221件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳴門市議会 2021-06-15 06月15日-03号

大雨のときなど、流されて側溝の中に堆積され、側溝の中の雨水が流れること、それをせき止めております。これからの大雨台風シーズンに向けて、清掃管理が早急に必要であります。 また、妙見山への参道、避難路については、岡崎の西宮神社の横、立岩の八幡神社の裏の道、ここは少し狭いですが、御答弁にありましたように、手すりがついております。

石井町議会 2020-03-12 03月12日-03号

その都度、職員が現地確認を行い、堆積物がどの程度たまり、どういった状況なのかでしゅんせつ実施判断をさせていただいております。以上です。 ○議長後藤忠雄君) 大西隆夫君。 ◆5番(大西隆夫君) 予算が大幅に増えた分、今以上に維持管理ができるわけですが、これから長期的に石井町の側溝管理をするには効率的な取り組みが必要ではないかと考えます。

徳島市議会 2020-03-10 令和 2年第 1回定例会−03月10日-03号

本市といたしましては、これらの制度を積極的に活用し、河川等護岸改修堆積土砂除去樹木伐採などを実施することで、大雨による水害の発生予防拡大防止に努めてまいります。  続きまして、市民からの要望状況についてでございますが、市道の維持・修繕は、道路損傷に起因する事故の発生を防止し、安全な通行を確保するため、主に道路パトロールによる日常点検市民からの連絡・要望に対応する方法で実施しております。

阿南市議会 2020-03-10 03月10日-03号

羽ノ浦町中庄上ナカレにおいて擁壁が設置され、周辺住民、特に用排水路上流地域の方々の浸水被害の不安が高まったことを受けて、令和元年6月16日には、那賀川北岸土地改良区の許可を得て、阿南信用金庫羽ノ浦支店の地下から羽ノ浦調整樋門までの約200メートルの暗渠水路の中に入って調査いたしましたところ、大きな堆積物はなかったものの、水路を横断する水道管が1カ所、用水路が2カ所確認されましたので、関係機関協議

石井町議会 2019-12-17 12月17日-03号

吉野川の高瀬の潜水橋の南岸には、上板町側になるんですけれども、橋より高い土砂堆積や、河川が樹林化している状態でございます。この状態を放置していては、ちょっと危険が増すと思います。それについての解決をするように、石井町のほうから国に対策を講じてもらえないかどうかお伺いいたします。 ○議長後藤忠雄君) 東内建設課長。 ◎建設課長東内徹君) お答えをいたします。 

石井町議会 2019-12-13 12月13日-02号

次に、植樹帯のご質問ですけれども、9月議会において井上議員のご質問の中で、桜の植樹は見通しが悪く、落ち葉が水路堆積し、害虫も発生するとのご指摘がございましたので、まだ樹種は決定しておりませんけれども、低木で管理のしやすい植栽にしたいと考えているところでございます。また、時期については令和2年度に計画をいたしたいと考えております。以上です。 ○議長後藤忠雄君) 小林町長

徳島市議会 2019-12-10 令和 元年第 5回定例会-12月10日-20号

日ごろからの点検、泥や堆積物のしゅんせつごみや草などの撤去も重要になってきます。また、排水路・下水道などの管理点検も重要です。  そこで、お伺いいたします。徳島管理河川の数と排水施設管理点検及び対策についてお答えください。  次に、認知症対策について、お伺いいたします。  本年6月にこれまであった認知症施策推進総合戦略、新オレンジプランの後継に当たる認知症施策推進大綱が決定をされました。

小松島市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会議(第3日目) 本文

勝浦川の河川整備につきましては,古くから河川改修が行われてきたことから,河川管理者である徳島県におきまして,堤防の護岸樋門等河川管理施設の経年的な劣化のほか,洪水等による損傷機能低下,また,土砂堆積樹木群による流下能力低下に関しましては,河川巡視点検等により,河川管理施設河道樹木,流水の状況を確認するとともに,河川及び河川管理施設機能維持・保全が図られているところであります。  

石井町議会 2019-09-13 09月13日-03号

前年度は350万円、今年度は200万円と、減額といいますか、それはどういうわけかといいますと、やはり長年にわたり取り組んでいるので、この堆積物等が少ないということらしいです。あと、費用はやはり全額町で持つ。住民は、シート、ホースを使った場合に引き上げる押さえるためのシートを4、5人で持っていただく、その程度の協力らしいです。 藍住町は昭和50年ぐらいに直営の部署があったようです。