7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

阿南市議会 2020-09-10 09月10日-02号

このうち長期滞在者の増加を目指す交流人口拡大施策として、交流居住地域居住という取り組みがあるそうです。 交流居住とは、都会に住む人たちが、都会田舎の両方に滞在・居住する場所を持ち、それぞれの場所仕事や余暇などのために使い分け、田舎では、地元の人たち交流を楽しむといった、交流目的とした都会田舎を行き来するライフスタイルを楽しむことであります。 

徳島市議会 2019-09-11 令和 元年第 4回定例会−09月11日-13号

また、3年程度地域で働いてくれる若者たちを5人から10人ほど受け入れて優遇策を講じるコミュニティー移住や、観光以上定住未満で人が流動する関係人口という選択肢や、地方にある実家と東京の自宅を行ったり来たりするような地域居住をふやすなど、こうした生活スタイルを支援するのも一つの方策かもしれません。  内閣官房の調査によると、地方を志向する東京圏在住若者は少なくありません。

三好市議会 2016-03-03 03月03日-02号

検討段階ではございますが、本市における生涯活躍まち構想導入意義として、広域的かつ近隣から経験豊富な知識技能を有する専門的な人材が、自己実現ミッションターン、これは仕事役割などの地方とのかかわりを持った移住という意味でありますが、ミッションターン地域居住といった多様な形態を持ちながら、本市に関係する中、既存の多様な主体との交流を通して新たな高付加価値を創造するコミュニティが形成されることにあると

三好市議会 2016-03-03 03月03日-02号

検討段階ではございますが、本市における生涯活躍まち構想導入意義として、広域的かつ近隣から経験豊富な知識技能を有する専門的な人材が、自己実現ミッションターン、これは仕事役割などの地方とのかかわりを持った移住という意味でありますが、ミッションターン地域居住といった多様な形態を持ちながら、本市に関係する中、既存の多様な主体との交流を通して新たな高付加価値を創造するコミュニティが形成されることにあると

阿南市議会 2007-09-13 09月13日-03号

大上産業部長登壇〕 ◎産業部長大上善巳) 農山漁村活性化法に基づきます活性化計画農山漁村活性化プロジェクト支援交付金についてでございますが、農山漁村活性化プロジェクト支援交付金実施要領によりますと、活性化計画が単なる交付金対象事業実施目的とするものではなく、地域自主性創意工夫を生かし、定住地域居住、地域間交流の促進により地域活性化を目指すとされており、関係農林漁業者を初めとした地域住民等

三好市議会 2007-03-19 03月19日-03号

また、先ほどもありましたが、2007年から団塊世代大量退職等になりまして、その農山交流等を通じまして、やはり定住、これからはこういうすばらしい景色景観のいい空気のいいところへ定住していただいたり、また都会田舎と、地域居住というそうでございますけどもそういう体制、また都市農村交流を通じて結局移住者とか滞在者をふやすことによって地域活性化を総合的に、また機動的に図る施策に積極的に取り組んでいかなければならないと

三好市議会 2007-03-19 03月19日-03号

また、先ほどもありましたが、2007年から団塊世代大量退職等になりまして、その農山交流等を通じまして、やはり定住、これからはこういうすばらしい景色景観のいい空気のいいところへ定住していただいたり、また都会田舎と、地域居住というそうでございますけどもそういう体制、また都市農村交流を通じて結局移住者とか滞在者をふやすことによって地域活性化を総合的に、また機動的に図る施策に積極的に取り組んでいかなければならないと

  • 1