74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三好市議会 2019-03-13 平成31年文教厚生委員会( 3月13日)

ただ、御質問にあった件数については、ちょっと特に今、把握してなくってお答えできませんけど、そういったふうで児童虐待に結びつけていっていると考えております。 ○(阿部憲明委員長) いいですか。  ほかに。  牧田委員。 ○(牧田充生委員) もう1点。5番の母子保健指導事業、②の出前育児相談、これも予算組まれていますが、昨年実績とかわかればお願いしたいと思います。

徳島市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会−03月08日-04号

児童虐待防止法の中においても、学校は児童虐待の早期発見に努めなければならない、児童虐待防止のための教育または啓発に努めなければならないとあります。  そこでお伺いいたします。徳島市における児童虐待の現状、早期発見、防止に向け学校が取り組んでいること、また、課題についてお答えください。お答えをいただきまして、再問してまいります。            

小松島市議会 2019-03-02 平成31年3月定例会議(第2日目) 本文

次に,児童虐待についてお伺いいたします。  厚生労働省は,児童虐待防止法を改正し,夫婦間などの家庭内暴力,いわゆるDVというものなのですが,対策を強化する検討に入ったと。母親が父親から暴力を受けている家庭は,子どもも虐待を受けているケースが多い実態を踏まえ,児童相談所,またDVの相談機関の連携を盛り込んで,同時対応する必要性を明記化すると。

小松島市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会議〔資料〕

                │小松島市の特色ある取り組みについて  ┃ ┠───────┼────────────────┴───────────────────┨ ┃答弁を求める者│市長・副市長・教育長・関係部長・消防長・関係課長            ┃ ┠───────┼────────────────┬───────────────────┨ ┃米崎 賢治  │1.人権教育について       │いじめ・児童虐待

三好市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3号12月 6日)

(拍手)                (11番 青木直人議員 登壇) ○11番(青木直人議員) 議長の許可をいただき、児童虐待防止対策の強化、避難路・緊急輸送道路の安全確保、学校の整備の3点について、それぞれ質問をさせていただきます。  初めに、児童虐待防止対策の強化について質問をいたします。今年3月、東京都目黒区で両親から虐待を受け、女児が死亡するという痛ましい事件が発生をいたしました。

三好市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号 9月10日)

近年、社会問題として取り上げられている児童虐待の関連も示唆されております。産後鬱傾向のスクリーニング検査は重要であると考えます。出産後120日までに実施した家庭訪問において、産後早期ほど鬱傾向を有する母親の割合が高いことも報告されています。

徳島市議会 2018-06-12 平成30年第 2回定例会−06月12日-08号

さらには、厚生労働省の発表によると、児童虐待相談件数は毎年増加しており、平成28年度には12万2,578件を数え、一層深刻さを増しております。このような状況を一刻も早く解決しなければなりません。若い父親、母親の出産や育児などが、関係の希薄化した社会に置かれ、孤立してしまう状況がふえており、行政からのより積極的な家庭教育への応援体制が必要なときと考えます。  

三好市議会 2018-06-08 平成30年第2回定例会(第3号 6月 8日)

人口減少社会においては、家族のありようが変化し、高齢者の単身世帯の増加、子育ての相談相手がなく、しつけがわからない親による育児放棄や児童虐待など、各家庭の孤立を背景とする問題が顕在化してきており、子育てや介護など、これまで家族が担っていた役割を地域社会が補うことが求められているようになってきています。

鳴門市議会 2018-02-01 平成30年  2月定例会(第1回)

また、委員からは、人権啓発・男女共同参画等推進事業のうち、児童虐待防止推進事業費について質疑があり、理事者からは、人権推進課が所管する経費は、家庭児童相談員2名と子供支援員1名の人件費であり、鳴門市女性子ども支援センター「ぱぁとなー」に配置しているとの説明を受けました。

三好市議会 2017-12-13 平成29年第4回定例会(第3号12月13日)

