35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

小松島市議会 2018-03-03 平成30年3月定例会議(第3日目) 本文

教員の勤務時間のこういった状況を鑑み,昨年末に中央教育審議から学校における働き方改革に関する総合的な方策についての中間のまとめが示され,学校以外の地方公共団体,教育委員会,保護者等が行うべき業務,それから,学校の業務だが,必ずしも教師が担う必要のない業務,さらには教師の業務だが,負担軽減が可能な業務が示されました。  

徳島市議会 2017-09-14 平成29年第 3回定例会−09月14日-14号

また、文部科学省からは、去る8月31日付け通知により、国の中央教育審議が8月29日に発信した、学校における働き方改革に係る緊急提言の内容として、長時間勤務の改善に向けて、今できることは直ちに行うという認識を全ての教育関係者が共有するとともに、必ず解決するという強い意識を持ってそれぞれの立場から取り組みを実行するよう、各学校現場へ周知するとともに、各教育委員会及び各学校現場において適切な対応を促すよう

小松島市議会 2017-09-02 平成29年9月定例会議(第2日目) 本文

[2番 四宮祐司議員 登壇] ◎ 2番(四宮祐司議員)6月議会で吉見議員から教員の長時間労働問題について質問されていましたが,このたび教員の働き方改革を議論している中教審,中央教育審議が緊急提言をまとめ,国や教育委員会に具体的に実施を求めました。  

三好市議会 2016-06-09 平成28年第2回定例会(第2号 6月 9日)

中央教育審議は平成28年3月14日に全小学校で一律の取り扱いは困難という理由で、各校が時間割り上の英語の扱いを自由に設定できることを提言したり、10分から15分の短時間学習での対応を例示したりしております。また、英語を指導する教員の指導力並びに人員の確保、指導を助けるデジタル教材を利用するためのICT機器の整備なども課題の一つであります。

三好市議会 2013-12-12 平成25年第4回定例会(第3号12月12日)

そして現在中央教育審議で議論されていますように、教育行政の最終権限を持つ執行機関も教育委員会から首長に移す案が検討されております。教育に関する市長の権限は、大きくなることはあっても小さくなることはありません。市長におかれましては、引き続き教育に対して力を入れて取り組んでいただきたい、そんな思いでまず初めに教育について質問をいたしたいと思います。  

小松島市議会 2013-06-02 平成25年6月定例会(第2日目) 本文

平成17年12月に中央教育審議がまとめた答申では,特別支援教育について,「障がいのある児童・生徒一人ひとりの教育的ニーズを把握し,その持てる力を高め,生活や学習上の困難を改善または克服するため,適切な指導及び必要な支援を行うもの」としています。

小松島市議会 2012-06-03 平成24年6月定例会(第3日目) 本文

その後,国においては,この3月21日に中央教育審議より学校安全の推進に関する計画の策定についての答申が提出されたことを受け,学校保健安全法に基づきまして,平成24年4月,学校安全の推進に関する計画が策定され,4月27日には閣議決定がなされたところであります。  

徳島市議会 2007-09-10 平成19年第 4回定例会-09月10日-13号

平成16年には、中央教育審議から今後の生涯学習を推進する三つの基本方針が示されましたが、その一つは、個人の需要と社会の要請のバランスを保った学習であること、二つ目は、人間的価値の追求と職業的知識・技能の習得の調和を図った学習であること、そして三つ目は、これまでに得た知識、技術、知恵を継承しつつ、それを生かした新たな創造を目指す学習であることとなっております。

三好市議会 2006-06-16 平成18年第2回定例会(第3号 6月16日)

○教育部長(加藤碩治) 中央教育審議の外国語の専門部会におきましては、小学校5年生から英語を必須にすべきだとする報告をまとめております。以上です。 ○議長(加藤公平議員) 木戸議員。 ○9番(木戸鋼蔵議員) ありがとうございました。  (3)の③三好町の英語教育の取り組みの概要について。小学校93%が英語活動、8割が総合的学習で小学校英語必須化へ高学年から週1回ほどと新聞にございます。

三好市議会 2005-12-14 平成17年第4回定例会(第3号12月14日)

就学前の教育、保育を一体としてとらえた総合施設については、文部科学省の中央教育審議幼児教育部会と厚生労働省の社会保障審議会児童部会の合同検討会議におきまして、昨年末にその基本的なあり方について審議のまとめを行い、本年4月より全国35カ所でモデル事業を実施しております。

