運営者 Bitlet 姉妹サービス
163件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-19 三好市議会 平成30年文教厚生委員会( 9月19日) ○(野々山健康推進課長) 午前中、塚本委員から御質問のありました、155ページの予防接種事業です。子宮頸がん予防ワクチンの接種についての啓発についての御質問いただきましたが、これにつきましては、平成25年6月に厚労省のほうからワクチンとの因果関係を否定できない副作用が認められたため、国民に適切な情報が提供できるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないという旨の通達がございました。 もっと読む
2018-03-19 小松島市議会 平成30年予算決算常任委員会 本文 2018-03-19 ◯ 坂尾保健センター所長  ほかの予防接種につきましては,広域化で県の医師会と,小松島市の場合は小松島市医師会と両方に委託契約を結ばせていただいて,県の方の医師会との契約の中では,全ての予防接種ができる医療機関が手を挙げるというふうな形になっております。 もっと読む
2018-03-16 小松島市議会 平成30年予算決算常任委員会 本文 2018-03-16 ◎ 広田委員  168ページ,169ページに係る犬の狂犬病の予防接種のことなのですが,毎年4月の広報にずっと出とると思うのです。何日間かけていついつ何時から何時までどこでやりますと。ことしの4月を含めて,今年度はもう終了してますという解釈でいいのか,3月いっぱいまでどこぞ犬猫病院でまた狂犬病を,個人的に犬を飼ったら持っていく方もおりますけど,4月のときって何頭予防接種を実績しとるのですか。 もっと読む
2018-03-08 三好市議会 平成30年第1回定例会(第3号 3月 8日) 同時に複数人が感染して休暇を取得し事務が停滞することとならないよう、今後も予防接種助成など感染対策や啓発を行ってまいります。以上です。 ○議長(塚本克彦議員) 水谷議員。 ○7番(水谷正邦議員) 予防接種助成なども行っているよということだったんですけれども、今年は予防接種を打ちに行っても、打てなかった、ワクチンがなかったということも多数お聞きをしております。 もっと読む
2018-02-01 鳴門市議会 平成30年  2月定例会(第1回) また、委員からは、子宮頸がん予防接種費の減額補正について質疑があり、理事者からは、子宮頸がん予防接種について、平成25年度6月に国からの勧告を受け、積極的な接種勧奨を控えている状況であり、平成29年度については接種者がいなかったため減額補正を行ったとの説明を受けました。委員からは、国の動向を注視し、抜かりない対応をしていただきたいとの要望がありました。  もっと読む
2017-09-08 三好市議会 平成29年第3回定例会(第4号 9月 8日) 具体的にはひとり親家庭相談・自立支援事業、児童発達支援事業、予防接種事業、未熟児養育医療給付事業、就労支援雇用安定事業、都市計画道路整備事業、防災訓練開催運営事業、みよし市教育支援センター事業、学校給食運営事業の9事業でございます。   もっと読む
2017-03-14 三好市議会 平成29年文教厚生委員会( 3月14日) ○(渡邊郁夫副委員長) 3番の子育て支援スマホアプリ導入業務委託ですけども、内容ではイベントとか子育て施設、あと講座、あとアンケート等をやっていくというような話だったと思いますけども、この中で予防接種とかの予約も行えるような状況になっていくかどうかもよろしくお願いします。 ○(山内勝利委員長) 冨田課長。 もっと読む
2017-03-07 三好市議会 平成29年第1回定例会(第2号 3月 7日) 次は、インフルエンザ対策の2番の自己負担金1,000円で予防接種対象者約8,300人の実施できない理由でお尋ねしますが、自己資金1,000円で予防接種対象者は8,300人で実施できないかって聞きますね。インフルエンザ予防接種65歳以上の高齢者の自己負担金1,000円で実施してると。予防接種料金は市内、市外、病院によって異なりますが、費用は約4,500円前後ではないか。 もっと読む
2017-03-02 三好市議会 平成29年第1回定例会(第1号 3月 2日) 款4衛生費の主な内容としましては、市民病院の運営等に対する市民病院への負担金6億7,850万5,000円、生活習慣病の早期発見、早期治療を図るため新たに脳ドック事業などを行う健康診査事業1億382万1,000円、市独自のB型肝炎ワクチンなどの接種助成を行う予防接種事業2億3,122万9,000円、省エネ、地球温暖化対策の一環となるエコエネルギー促進事業5,325万円、尾三衛生組合運営費負担金2億9,996 もっと読む
2016-12-07 三好市議会 平成28年第4回定例会(第3号12月 7日) 大項目2、予防接種の補助制度。  中項目1、健康寿命を延ばす予防医療について。  小項目1、本市で実施している成人の予防接種の種類は、いかがでしょうか。 ○議長(近藤鋓男議員) 近藤子育て健康部長。 ○子育て健康部長(近藤正敏) 本市では、成人を対象に実施している予防接種は、予防接種法に基づく定期予防接種としまして、インフルエンザと高齢者肺炎球菌感染症の2種類です。   もっと読む