10番目に、乳児家庭全戸訪問事業は、児童虐待の未然防止の一環として、新生児がいる全世帯を対象とし、生後4カ月までにこんにちは赤ちゃん訪問として自宅を訪問し、子育ての悩みの軽減を図っております。以上です。 ○議長(塚本克彦議員) 青木議員。 ○11番(青木直人議員) 児童育成計画審議会で計画の進捗状況を検証とのことであります。

鳴門市議会 2017-06-01 平成29年  6月定例会(第2回)

退職後は、子供のいじめ問題や児童虐待、DV問題等、子供や女性など社会的弱者と言われる人々の人権問題に深い関心を寄せられております。平成26年10月に人権擁護委員として法務大臣より委嘱され、現在1期目として御活動いただいております。 このように、お二人とも人格申し分なく、人権擁護委員として適任者であると考えておりますので、議員皆様方の満場一致の御賛同を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。

徳島市議会 2016-06-10 平成28年第 3回定例会-06月10日-10号

最後に、祖父母手帳についてでございますが、子育て家庭が地域の中で孤立し、子育ての負担感が増大することは児童虐待の一因ともなることから、子育て家庭が地域の中で孤立することがないよう、子育てに関する相談、援助や保護者及び子供同士の交流の場の提供、子育て関連情報の提供などを行う地域子育て支援拠点を8カ所整備し、地域ぐるみの子育て支援の充実を図っているところでございます。

徳島市議会 2015-12-11 平成27年第 5回定例会-12月11日-20号

また、関係行政機関との連携による障害児保育や児童虐待防止など、支援が必要な子供や家庭に対するきめ細やかな支援のほか、保護者の育児不安の解消や地域の子育て支援を行ってきたところでございます。今後におきましても、こうした機能を十分に確保していく必要があると考えております。  次に、本市の保育所待機児童の数でございますが、本年10月1日現在で86人となっております。

徳島市議会 2015-12-10 平成27年第 5回定例会-12月10日-19号

徳島市の市立施設につきましては、これまでも障害児保育や児童虐待など特別な支援を必要とします子供の教育・保育には責任を持ってまいりました。また、豊富な経験を有する人材による教育・保育の提供によりまして、全市的な教育・保育水準の確保に努めるほか、採算性の低い地域も含めまして、利用者の交通の利便性なども考慮しながら、市立施設の再編を進めてきたところでございます。  

三好市議会 2015-09-30 平成27年第3回定例会(第5号 9月30日)

また、DV、ストーカー被害者、児童虐待の被害者を保護することができるのか、不明です。  以上の点で、議案に反対いたします。 ○議長(近藤鋓男議員) 次に、賛成討論の発言を許します。  次に、反対討論の発言を許します。  議案第62号に対する反対討論の発言を許します。  次に、賛成討論の発言を許します。  議案第63号に対する反対討論の発言を許します。  次に、賛成討論の発言を許します。  

小松島市議会 2015-09-25 平成27年予算決算常任委員会 本文 2015-09-25

児童虐待やいじめ問題,性の商品化など,社会的問題として現在,あらわれておりますことを取り巻く環境が厳しくなっております。  また,高齢者の方々は,ひとり暮らしや高齢者夫婦だけの世帯が非常に多くなり,生活面,健康面,介護面,地域で交流や生きがいなどが多く,不安を抱いております。

三好市議会 2015-06-16 平成27年第2回定例会(第3号 6月16日)

それでは次に、児童虐待の問題に移ります。  近年、児童虐待の相談件数は増加をしております。県内でも、昨年度は過去最多、5年間の3.7倍の5,157件という報道がありました。明るみに出ていないものも含めると、より多くの子どもたちが虐待の被害者となり、心に傷を負い、将来にわたってトラウマに悩まされています。この状況を受けて、児童虐待に関する時効の見直しの検討も先月始まりました。