徳島市議会 2005-09-07 平成17年第 3回定例会-09月07日-12号

現在、国において義務教育費の国庫負担制度の一部見直し、国立学校施設整備費の負担金、補助金をどうするのかの論議がされているようですし、また、ことしの春には中央教育審議で義務教育特別部会が設置され、学校や教育委員会のあり方や教師の資質向上を含め、学校と家庭そして地域社会との連携に至るまで審議されているようですが、今、学校改革、教育改革という大きなうねりの中に学校教育、とりわけ義務教育が置かれているのではないかと

徳島市議会 2005-03-08 平成17年第 1回定例会-03月08日-03号

このようなことから、中央教育審議は、一つは現在の教育基本法にうたわれている個人の尊厳、人格の完成、平和な国家及び社会の形成者などの理念は憲法に沿った普遍的なものとして今後とも大切にしながら、二つ目はこれらの教育の目標を実現するため、今日極めて重要と考えられる理念や原則を明確にするという、二つの視点に立ちまして教育基本法の改正の必要性を答申いたしております。  

徳島市議会 2004-12-16 平成16年第 4回定例会-12月16日-20号

中央教育審議による「新しい時代にふさわしい教育基本法と教育振興基本計画の在り方について」の答申は、教育基本法から逸脱したこれらの動きを教育基本法を改正することで正当化し、さらに推し進めようとする内容になっています。しかも今回の答申の最後には、教育行政が行う必要な諸条件の整備には、教育内容等も含まれるという一文があります。まさに国家による教育介入を認めるという大変な内容となっています。

徳島市議会 2004-12-07 平成16年第 4回定例会-12月07日-18号

義務教育費の国庫負担制度の存廃については中央教育審議の結論が出るまで持ち越されましたが、高齢者の介護保険制度、障害者支援費制度については全く予断を許しません。来年4月に制度見直しの時期を迎え、徳島市も見直し作業を進めていると思いますが、最近気になることは、介護認定の更新時に認定が外されたり介護度が軽くなったりすると不満の声が聞こえてきます。

徳島市議会 2004-12-06 平成16年第 4回定例会-12月06日-17号

個別具体の補助負担金がどのようにされたかについての詳細はいまだ不明でございますが、わかったところを申し上げますと、まず義務教育費につきましては2年間で8,500億円、うち17年度は半額の4,250億円を税源移譲の対象とし、地方案と同等の額が示されているものの、平成17年秋までに中央教育審議において結論を得るとの暫定措置となっております。

小松島市議会 2004-09-05 平成16年9月定例会(第5日目)〔資料〕

こうした中,平成15年3月,中央教育審議は文部科学大臣に対して「新しい時 代にふさわしい教育基本法と教育振興基本計画のあり方について」を答申し,教育基 本法の改正を提唱している。  教育の再建へ向け,今こそ青少年の健全育成を図り,国際社会でも認められる日本 国民のあり方はいかにあるべきかを真剣に考え,新たな時代の教育の方向性を明確に 指し示す必要がある。  

小松島市議会 2004-09-03 平成16年9月定例会(第3日目)〔資料〕

┃ ┠……………………………………………………………………………………………………┨ ┃ こうした中,平成15年3月,中央教育審議は文部科学省に対して「新しい時 ┃ ┠……………………………………………………………………………………………………┨ ┃代にふさわしい教育基本法と教育振興基本計画のあり方について」を答申し,教育 ┃ ┠…………………………………………………………………………………………

徳島市議会 2004-06-17 平成16年第 2回定例会-06月17日-08号

これは、国の中央教育審議答申、食に関する指導体制の整備についての提言を具体化したもので、学校における新たな職として小学校等に置くことができることとされ、その職務は児童の栄養指導及び管理をつかさどると規定されております。教育委員会の今後の対応につきましては、現在、県の具体的方針も明らかにされていないことから、今後の県の取り組みについて、十分注意深く見守ってまいりたいと思います。

徳島市議会 2003-06-09 平成15年第 3回定例会-06月09日-08号

それと次に、各所に記載をされております「性別にかかわりなく」云々という点でありますけれども、本年3月20日に出されました教育基本法の改正に向けた中央教育審議いわゆる中教審の答申におきまして、以下の、今から言いますけれども、文言が追加・修正をされることになりました。  それは、まず第1にですけれども、男女共同参画社会への寄与という箇所でこういう追加がなされております。

  • 1
  • 2