばれました。大会成績も過去最高だったことも大変喜ばしいことであります。

鳴門市議会 2018-12-04 12月04日-02号

子供や孫が県外大学専門学校卒業してふるさとに帰る意向があっても、働く企業が少ないという声を耳にするのは私だけでしょうか。その上、核家族化が進む一方、子供は1人から2人の世帯が多くなりつつある中、親の世代が高齢者になる前にふるさとに帰ってきて就職してほしいと願う方も少なくありません。 さて、話は変わりますが、私は時々ハローワーク鳴門に足を運んで、求人情報の資料にも目を通しております。

小松島市議会 2018-09-02 平成30年9月定例会議(第2日目) 本文

このことから,市では市内事業所認知度向上を図るため,企業情報誌こころ~ど」を平成28年度から作成し,市内高校,県内の大学及び専門学校,ハローワーク等に配布するとともに,事業所見学会合同就職面接会を実施してきたところでございます。  今後も,これらを継続しながら市内事業所がPR活動できるようなイベント等を企画してまいりたいと考えております。  

阿南市議会 2018-06-25 06月25日-05号

篠原 静氏は、徳島県立保健婦専門学校を御卒業後、JA徳島厚生連就職され、長年にわたり阿南共栄病院看護師として勤務され、平成24年からは、JA徳島厚生連の参事を務められた方でございまして、固定資産状況等にすぐれた識見をお持ちの方であり、本市固定資産評価審査委員会委員として適任と考えておりますので、御同意を賜りたいと存じます。 

阿南市議会 2018-06-15 06月15日-04号

阿南工業高等専門学校、阿南工業高校卒業して、阿南の地を離れていきます。東京への一極集中現象であります。阿南人口減に直結している問題であります。地方創生の大きなヒント、起爆剤として、このたび阿南光高校が開校しました。この新しい高校開校に目をつけ、関連づけ、本議会の質問を組み立てて質問いたします。 阿南市の総合戦略について初めに御質問いたします。