2016-12-05 徳島市議会 平成28年第 5回定例会−12月05日-19号 また、高齢者のインフルエンザ予防接種ワクチン単価の上昇に伴い、高齢者等定期予防接種費1,447万円、給付件数の増加に伴い、乳幼児等医療扶助費2,820万円をそれぞれ増額しております。   もっと読む
2016-09-21 三好市議会 平成28年第3回定例会(第5号 9月21日) 次に、予防接種事業で、肺炎球菌ワクチンを接種してない者の把握はしているのかとの質疑に対し、高齢者肺炎球菌は平成26年10月1日から定期予防接種となり、平成27年度の接種者は879人です。高齢者肺炎球菌ワクチンの任意の予防接種の場合は、市で助成を受けた方のみ把握しております。 もっと読む
2016-09-14 三好市議会 平成28年経済建設委員会( 9月14日) ○(高木和彦委員) 169ページのところで、予防接種率というの69%になるのかな、これで下の成果が確かに69%はできたという話ですけども、狂犬病自体、日本は今ないという話がありますけども非常に怖いことでありますし、もう少しこれを上げていくということについてどのように考えていますか。 ○(加藤芳文委員長) 深津課長。 もっと読む
2016-09-13 三好市議会 平成28年文教厚生委員会( 9月13日) ○(江坂健康推進課主幹) 定期予防接種のB型肝炎ワクチンの対象は1,200件を予定しております。 ○(山内勝利委員長) 牧田委員。 ○(牧田充生委員) だと思いまして、なぜかというと、879人だから、あとの方は受けてないということなんですね。 もっと読む
2016-09-09 三好市議会 平成28年第3回定例会(第4号 9月 9日) 款4衛生費、項1保健衛生費、目2予防費のうち、1、予防接種事業の①定期予防接種のア、B型肝炎ワクチンについてお伺いいたします。  予防接種施行令の一部を改正する政令及び施行規則、また、実施規則の一部を改正する省令がこの10月1日から施行されます。これに伴い、厚生労働省健康局長命にて、本年6月22日付で各都道府県知事宛てに改正概要が通知されました。 もっと読む
2016-06-10 三好市議会 平成28年第2回定例会(第3号 6月10日) また、予防接種法に基づく予防接種として、高齢者肺炎球菌ワクチンと高齢者インフルエンザを実施しております。  今後におきましても、特定健診の検査データ、運動等の生活習慣や体力などをチェックすることにより、その人の健康度を分析、評価し、健康づくり計画や運動プログラムを提供する健康度評価の各種メニュー基準の作成と体制を今年度中に構築し、健康寿命の延伸のための健康づくりに取り組んでまいります。以上です。 もっと読む
2016-06-09 徳島市議会 平成28年第 3回定例会−06月09日-09号 まず最初に、B型肝炎ワクチンの公費助成についてでございますが、B型肝炎ワクチンの対象年齢を拡大した公費助成につきましては、今回定期接種化されるB型肝炎ワクチン予防接種は、平成28年4月1日以降に出生した乳児を対象として、生後2カ月から1歳までの間に27日以上の間で2回接種し、さらに、初回接種から140日以上経過した後に1回と、合計3回のワクチンを接種することとされております。   もっと読む
2016-06-09 三好市議会 平成28年第2回定例会(第2号 6月 9日) しかし、病院の場合、消費税は病院収入のうち健診、予防接種、個室料、文書料などは課税対象でありますが、大部分を占める診療収入は非課税となっています。一方、医薬品や医療材料、給食材料など仕入れや委託料などについては全て消費税を支払っていますが、消費税申告計算上において控除されません。これは、課税売り上げ割合が95%に満たないため、一括比例配分方式により控除対象仕入れ税額を算出するためであります。 もっと読む
2016-06-06 徳島市議会 平成28年第 3回定例会−06月06日-07号 このほか、市民の健康への意識を高め、健康を増進していくため、健康診断や予防接種、医療費助成など、健康増進に資する制度の普及・啓発や充実の検討を行い、市民の皆様が利用しやすい環境を整備していきます。  次に、近い将来発生が予測されている南海トラフ巨大地震など、災害から市民を守るため、防災・減災対策に重点的に取り組んでまいります。 もっと読む
2016-06-01 石井町議会 平成28年 6月定例会 番号の利用を拡大し、銀行や預貯金など貯金口座に番号を振ることを可能にする法改正や特定健診結果や予防接種の履歴も情報連携可能とする法改正が行われるなど、制度スタート前から利用拡大への不安が募っています。情報漏えいや国による住民監視の強化などへの懸念が拭えません。 マイナンバー制度の本当の狙いは、国民の収入、財産の実態を政府がつかみ、税金や保険料の徴収強化と社会保障の給付削減を押しつけることです。 もっと読む